マイク・ポートノイがDREAM THEATERを訴えていた

マイク・ポートノイが「バンドからの不当な排除」と「バンド名を自分の同意なしに使用していること」に関する訴えを今年の4月27日に裁判所に提出していたことが明らかになりました。

今年の4月末ということは、マイク・マンジーニが正式に後任ドラマーに決定したタイミングですね。

個人的には「あ~あ、やっちゃったね」という感じですねー。
おとなしくしていればほとぼりが冷めた数年後に復帰という可能性もあったかもしれないのに。

7月のタイミングでマイク・マンジーニが新入りにもかかわらず「マイク・ポートノイはバンドには戻ってこないよ」と発言しているのもこの状況を踏まえてのことなんでしょうね。

これまで発表してきたアルバムからも、マイク・ポートノイという人物が精神的にちょっと病んでる部分があることは薄々感じていましたが、良くも悪しくも打算より感情で動いてしまうタイプの人みたいですね。

最近の発言を見ても

新しいDREAM THEATERの音楽を聴くことは苦痛だ

とか

DREAM THEATERのファンが次々と俺に背を向けるのを見ているのはつらい日々だ

なんて泣き言めいたことをインタビューで口にする一方で、

DREAM THEATERの新作は『IMAGES AND WORDS』の焼き直しだ

なんてイチャモンをつけてみたり

もしペトルーシがしばらくバンドを休みたいと言ったら、俺は待ってやったぜ

というほとんど逆ギレに近い発言をしてみたり、正直未練がましさもここまで来ると鬱陶しい感が否めません。

まあそれだけDREAM THEATERというバンドを愛していたということなのでしょうが、「潔さ」を美徳とする日本人の感性からするとちょっとみっともないですね。
こういうことは胸のうちに秘めて、黙して語らず、が男ってもんではないでしょうか。

一方で残されたメンバーたちのコメント。

ジェイムズ・ラブリエ(Vo):
マイク・ポートノイがいなくなって、全てのバランスが良くなったね

ジョン・ペトルーシ(G):
マイク・マンジーニとはもう20年も一緒にやってきたかのように感じるよ

ジョーダン・ルーデス(Key):
マイク・ポートノイは“コントロールしたがり屋”だった
ポートノイがいなくなって、やりたいことをやる自由が与えられたね
新しいアルバムは、マイク・ポートノイという警察がイエス/ノーを判断することなしに作ることができた

ジョン・マイアング(B):
「……」(発言なし)

無口な男カコイイ。


日本ではよくマイク・ポートノイは「ドラえもん」に出てくるジャイアンに例えられていましたが、自分が嫌われていることに気付いてなかったあたりもジャイアンですね。

自分が嫌われていて、隙を見せたら追放される、という認識があったらあんなに嬉々としてAVENGED SEVENFOLDのツアーに同行したりはしなかったでしょうに。

しかし、そのKYっぷりはこの期に及んでも健在で、今月になってもこんな発言が。

リユニオンの可能性が絶対にない、とは言わないよ

もうそれはバンドを訴えているアンタが言えることじゃないでしょ(苦笑)。

◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=163477


※9/21追記
DREAM THEATERの弁護士によると、マイク・ポートノイが提出した召喚状は正式な訴状ではなく、それを無効にするために実際に被告(DREAM THEATERのメンバー)には送られていなかったため、現在マイク・ポートノイとDREAM THEATERの間に法的な問題は存在していないとのことです
ソース)。

一方でマイク・ポートノイ自身は「DREAM THEATERのビジネス的な部分について発言することは法的に認められていないんだ」と、まるで法的な係争が今もなお続いているかのようなことを口にしていますが…。


※9/22追記
マイク・ポートノイが自身のサイトのフォーラムで語った所によると、マイクはDREAM THEATERを提訴しておらず、他のメンバーがマイクと直接話すことを避け、弁護士を代理人として立ててきたため、マイク側も弁護士を立てたことによる問題だという。

マイク自身が言うには、個人が会社を辞めたり離婚したりするのと同様、25年も続いたバンドから脱退するにはそれなりの法的手続きというものが必要で、そのために弁護士を立てたに過ぎないとのこと(ゆえに、現在もDTについてビジネス的な発言ができないのだとか)。

好意的に解釈すれば、マイクの弁護士がより多くの報酬をせしめるために勝手にDTのメンバーに対して「不当な解雇とバンド名の不当な濫用」についての補償を求めようとし、マイクがそれを止めたために召喚状が実際にメンバーに送られることはなかった、ということなのかもしれません。これはこれで筋の通った話です。

もしそうだとしたらマイクが形容する所の、DT関係者の個人情報に首を突っ込んでスキャンダルを捏造しようとする「とんでもなく下衆なBLABBERMOUTH.NET」の煽り記事に乗せられてしまったことを謝るよ…。ごめん、ジャイアン…。悪いことはみんなジャイアンのせいだと思ってたんだ…。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

adoreさんのこのジャイアンにたいする愛は感じましたw

メンバーたちのコメントを読んで、ティモ・トルキが抜けた時のSTRATOVARIUSを連想してしまった(笑)

マイク・ポートノイが加入したことによってAVENGED SEVENFOLDがダメにならないか心配ですね。
学生時代から知り合いだった他のメンバーの中では浮いてしまってる気がします。

自分のことを客観的にみることができないのかなあと残念に思います。

セバスチャン・バックも元のバンドのメンバーにバンド名を使わないように求めているみたいですが、
欧米の皆さんはけっこうこだわりますよね

マイクには新しいバンドで新しい音を提示してもらって
活躍してほしいと思います
殿と呼ばれるジョン・サイクスとの組み合わせは長続きはしないでしょうが、ちょっと楽しみです

