LIV MOON / GOLDEN MOON

livmoon03.jpg

前作から中心人物であるアカネ・リヴ(Vo)と西脇辰弥(Key)以外のメンバーを一新してリリースされたセカンド・アルバム(カヴァー・アルバムは除く)。

前回のライヴの際に参加していた大村孝佳(G)、前田秋気(Dr)に加え、ベースに元アニメタルのMASAKIを迎えた、あからさまに前作より「メタル度」を増した編成に。

アカネ・リヴ嬢の大胆なヌード・ジャケットがインパクト大の限定盤は、DVD付のため価格設定の安いAmazonで予約していたが、震災の影響なのかなんなのか、発売日を3日も過ぎてから「入荷に時間がかかっており、お届け予定日がまだ確定しておりません」というファックオフなメールが送られてきたため、やむなくキャンセルの上HMVで購入。

このプロジェクトに関しては、なまじ「The Phantom Of The Opera」のカヴァーでデビューしただけに「日本版NIGHTWISH」を期待してしまったため、個人的にはデビューアルバムでは「外された」感があり、今ひとつのめり込めなかった。

メンバーが替わったとはいえ、先行してPVが公開されたオープニングの「死の舞踏~ディエス・イレ」は、ブラスト・ビートや速弾きギター・ソロを導入してメタリックな装いになっているものの、曲調自体は前作の延長線上にあるもので「まあこんなもんか」という感じだった。

なので、まあ音楽的中心人物(西脇氏)はそのままだし、あまり期待せずに聴いてみようと思って再生ボタンを押した。

ところがどっこい、良くなってる! 外部ソングライター導入が効いていて、前作に比べてよりメタル・ファン好みのドラマティックなメリハリとキャッチーなコーラスのある楽曲が大幅に増えている。

中でも「えっ、これがアカネ嬢の声?」と驚かされる、低音をメインに歌われる#4なんて相当にカッコいいし、#11はNIGHTWISHの「Nemo」や「Amaranth」といったシングル曲に通じる雰囲気があり「こういうのを待ってたんだよ!」という感じ(なおこの曲にはMASAKIと同じく後期アニメタルにおけるメンバーでもあったGALNERYUSのSyuが、先日のソロ・アルバムにアカネ・リヴ嬢が参加した縁もあってかゲスト参加している)。

V系っぽいヴァースと、陰陽座を思わせるサビが印象的な#8もいいですね。元MR.ORANGEのSHONE作のバラード#13も、特にLIV MOONである必然性のないややベタなパワー・バラードですが、それだけに誰でも感動できる曲になっている。

ただ、モロにQUEENな#10などはまあいいとして、MARILYN MANSONの「Beautiful People」を思わせる#5やエレクトロなアレンジを使用した#6などはアルバムにバリエーションを出すためのアクセントと捉えるにしてもちょっと個人的にはこのプロジェクトに望む路線じゃないな(悪い曲ではないけど)。

大村孝佳のギター・ソロはテクニカルながらやはりこれまでの彼のプレイの印象と大きく変わらない淡白なものだが、前任者の無機質なプレイに比べればナンボかマシだし、とりあえず速いのでメタル・ファンにとって聴き所のひとつになりえるだろう。

そもそもNIGHTWISHにしたってWITHIN TEMPTATIONにしたって別にギターは大したことないから、HR/HM然とした音さえ出してくれればそれでいいのだ。MASAKIのベースも「全開」ではないものの、随所で印象的なフレーズやテクニカルなソロを聴かせてくれる。

もちろんアカネ・リヴ嬢の声域・歌唱力は近年多い女性Voメタルの中でも群を抜くレベル。
ただ、あまり技巧的に歌っていない曲の方がメタラー的にはなじみやすいような気も…。

とまあ、なかなかいいねえ、と聴き進んで来たわけですが、極めつけはアルバムラストの14曲目、#14「アマラントスの翼」。これはキた! 往年のRHAPSODYやKAMELOTを思わせる劇的かつ勇壮なイントロで始まるこの曲は私のツボにどストライク!

