LADY GAGAがIRON MAIDENのローディーに?

当代きっての洋楽ポップ・アイコンとして、「J-POPしか聴かない」人でも、「メタルしか聴かない」人でも、あるいは「音楽を聴かない」人でさえ、その名前くらいはご存知であろうレディー・ガガ。

全世界における通算アルバム・セールスは1,700万枚以上、シングルダウンロード数は5100万件以上を記録し、昨年アメリカ『TIME』誌における「世界で最も影響力のある有名人」のアーティスト部門で1位に選ばれた超ビッグ・スターである彼女が、なんと現在行なわれているIRON MAIDENの「The Final Frontier」World Tourにおけるフロリダ公演においてツアー・バスやバックステージでアイロンがけや飲食のサービスをする雑用係、つまりローディーとして働いたそうです。

なんでも彼女はIRON MAIDENの大ファンだそうで、先日は彼女のTwitterアカウントにおける666番目のツイートが"The Number of the Beast. Having' beers listening to Maiden w the New York Boys. Happy 666 Twitterland."、つまり「メイデン聴きながらビール飲んでるわ」、ってなものだったことがちょっと話題になっていたりしました。

他にも「私は地球上で一番のBLACK SABBATHファンよ」なんて発言があったり、そのBLACK SABBATHの「Black Sabbath」とIRON MAIDENの「Run To The Hills」がフェイバリット・チューンであると明かすなど、「メタル好き」であることを公言している彼女。

そのことが海外のメタル・ファンの間でどう受け止められているかというと、ぶっちゃけ「ニワカがメタル語るんじゃねーよ」的なネガティヴな声が多いようなのですが、個人的にはニワカのいない、ベテランのマニアだけに支持される音楽ジャンルなんて「終わってる」と思うので、(彼女がニワカか本気かは別として)こういう人がメタル好きを公言し、こうやって実際に行動までして話題作りをしてくれるなんて素晴らしい話じゃないですか、と思っています。

◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=157090

下の写真は、去る4月17日に行なわれたフロリダ・タンパ公演のバックステージにおけるレディー・ガガとニコ・マクブレイン(Dr:IRON MAIDEN)の2ショット写真。「おばあちゃんと孫娘」みたい…。

gaganicko.jpg

ちなみに、80年代洋楽ポップスや、エレクトロニックなダンス・ミュージックも好きな私はレディー・ガガの音楽も嫌いじゃありません、てかむしろ好き。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人さま 初めまして
ロック モード ファッションブログ ライブレポート♪を
運営しております上島和土と申します。
誠に恐縮ですが今回はTOPページでの
テキスト相互リンクのお願いにあがりました。
突然のお願いですがぜひご検討頂ければ嬉しいです。
ただいまTOPページに『相互リンク申し込み中』として
TOPリンクさせて頂きましたので、相互リンク可能でしたら
すぐにTOPページリンクの方に加えさせて頂きます♪
ちなみに下記は当サイトの情報となります。
-------------------------------------------------
サイト名 ロック モード ファッションブログ ライブレポート♪
サイトURL http://zead69.blog40.fc2.com/

-------------------------------------------------
それではご検討のほどどうぞよろしくお願いいたします。
失礼な文章になっておりましたら申し訳ございません。
突然のお願い大変失礼いたしました。

>ロック&モード 上島様

先にコメントいただいた下記URLにて返答させていただいております。ご確認ください。
http://metalgateblog.blog107.fc2.com/blog-entry-556.html#comment1362

たしかに、おじいちゃんというよりおばあちゃんに見えてしまう写真ですね。(笑)

最近、初代ヴォーカリストだったポール・ディアノが逮捕されたそうです。結構好きなシンガーだったのでちょっとショックでした。

>名も無きメタラーさん

ポール・ディアノの逮捕、ちょっと前に話題になってましたね。
あまりにもみみっちい犯罪で、これがメイデンのオリジナル・シンガーかと思うとちょっと複雑な気分でしたね(苦笑)。