やや、マンネリなドリームシアターにとっては、いい刺激になった
と考えてはいけないのかなあ

まとめてお返事

>Endeさん
心の友ですから(笑)。


>ジンさん
たしかにこれはティモ・トルキと同類項で括られても文句は言えないですねー(苦笑)。


>daiさん
ひょっとしたらご存知ないのかもしれませんが、マイク・ポートノイはとっくにA7Xからリストラされてますから大丈夫だと思いますよ。


>ミュウさん
セバスチャン・バックにせよマイク・ポートノイにせよ、バンドの人気を確立したのは自分だ、という自負があれば、残ったメンバーがその自分が育てたブランドを使って金儲けしているのは面白くないのでしょうね(現在のSKID ROWがそんなに儲かっているようには思えませんが)。

マイクにせよDTにせよ、新たな展開が楽しめるという見方はいちリスナーとしては全然アリだと思いますよ。

マイク・ポートノイはツンデレだったのか

脱退後の生活がバラ色だったら(例えば、DREAM THEATERよりバカ売れしちゃったりとか)、
あとからブツブツ言わなかったんでしょうね.....。

ああ…

「やっちゃった」な(笑)。個人的には「潔い」だけが美徳だとは思わないけど、STRATOVARIUSのニュー・ドラマー・リストからは外れたなコリャ。まあ、それでも提訴したいと言うなら好きにさせりゃいいと思うんだけど。
ジョン・マイアングの無言には爆笑してしまった(笑)。
ちなみにそのSTRATOのリストにはあのアキレス・プリースターも載っていました。
ファンとしては最有力として候補にして欲しいんですけど(笑)。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

291

VAN HALENからデイヴリーロスが脱退して、サミーヘイガーが加入したときみたいですね。

マイキーは自業自得のような気がしますし、デレクの方がよっぽど理不尽な目にあってると思います。

そのデレクと元VoのC.ドミニシがドリームシアターと競演したときのメトロポリスは、デレク VS ルーデスのKey Battle凄かったですね(・ω<)。

まとめてお返事2

>人さん
これが事実ならツンデレを通り越してヤンデレでしょうね…。


>KYさん
AVENGED SEVENFOLDからああもあっさり切られるとは想定外だったんでしょうねえ。


>ストラディキャスターさん
STRATOVARIUSのニュー・ドラマー・リストなんてものがあるんですか? 初耳です。
いずれにせよマイク・ポートノイほどの大物がフィンランドなんて片田舎のバンドに加入することはないでしょう(笑)。


>非公開コメントの方
何に焦るんですか?
とりあえず外しましたが、これでご満足でしょうか。


>ゆうていさん
裁判沙汰になるとしたら確かにVAN HALENみたいですね。
デレクが理不尽な扱いだったのはポートノイと違って「契約社員」だったからでしょう。

マイクとしては「俺は正社員、むしろ管理職だと思ってたのになんでこんなことに…」という思いなんでしょうね。

ニュードラマーリストではありませんが、STRATOVARIUSのフォーラムでファンが期待する後任候補の名前を挙げまくっていますね。
プリースター、ウィルドアー、そしてヨハンソン兄w
http://forum.stratovarius.com/viewtopic.php?t=10711&postdays=0&postorder=asc&start=0&sid=d140f6108efc2a2b7376d0c631d51bea

>Endeさん

こういう「予想」は楽しいですよね。
時期柄どうしてもDREAM THEATERのオーディションを落ちた人の名前が挙がりがちのようですが、このバンドに関してはラウリ・ポラー、マティアス・クピアイネンと無名の凄腕を次々と発掘しているだけに、必ずしも有名人じゃなくてもいいかな、という気がしています。

この記事を読んでいて下世話なことを思ったのですが。
マーク・ポートノイが燃え尽き宣言をして4年間のDREAM THEATERの長期休暇の提案した時に、他のメンバーが反対したのはビジネス的な部分も大きかったのでは。
というのは、DREAM THEATERは0年代以降からだんだんアメリカでもカルト的な人気があがっていって前作の「Black Clouds & Silver Linings」は初のトップ10入りをしたことで、ジョン・ぺトルーシがB!でDTを企業に例えた発言をしているからなんですよね。彼はポートノイが今年3月のIRON MAIDENのNY公演前座を断ろうとした事も批判していた。鉄は熱いうちに打てで、マーク・ポートノイ以外のメンバーはアメリカでの人気を定着させるためにもすぐ新譜をだしたかったけど、ポートノイはDTはプログレバンドなんだから休暇をとってビジネスよりクオリティ面を充実させるのを優先させようみたいな気持ちがあったのかもしれません。
で、もっと下世話な話をすると、ジョン・ペトルーシのそういう狙いが当たったのか早いうちに新譜をだしたことによってまたTOP10入りをしているんですよね。YOU-TUBEで最近のDTのライブ動画を見たけど、お客もかなり入っているように見えます。ポートノイは足をひっぱるような発言で憂さをはらすのしかないのかもしれません。有名音大卒のインテリが俗っぽいことを言うなよとも思いますが。

>通りすが郎さん

まあ、これくらい歴史とファンベースのあるバンドになると色々な思惑があるでしょうね。

いずれにせよ、マイク・ポートノイとそれ以外のメンバーでDTのビジョンやスタンスに対する認識の違いがあったことは確かなのでしょう。

個人的にはDTは2、3年休んだ所で人気に翳りが出るようなバンドだとは思いませんが。

あんたも病んでるようにしか見えないよ

>名も無きメタラー

誰に対してに言ってんの?
目障りだから消えてくんない?
お前も病んでるよ。

>通りすがりさん

通りすがりに小粋なひと言をありがとうございます。