いや、マジこの1曲にアルバム1枚分の金を払っても全然惜しくないですよ。もしこの曲が昨年発表されていたら、昨年の年間ベスト・チューンはこの曲でした。高揚感溢れるサビが熱いんですが、特に4:05あたりからの「愛を信じてここまで来たんだろう? 諦めないで、さあ」という箇所には鳥肌が立ちましたね。

歌詞含めちょっとアニソンっぽい所もある曲なんですが、この曲を作曲した坂部剛という人はアニメ「ゼロの使い魔」の主題歌「I SAY YES」で作曲家デビューし、今クール放送中のアニメ「GOSICK」のOP、EDなども手掛けている、割と「そっち寄り」の世界で活躍している人のようだ。

この人の曲はこの「アマラントスの翼」1曲だけだが、次の作品ではもっとこの人の曲を聴きたいな。

まだちょっと焦点が定まりきっていないような観もありますが、前作より明らかに良くなってるし、個人的にイチオシの名曲も含んでいるので、興味のある方はもちろん、私のように前作に物足りなさを感じた人にもぜひ聴いてもらいたいですね。

なお、このプッシュは、断じて先日握手してもらったからではありません(笑)。

◆LIV MOON公式ページ
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A022867.html

◆岡本茜オフィシャルブログ
http://blog.livedoor.jp/akaneokamoto/


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

まだ届かないです・・・

ユニオンで特典目当てに予約しましたが、震災の影響か、全く音沙汰がないです・・・。私も前作聴いて想像していた音と違ってガッカリしてしまい、即ブック◯フ行きとなりました(笑)adoreさんの記事読む限り、何曲か良い曲がありそうなので楽しみに待ちたいと思います。

最近ではVERSAILLESのシングルとPROTEST THE HEROの新作が良かったです。

だいたい私も同じ感想でした。
今作は、前作より遥かに良いですよね。
ラストナンバーは、私にも凄く良かったです。
てゆーか、坂部剛さんって、私の好きなアニソンを作ってた人だったんですね。『GOSICK』のOPとED、そして『ゼロの使い魔』の2ndシーズンOPは、どれも私のツボでした。アニソンは、あんまし作曲者まで意識してなかったから気付かなかったです。

GOSICKのOP作ってる人って聞くと凄くガールズロック(というか最近主流のアニソン)に長けた人ってイメージですが、同じ人がEDも作ってたなんて^^;
ここにきて初めて知りましたw

そう考えると凄くゴシックロックな曲に長けた人って印象になるんで、ある意味ハマり役なのかもと思いますね~

まとめてお返事

>学生メタラーさん
私はVERSAILLESのシングルがまだ届きません(苦笑)。
PROTEST THE HEROはこのLIV MOONとEDENS' CURSEが良すぎてまだ未開封です…。


>ここみんさん
私はここみんさんのブログで最近それらの曲をオススメしているのを見たので、今回坂部剛さんのプロフィールを見て、この人はここみんさん向けの曲を書く人なんだな、と思いました(笑)。


>yu-kiさん
皆さん結構アニメ観てるんですね~。
私は仕事柄話題作の「チェック」は一応しますが、継続的に観ることはほとんどなくなってしまいました…。

『GOSICK』に関しては、たしかにOP曲とED曲の雰囲気はだいぶ違いますね。

毎日聴いてます!

お久しぶりです。
私もAmazon予約でイタイ目にあい、HMV予約ですぐ入手しました(笑)。
今作毎日通勤で聴いてます。8、14曲目で体中に電流が走りました。
ベタなバラード13も大好きです。今作かなり気に入っています。
今回宣伝費も相当かけたようなので、なんとか売れてほしいですね。
PVは8、14曲目でつくってほしかったです。
アニメ界でご活躍の作曲家ですか。知りませんでした。
自分はガンダム・マクロスなどロボットものばかりみているので、
もうちょっと間口を広げてみます(笑)。

>マジンガーZZさん

やはりAmazonはKONOZAMAでしたか(苦笑)。
14曲目、いいですよね。たしかに8曲目もインパクトあります。

宣伝費をかけたと言っても一般層に届くほどのものではないと思いますが、いずれにせよこのプロジェクトを続けていけるくらいには売れてもらいたいですねー。

でも別に観るアニメの幅を無理に広げる必要はないんじゃないですか(笑)。

「アマラントスの翼」、試聴してみたのですが、確かに良いですね(聴けたのは頭の方だけですが)。
最近のSOUND HORIZONのメタル・チューンにも通じるものがあると思います。
DVDとかはどうでもいいので、通常盤を中古で買ってみるか・・・。

