MACHINE HEAD 「UNTO THE LOCUST」のチャート成績

MACHINE HEADの新作「UNTO THE LOCUST」の各国チャート・アクションは以下の通り。

ドイツ:5位
オーストリア:6位
オーストラリア:10位
スイス:10位
フランス:13位
ニュージーランド:19位
アメリカ:22位
ベルギー:22位
ノルウェー:28位
カナダ:32位
イギリス:82位

アメリカの22位は過去最高位。
というか、前作の「THE BLACKENING」の最高52位も、その時点でのバンド最高位だったというのがなんか意外。

いや、MACHINE HEADっていうとなんとなく90年代、スラッシュ・メタルからモダン・ヘヴィネスへの転向組の中で唯一の勝ち組、ってイメージだったし、MACHINE HEADの代表作、っていうと(少なくとも「THE BLACKENING」が出る前は)デビュー作の「BURN MY EYES」ってのが主流な意見だった気がするし、今でさえ代表曲を1曲、って言われたらそのデビュー・アルバム収録の「Davidian」って答える人が多いんじゃないかなー、って気がするので。

ところがそのデビュー作はアメリカのビルボードではTOP200にも入ってなかったと知ってビックリ。
初期の彼らはむしろイギリスと欧州で支持されるバンドだったようだ。

一時期ロブ・フリン(Vo, G)がダボダボのヒップホップ・ファッションでラップしてチェケラッチョなNU METAL路線に走ったときも「ケッ、元々はスラッシュ・メタル野郎だったくせに売れ線に走りやがって」と思っていたが、調べてみると、そのNU METAL路線が顕著な「THE BURNING RED」アルバムも全米88位と、彼らのカタログの中では売れた方ではあるものの、「売れ線」と言うほど売れたわけでもなかったようだ。

まあ、そういう意味ではやっぱりこのバンドはメタルをプレイして評価されるべきバンドで、実際こうしてメタルとして支持されているというのは本人達にとってもいいことなのではないでしょうか。

実際、個人的にはモダンなグルーヴ・メタルだった初期より、近年の彼らの方が輝いていると思っています。

なお、ずっと彼らの大票田だったイギリスの順位が今回振るわないのは、曲数の多い「ファン・パック」がデジタル配信のみでのリリースになった影響らしいです。

ちなみに余談ながらこの週の全米10位にはMASTODONがチャート・インしています。
こういうディープなバンドが全米TOP10に入ってくる…凄い時代になりました。

前週のOPETHの全米19位とともに、こういうプログレッシヴなヘヴィ・ロックがここまで売れるとは10年前誰が予想したでしょうか、って感じです。

OPETHといえば、ちょっと面白い動画が上がっていたので貼っておきます。

※アメリカ・ツアーでBON JOVIの大ヒット曲「Wanted Dead Or Alive」をプレイするOPETH


場内各所で笑いが巻き起こっており、ジョークであることは明白なのですが、一方で大合唱になっているあたり、やはりBON JOVIのヒット曲の認知度ってのは圧倒的なんだなあ、という感銘を受けました。

◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=164220


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

dream theater、opeth、mastodonとプログレッシブメタルのアルバムが連続して3つ出て、3つともヒットしたというのが凄い月だったと思います。しかも3バンドの出したアルバムは音楽性が重ならず三者三様になっている。2011年の9月はプログレメタル界にとってはエポックメイキングな月として語られていくかもしれません。
ちなみにMASTODONの新譜は3~5分のコンパクトな楽曲にプログレな旋律を凝縮していて濃厚な作品となっています。ポップでありながら実験的。売れっ子プロデューサー マイク・エリゾンドの起用がぴったりとハマっていますね。エリゾンドがヒップホップ、ポップス以外にメタルをプロデュースできる幅がある人だったことにもびっくりしましたね。

僕も「THE BURNING RED」はもっと売れているイメージがありました。以外にチャートの順位は低めなんですね。

以前、アンジェラ・ゴソウがインタビュー記事で「アメリカではMACHINE HEADよりARCH ENEMYの方がBIGだ」と語っていましたが、あれは本当だったんですね。正直疑ってました(苦笑)。

>通りすが郎さん

プログレッシヴ・メタルというとちょっと前まではイコール「DREAM THEATER型」だったのが、昨今ではだいぶ幅が出てきましたね。

今後さらにこの手の音楽がビッグになっていくことがあれば、おっしゃる通りこの月がひとつのブレイクポイントとして語られるかもしれません。

>小梅さん

私も調べてみて意外とMACHINE HEADってアメリカで売れてないんだな、と少し驚きました。

だからって「自分たちの方がビッグだ」とぬけぬけというアンジェラのデリカシーは個人的にはいかがなものかと思いますが(苦笑)。

昨日やっとアマゾンで注文しました。
マシーンヘッドがそこまで売れてなかったのは、私も知りませんでした。
「元スラッシャーのくせに売れ線に走った」というイメージがあるのでてっきり

>NOV-LYNNさん

そうですね、なんかもっと売れてるイメージだったのですが、思いのほか売れていなかったようです。

だからこそ売れ線に走ってみたのかもしれませんね(笑)。