AMON AMARTH / SURTUR RISING のチャート成績

アルバム・デビューから14年目にして、昨年のLOUD PARKにてようやく初来日を実現させたスウェーデンのメロディック・デス・メタル・バンド、AMON AMARTHのニュー・アルバム「SURTUR RISING」のチャート・アクションは以下の通り。

ドイツ:8位
スウェーデン:8位
オーストリア:12位
フィンランド:16位
カナダ:19位
スイス:20位
アメリカ:34位
チェコ:34位(2週目)
デンマーク:37位
ノルウェー:55位
イギリス:75位

このチャート成績におけるアメリカ・ビルボードの順位ですが、実は前エントリーで取り上げたWHITESNAKEの新作と同じ週の成績です。

つまり、同じ週のチャートに初登場して、WHITESNAKEよりもAMON AMARTHの方が上。

こんな時代が来るなんて、誰が予想したでしょうか…。
まあ、長期的に見ればWHITESNAKEの方がロングセラーして多く売れると思いますが…。

しかし、全米34位と言ったら、先日発売されたCHILDREN OF BODOMの最新作「RELENTLESS RECKLESS FOREVER」以上ですからね。

しかも彼らの場合はCOBやIN FLAMESあたりと違ってまったくアメリカ市場を意識したサウンドに色気を出さず、ルックスもムサ苦しいままでこの成績なわけですから、まったく大したもんだと思います。

◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=156637


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

AMON AMARTHきてますねー新作が楽しみですな

スコット・コロンバスが亡くなったようですね、訃報続きで胸が痛いです。

>darklordさん

お久しぶりです。
HELLOWEEN&STRATOVARIUSの仙台公演に行かれたとおっしゃっていたので、被災されたのではないかと心配してましたが、ご無事で何よりでした。

しかし本当に訃報が多いですね…。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

流石メタル・ブレイドの稼ぎ頭

このバンドやっぱり結構人気なんですね。
でもメロデスにしては地味な感じの曲調で私はちょっと苦手です。
Amazonの無料クーポンで国内盤より一足早く「For Victory Or Death」1曲だけダウンロードしました。この曲はクサくて良いですね。

>学生メタラーさん

たしかに日本人受けするキャッチーさは薄いですよね。
B!のレビューでは「だがそれがいい」的に受け止められていましたが。

むしろ目先のキャッチーさに逃げないからこそ、曲の骨組みがきちんとできて、この順位になるのでは……と考えてしまう自分がいます(苦笑

>cthuさん

私はそれほど彼らの音楽に親しんでいるわけではないので曲の骨組みがちゃんとしているかどうかは何とも言えませんが、「キャッチーさ」に関する意識が欧米と日本では微妙にズレている気はしますね。