SCHONBERG / SPLENDID ROSA BIRTH ~華麗なるロサ、誕生~

schonberg01.jpg

日本のシンフォニック・メタル・バンドの、本日7月20日発売となるデビュー・アルバム。

本作に先立って2009年に発売されたオムニバス『SAMURAI METAL Vol.5』への参加実績があり、これまでにEARTHSHAKERや大村孝佳の前座としてライヴを行なった経験があるという。

このバンドの中心人物であり、全曲の作曲を手掛けるギタリストの星野学氏は、本サイトからもリンクしている(残念ながら相互リンクではありませんが/笑)「ROCKS ON THE ROAD」というWebzineの運営者でもあり、その星野氏から音源をお送りいただき、この記事を書いています。

当初「シェーンベルク」というバンド名を見たときには、近代クラシック音楽家のシェーンベルクが思い浮かび、もしシェーンベルクのような無調の難解なサウンドだとしたら私の手には余るなあ、と思っていました。

しかし実際聴いてみると、近代音楽というよりはむしろロマン派の音楽で、私にとってはなじみやすいシンフォニックなメロディック・メタルでした。

あまりHR/HMからの影響を感じさせない女性ヴォーカリストの個性と、自ら「劇的ロマネスク・メタル・ワールド」と形容する欧州型メタル寄りのサウンドのマッチングは、あえて形容するならALI PROJECT+ANGRAといった印象。

速い曲については特にANGRAっぽいおおらかなメロディが疾走する感じで、ネオ・クラシカルなギター・プレイともあいまって、ツボに入る人も多いのでは。

浮世離れした日本語の歌詞(時に語りも)を乗せ、メロディックに疾走する楽曲ではDRAGON GUARDIANなどを思わせる瞬間もあるが、ミドルテンポの楽曲についてはユーロ・ロックからの影響も感じられ、より多彩な音楽的バックグラウンドを感じさせる。

このゴシック全盛なメタル界にあって、あえて「ルネサンス」を標榜する耽美的な歌詞世界も独特で、一歩間違うとMALICE MIZERやVERSAILLESのようなV系宝塚世界寸前ながら、こういう欧州ロマン的な世界観を愛する人も結構多いのではないでしょうか。

クラシカルかつキャッチーなメロディの充実に対し、惜しむらくはプロダクションの貧弱さで、音質の悪さが世界観の完成度を損ない、艶のある情感豊かなせっかくのヴォーカルをちょっと浮き上がらせてしまっている。

次作ではより良い制作環境を獲得し、より完成度の高いロマネスク・メタル・ワールドを表現してくれることを期待したい所です。

◆シェーンベルクのMySpace
http://www.myspace.com/schonbergband


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上手く表現しにくいのですがこのヴォーカル花魁みたいなイメージがして新しいですね
よくある同人メタルみたいな感じかと思ったんですが全然印象が違いました。
今後もこの路線でぜひ突き進んで欲しいです。

>人さん

花魁みたいなヴォーカルって(笑)。
でもまあ、おっしゃりたいことはなんとなくわかります。独特な艶のある個性ですよね。

オリジナリティのあるサウンドだと思うので、このまま世界観を磨き上げてもらいたいですね。

女性ボーカルの人、歌上手くないのが残念でした。

もうBURRN9月号ですね。

お疲れ様です。レビュー除いて更新が無いので、相当お忙しいのではないかと勝手に考えています。お体にお気をつけくださいませ。私はお盆休み返上となりそうです。ただ少し早めの振替休日を取ってますが、、、
シェーンベルク(いいネーミングですね)含めてジャンルは違えど、ANTHEM、SABER TIGER等日本勢も頑張ってますね。STは地方のタワレコで新譜のPVを配ってたので、見てみるとかなり良かった、これからCDを聴く予定です。個人的にSTは頭ひとつ抜け出しているかな。
ストーム・ウォーリアのレビューも拝見しました。仰る通り、疾走感は少し弱くなりましたが、その分聴きやすくなったかと、結構良かったです、前作からのスパンが長かったせいで、なぜか新鮮に聴けました。デスコアのSUICIDE SILENCEの新譜も暴虐一辺倒ではなくなりましたが、ブレイクダウンは健在なので良しとします。モートンは評価が難しい、、、メロディに更にパワーが加われば文句なく良作であったと思います。悪くは無いが、物足りない気が。SEPULTURAはかなりヘヴィーな作品。スピードは抑えてヘヴィネスが前面に感じられる出来。欧州デジパックのボートラが、日本では通常のジュエル・ケースに収録されてます。まぁカバーとアウトテイクなのでデジパックに入れるほどのものではないんだけど。
adoreさんはMETALLION世界的ブーム勃発前夜なる増刊号を読まれましたか?前期、中期、後期とあるみたいです。臨時増刊が続きものとは、、、最盛期を取り上げるのならまだしも前夜なんて別にBURRNの中で特集組めば済む話のような気がします。次号は作品以外ではバンドや面子は相当かぶるかと、、、

>名も無きメタラーさん

まあ、上手くはないかもしれませんが、なかなか存在感があって悪くはないと思いますよ。
バンドの世界観にはそれなりにマッチしたVoなんじゃないでしょうか。

それこそルックスやキャラクターに華があれば、フロントマンとしては上々だろうと思いますし。

>フィンさん

お察しの通り、相当忙しいです(苦笑)。相当というか、人生で一番忙しいですね、ここしばらく…。

ちなみにお盆休みという概念は私の会社にはありません(7~9月の間に5日間夏休みをとることが認められていいるので、お盆の時期にそれを行使することは可能ですが)。

SABER TIGERは私もPVを観ましたが、なかなか良さそうですね。

METALLIONは立ち読みしましたが、相変わらず内容の薄い単なるCD販促カタログ本だったので購入は見送りました…。

聴きました

はじめまして

いつも楽しく読ませて頂いてます!いつも毎回更新を楽しみにしているのです。

シェーンベルクはWe Rockの付録CDでチェックしていて、とても注目していました。
そして、やっと最近CDを手に入れました。アルバムは素晴らしかったです。

途中演歌っぽくもありましたが、全体的に素晴らしいメロディで、大変満足しました。


しかし、取り寄せにめっちゃ時間掛りましたよ。

近所のメタルCDショップに買いに行ったのですが、売って無く、アルバムリリースの情報もお店に入ってなかったのです。

その店は日本のインディーズメタルにかなり強い店なのに情報が無いと云うことは、はっきり言ってレコード会社が悪すぎます。

シェーンベルクを売り出す気があるのか!

ちゃんとしてくれ!って思いました。

せっかく素晴らしい音楽なのに残念です。

>アレキシ智久さん

力とやる気の無いインディー・レーベルにありがちな「出すだけ」レーベルなんでしょうね。

一応Amazonには在庫があるようですが…。
まだまだB級ながらいいものを持っているバンドだと思うので、何とかして世に出てほしいですね。