Amazonに関しては・・・みなさん、似たような状態だったんですね。
まあ、わたしの場合は商品が「イカ娘」のブルーレイだったので、メタル度は低いのですが(苦笑)。

>Harvestさん

SOUND HORIZONはあまりちゃんと聴いたことがないので何とも言えませんが、「アマラントスの翼」はオススメです。
皆限定盤を買っていると思うので、中古でも通常盤の方が入手困難かもしれません(?)。

Amazonは今回結構影響出ていたみたいですね。
VERSAILLESのシングルも発売から2週間近く経った本日ようやく届きました…。

「イカ娘」…皆さん結構アニメ観てるんですねえ。

届きましたよ

♯4、♯8、♯11、♯14が気に入りました。特に♯4と♯14は今年のベスト10入りしそうです。
オペラティックに歌いあげる楽曲より、陰陽座の黒猫さんのようなアニソン的歌唱の曲のがとっつきやすいですね。

EDEN'S CURSEはDOKKENのカヴァーが気になるので買ってみたいと思います。

買ってきました

#8、#14いいですね~
blog内のジャケは限定版のやつだったんですね、
このジャケを目に焼き付けて直接店にいったので、
通常版しかなかったお店だったらしく店員さんに聞いてしまいました(笑
年間ベストチューンになりえたとかアルバム一枚分の価値がある曲、
とか言われたらつい買ってしまいましたよ~
ナイスレビュー&プッシュです(笑

コメント見る限り、メタルファンとアニメファンってのは、結構かぶるものなんですかね?まあ、私もその1人ですが。。。
そういう意味では、ANIMETALやDRAGON GUARDIANみたいなのが大いに受け入れられるってのは、ある意味凄く納得ですよね。
同人系は相変わらず東方系が多いものの、メタルも増えてきてますし。『電子音響音楽応用解析研究所(exメロスピ愛してますが何か?)』や『Rosenkreuz』あたりが、コミケやM3などでそれなりの人気を果たしているのも納得な気がします。

まとめてお返事2

>学生メタラーさん
気に入った曲がほぼ私と同じですね(笑)。
本作ではちょっと陰陽座っぽいな、と思う瞬間が所々ありますね。

EDENS' CURSEはDOKKENやDIOのカヴァーもまずまずですが、オリジナル曲が相当高い水準でまとまっているのでオススメです。


>どさんこさん
気に入っていただけたようでよかったです。
どさんこさんのようにこの文章を読んで実際に買ってくださる方がいると思うと、うかつなものはプッシュできないな、とあらためて身が引き締まります(笑)。


>ここみんさん
メタルファン、特にメロディック系のファンとアニメファンが被っている、というのはしばしば言われることですね。
メロスピ=アニソンという人もいますし。

メタルもアニメも現実離れしたカッコよさや美しさを描き出すものだけに相性がいいのかもしれませんね。

今日の読売新聞の夕刊にインタビューが載っていますね(エイプリルフールではありません念のため)。
新聞でこんな美しい女性がメタルメタルと言っているのは売れしいですがなにか不思議です(笑)

>zkさん

AKANE BLOGに告知が出ていたのでエイプリルフールだなんて思いませんよ(笑)。

メタルメタルと言っていたんですか。
週明け会社にある新聞をチェックしてみます(笑)。

お初コメ

毎度楽しく拝読させて頂いておりますが、思わず初めてコメ致します。“思わず”というのも、ほぼアタクシと同じ感想という共感に嬉しさをおぼえたからです。前作を一回聴いただけで即行ラックにブチ込んだ(S井 康氏調)身としては、完全なジャケ買い及び某店DUのオマケ目当てだった為、中身が“良”だったのは嬉しい誤算でした。貴方やアタクシ同様、前作で落胆したメタラーの方々には、とりあえず4曲目まで聴いて欲しいですよね。そこまでいければ、なんとかラストの感動までたどり着ける…と思います。いや本当に良くなりました。次回ライヴがあれば観に行こうかな、という気にさせる出来栄え。おっと、長くなりました、この辺で退散致します。

>DEEPさん

はじめまして。
そうですね、本作は4曲目まで聴けば「メタルの秀作」であるとわかるアルバムになってますね。

私もライヴに行こうかと検討中です(笑)。