OPETH 「HERITAGE」のチャート成績

プログレ化が進行したと評判のOPETHの新作「HERITAGE」のチャート・アクションは以下の通り。

フィンランド:2位
スウェーデン:4位
デンマーク:8位
ノルウェー:8位
ドイツ:9位
オランダ:10位
オーストラリア:12位
オーストリア:16位
アメリカ:19位
イギリス:22位
ハンガリー:22位
カナダ:23位
フランス:24位
ニュージーランド:26位
ポーランド:28位
アイルランド:34位
日本:55位
ベルギー:87位

前作の時点でだいぶ売れてるから、ヘヴィな要素が減退して聴きやすくなった(?)から売れた、という訳ではないんでしょうね。

◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=163886


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

アメリカ、イギリスは前作よりさらに順位があがっているはず。
下世話な話ですが。ロードランナーレコードはアメリカで売れそうもないプログレッシブロックを売れる商品にしてしまうのが凄いですね。これはロードランナーの名A&Rモンテ・コナーの実力なんだろうけど。ロードランナーが欧州、日本で販売を担当しているMASTODONのチャートアクションが気になりますね。MASTODONの「The Hunter」は荒ぶるプログレメタル路線を進化させていてDREAM THEATER、OPETHに負けていないですよ。
OPETHの新譜の話に戻しますが、「HERITAGE」はデスメタル好きには評判が悪いですが、プログレッシブメタル好きには概好評なような印象がありますね。70年代プログレのように空間を開けているような音楽が好きな人には聞きどころが多いけど、デスメタル好きにはスローすぎて退屈に感じるのかもしれません。

話題になっていたので初めて聴きました。
もっと、とっつきにくいバンドかと思っていましたが、このアルバムは聴きやすいですね。(RAINBOWみたいな曲が一番気に入っています。)

>通りすが郎さん

ロードランナーは「聴きやすくない音楽」のマーケティングに長けていますよね。
RUSHがロードランナーに移籍したのもその辺を評価したのかもしれませんね。

果たしてOPETHは今後ずっとこの路線で行くのか、それとも再びヘヴィなサウンドに回帰することがあるのか、ちょっと興味深いところです。

>小梅さん

RAINBOWみたいな曲というのがどれを指しているのか私にはわかりませんでしたが(苦笑)、70年代のロックが好きな人には響きそうなサウンドですね。