聖飢魔II / 悪魔NATIVITY "SONGS OF THE SWORD"

seikima2_09_normal.jpg

デビュー25周年を記念して制作された、かつての名曲を英語でセルフ・カヴァーした企画アルバム。

英語詞なのは、今回の企画が基本的に「海外への発信」を狙ったものだから、とのこと。
今回の企画の発端となったのは静野孔文というアニメ監督から聖飢魔IIの楽曲とアニメーションのコラボレーション作品をアメリカに向けて発信しよう、という話だったそうで、その延長線上でこのアルバムの制作が行なわれたらしい。

ただ、アニメーションは米国向けながら、本アルバムに収められたリメイク楽曲は基本的にヨーロッパ市場を意識したものだそうです。

まあ、基本的にヨーロッパのほうが近年「クール・ジャパン」などと言われる日本のポップ・カルチャーに対する人気が高いし、音楽的にも、基本的に彼らの音楽はかなり伝統的なHR/HMなので、欧州人の方が相性がいいと判断したのでしょう。

本作には初回限定盤と通常盤があり、初回盤には先述のアニメーションを使用したPVを収録したDVDが付き、通常盤には新曲が収められている、というヴィジュアル系バンドやジャニーズ系アイドルのCDを思わせるこすい商法。

さらに収録曲の曲順や、アレンジなども異なるなど、明らかに「信者」の皆さんには両方買わせようという魂胆が見え見え。
さすが伊達にエイベッ糞と呼ばれてねぇな…(苦笑)。

私自身はミサも通算で3回ほどしか参加してないし、「信者」というにはちょっとヌルいファンなので、経済的な余裕はあったが両方とも買うのはなんとなく「負け」のような気がしてCDショップの店頭でどちらを買うか逡巡すること約5分。

私はあくまで(ダジャレじゃありません)純粋に彼らの音楽のみに興味があるので、やはり新曲が入っている方がいい。
そして「創世紀」から始まる通常盤の曲順のほうがしっくり来そうだ、ということもあり、結局通常盤をチョイス。

これまでDVD付きのCDというのは何度も買っているが、おまけのDVDを3回以上観たことなんてほとんどないし。

実は購入した後で知ったのだが、初回限定盤の楽曲は輸出用バージョンで、海外人向けに和風の要素(雅楽など)を増量しているらしく、そういう意味でも通常盤を買って正解だったな。

元々陰陽座や人間椅子のようにそうした世界観を持っているバンドじゃなかったわけだし、あくまでへヴィ・メタルとしての彼らの音楽を楽しみたいわけで。

そういう意味では本作の選曲は、かなりへヴィ・メタルらしい楽曲を中心にセレクトされていて、その点はとても良い。

「The End Of The Century」や「1999 Secret Object」なんかも聴きたかったが、この辺は歌詞テーマ的に賞味期限切れ、ですかね(笑)。

何曲か、日本語の内容を無理に英語にした結果ぎごちない歌になってしまってるなー、という曲もあるが、英語詞にもそれほど違和感はなく、「英語じゃなきゃダメ」というタイプのメタル・ファンでもこれなら聴けるだろう。

今回エース清水(G)が不参加で、代わりにジェイル大橋(G)が参加しているため、オリジナルとは異なるニュアンスが出ている箇所もあるが、大枠では割とオリジナルに忠実なアレンジなのも安心して聴ける要因。

少なくとも個人的にはハネるリズムにアレンジされた「A Demon's Night」以外はほとんど違和感ありませんでした。

新曲であるジェイル作の「Pandemic Carriers」は、信者の方に言わせれば「CATS IN BOOTS(ジェイルが聖飢魔II脱退後に結成したバンド)っぽい」「アメリカンな曲」だそうだが、個人的にはあそこまでスリージーなR&Rフィーリングは感じられず、なんか「hideの曲みたい」という印象。

いずれにせよ、この過去の名曲揃いの中ではやや聴き劣りすることは否めず、ファン向けのオマケかな。

もともと演奏のクオリティには定評のあるバンドだし、デーモン小暮(Vo)の歌唱も、一部で「劣化」が囁かれていたが、まだまだ十分イケると思う。

このサイト/ブログを定期的にご覧になっているような方は、基本的にメロディックで伝統的なへヴィ・メタルを好む人が多いと思いますが、そういう方でもし聖飢魔IIを聴いたことがない、という方がいらっしゃったらぜひ本作を聴いてみてください。
洋楽メタル・ファンへの入門盤としてはかなり悪くないアルバムだと思います。

個人的にも、同日に買ったSONATA ARCTICAやAT VANCEより楽しめております(苦笑)。

私の好きな「メフィストフェレスの肖像」アルバムは手つかずだし、「Jack The Ripper」とか「Aphrodite」とか「From Hell With Love」とか、聴きたい曲はまだまだあるので、もう一枚くらいはこの趣向でアルバムを作れそうですが、続編はないのかな? え、お布施次第?


◆聖飢魔IIのMySpace
http://www.myspace.com/seikimaiiofficial


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント