ANIMETAL USA / ANIMETAL USA

animetal_usa01.jpg

話題のアニメタルUSA。色々と思う所はあったのですが、結局買ってしまいました(苦笑)。
先日のLOUD PARK 11でも盛り上がっていましたね。

選曲に新鮮味がないので正直あまり期待していませんでしたが、さすがの実力者揃い、聴いてみたら案外楽しめました。

ちょっと心配していたマイク・ヴェセーラ(Vo)も、シャウトの切れ味こそ衰えが見られるものの、歌唱トータルで観ればまだまだイケる感じです。

クリス・インペリテリがギターということで、引き出しの少ないクリスのこと、全曲「Rat Race」みたいになっているのではないかと危惧(?)していましたが、意外と原曲の味わいを踏まえた仕上がりになっている。

その辺はやはりメタル界きっての日本の音楽通、マーティ・フリードマンがアレンジに関わっていることが功を奏したのでしょうか。
泣きのバラード仕立てかと思いきや突如狂ったように爆走する「行けタイガーマスク(タイガーマスク)」には笑いました。

発売前にモロに「Fast As A Shark(ACCEPT)」な「ゆけゆけ飛雄馬(巨人の星)」が公開されたときには、この手のパクリッシュな曲ばかりになるのかとも思いましたが、ここまであからさまな大ネタ使いは「愛をとりもどせ!!(北斗の拳)」の「The Trooper(IRON MAIDEN)」と「ペガサス幻想(聖闘士星矢)」の「Raining Blood(SLAYER)」くらいで、アニメタルの楽しみは半ば元ネタ探しにあると思っていた私のようなリスナーにはむしろ物足りなかったです(笑)。

IMPELLITTERIで聴くと「当たり前」に感じてしまうクリス・インペリテリのギターも、こういういつもと違う趣の違う曲で聴くと新鮮というか、あらためてこのかなり歪ませているのに粒の揃った速弾きは凄いな、と思いますね。「愛をとりもどせ!!」のイントロとかゾクゾクしました。

クリス・インペリテリは本作に参加することで自分のバンドよりも幅のある曲調、アレンジに挑戦することができたと思うので、その辺はIMPELLITTERIにフィードバックしてくれるといいな。

かなり直訳気味な英詞は時々違和感もあるが、何度か聴いていると、むしろその違和感がクセになってくる(笑)。
「摩訶不思議アドベンチャー!(ドラゴンボール)」の「かめはめウェーブ」には吹きました。そこは普通に「Kamehame-ha」でいいでしょ(笑)。

まあ、こういうのを受け付けるかどうかというのはその人のデリカシー次第みたいな所があるので、メタルに対する冒涜だ、と怒る人もいるかと思います。

あるいは逆にアニメに対する冒涜だ、とかね。メンバーみんな原作ほとんど観てないだろうし。
まあ、そんなこと言ったらここに収録されている曲のアニメ全部観てるって人もそんなにいない気がしますが(私は半分くらいですね)。

私自身は許容範囲でしたが、とはいえそういう感覚もわからないではないので、そういう人に無理に勧めようとは思いませんが、マイク・ヴェセーラの歌やクリス・インペリテリのギターが好きで、こういうイロモノ企画に目くじら立てないオトナな方は聴いてみてもいいのではないでしょうか。

ラウパのももクロ効果で日本テレビの「スッキリ!!」にも出演し、これでお茶の間の人気者ですね(?)。

マイク・ヴェセーラは後半完全に素になってますね。
ジョン・デッティに至ってはほぼ棒立ち(笑)。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

「アニメとメタルが自分のアイデンティティー」などというマイク・ヴェセーラの「公式コメント」は勿論、全く信じていなかったのですが、そういえば2000年に出たMVP (MIKE VESCERA PROJECT)の2ndアルバムのタイトルが「Animation」だったことをフト思い出しました。

これはなんと壮大な伏線!(違)

>メタリアン666さん

そういえばそんなタイトルのアルバム出してましたね…。
ファーストが微妙だったのでスルーしていましたが、そこに本当にアニソンのカヴァーが入っていたら、誰もがマイクを認めたでしょうね(笑)。

昨日の昼、FMラジオで流れてました。(笑

BURRN! のレビューではネタ扱いされてましたね・・・

このメンバーで本格的にメタルをやってほしいのですが・・・


ちょっと摩訶不思議アドベンチャーを聴きたくなってきた(笑)

次作はあるのかな?

ラウパーの予習の為に購入しましたが、僕も予想以上に気に入りました。

ベストトラックは、当初一番仕上がりが不安だった「ゆけゆけ飛雄馬」ですね。まさかFast As A Sharkをぶっこんでくるとは。個人的には結構あのアレンジはハマッてると思いました。
原曲が演歌みたいな大仰なメロディだから、こういうジャーマンな疾走するアレンジが意外と合ったんでしょうか。

ラウパーでも去年の本家Acceptに続いて、あの熱いイントロが聞けて良かったです(笑)。

ももクロに関しては、ステージを観ている時はまったく分からず、後でタワレコのブースでももクロのCDが置いてあるのを見て「そうか!」と気付きました。

私は結構楽しめました。
殆どの歌詞が英詩なのは日本人が普通に洋楽メタルとして楽しめるようにする為の配慮なのか、マイクが歌いにくかっただけなのかは分かりませんが(笑)
今回の要素を自身の作品に取り入れたいと言ってるので、日本的な音階や原点回帰のプレイが上手くフィードバックされるといいですね。
すでに予定のある2ndの前にIMPELLITTERIの新作出してほしいところです(笑)

「ゆけゆけ飛雄馬」の最後のソロの元ネタが何だったか分かる方いますか?どこかで聴いた覚えが・・・

まとめてお返事

>Loki Holstさん
アニメタルのことを何も知らずに耳にした人は何事かと思ったでしょうね(笑)。


>へこたれ受験生さん
まあ、ネタであることは確かですね。
しかし、本格的にメタルをやるより日本では売れるのかもしれません…。


>Dさん
私も「ゆけゆけ飛雄馬」がカッコよくメタルになるイメージが湧かなかったのですが、意外とカッコいい仕上がりですね。
ライヴであのイントロ・リフを聴くと反射的に頭を振りたくなります。


>学生メタラーさん
マイク・ヴェセーラに日本語詞は無理でしょう(日本のバンドにいたこともあるのに)。
恐ろしくぎごちないガイジン訛りで雰囲気ぶち壊し、しかもライヴではローマ字のカンペ見っぱなしだと思います(笑)。

「ゆけゆけ飛雄馬」のエンディング・ソロはRAINBOWの「Kill The King」じゃないですかね。

しかし、「引き出しの少ないクリス」というのは、私が知っている情報と違います。
「クリスはほとんど全ての音楽を弾くことができるが、商業的理由(固定ファン層からの反発など)から音楽性、テクニックの多くを封印している」とWikipediaにあります。
私は、Wikipediaに対しては半信半疑なので、実際の所は分からないんですけどね…。

こいつら今ラジオ放送どころではなく、TVの全国ネット出まくりですよ。
どうもマニア向けと言うより、幅広い層で完全に日本人向けな感じ。
アニメオタクとか、アニメを見てPOPソング聴くようなごく一般的な層まで広く支持を訴えてるような気がする。
一通り試聴しましたけどね、まあいいんじゃないですか(笑)。カッコよく仕上がってるのは分かりますけどね、個人的には買うほどではないです(笑)。
ただせめてドラゴンボールは"Z"の方をカヴァーして欲しかった。影山ヒロノブは海外では恐るべき人気を誇ってるだけに(平均動員数約1万人)。

正直アニメタルについてはもう食傷気味で何度もカバーしているアニソンをただ外人とアイドルを加えただけの目新しくもない企画だと思ってたんですが、ももクロとの動画を見るとなかなか微笑ましくていいですね

なるほど、「Kill The King」ですね。
解決しました!

関係ない話ですが、日本のダンスロックバンドTHE TELEPHONESの2011年作「ROCK KINGDOM」のジャケがあるメタルバンドのジャケにそっくりです(笑)

まとめてお返事2

>Loki Holstさん
「引き出しが少ない」というのは単に私がこれまでのIMPELLITTERIのアルバムを聴いて感じている「私見」ですので、あまりシリアスに受け止めないでください(笑)。
なんせアニメタルUSAについてのエントリーなのですから(笑)。

もちろんクリスはあれだけ上手いんですから弾こうと思えば大抵のものは弾けるんだと思いますよ。


>ストラディキャスターさん
「笑っていいとも!」にも出たみたいですね。
「CHA-LA HEAD-CHA-LA」は次作の目玉曲でしょう、きっと。


>人さん
生で観た感想としてはそれほど微笑ましくもなかったですけどね(苦笑)。


>学生メタラーさん
思い出しそうで思い出せないのって気持ち悪いですよね。
解決してスッキリしていただけたら何よりです。

連投恐縮です

こんな企画を発見しました。
今回のアニメタルUSAに通じるものがあるかと。http://amzn.to/oonJLg

「ゆけゆけ飛遊馬」にはぶっ飛びましたね(笑)
あのイントロだと“センチメンタル・バス”の曲しか出てこないので(^_^;)
久しぶりにACCEPTを引っ張り出して聞きました♪

水木一郎アニキと一緒に歌ってる動画もありましたが、アニキがリズムに乗り切れずに、
ちょっと可哀想でした(苦笑)

それにしても、やはりこのメンツでオリジナルアルバムを作って欲しいです。
インペリテリの曲をヴェセーラが唄うなんて、ゾクゾクするのに~!

まとめてお返事3

>学生メタラーさん
まあ、企画としては目新しいものじゃないですよね。
アニメタルUSAはこのクラスのメンバーを揃えたことにこそ企画の凄さがあると思います。


>人さん
正確には「最も影響を与えたメタル」ではなく「最も偉大なデビュー・アルバム」ですね。

BURRN!誌であれば絶対に選ばれないアルバムが多いですね(笑)。
興味深いので、このランキングはこのブログでも取り上げてみたいと思います。

>珍獣メガネコアラさん
センチメンタル・バス、懐かしいですね(笑)。
もはやどんな曲をやっていたかさえよく憶えていませんが。

このメンツでオリジナルを、というのは多くのHR/HMファンが望んでいると思いますが、それが実現してもきっとアニメタルほど売れず、テレビなどに出ることもないんだろうな、というのが予測できてしまうのが悲しいですね(苦笑)。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>通りすがりですが さん

スコット・トラヴィスでもなくジョン・デッティでもないとしたら誰なんでしょう?
実際の放送を観ていなかったので私にはわからないのですが。

ドカベン

サバス=ドカベンって結構OKじゃないですか。

>あらよっとさん

「Into The Void」、ですかね、スパイスは。
たしかに「ドカベン」がメタルとしてカッコよくなるイメージはありませんでしたが、実際に聴いてみると悪くない仕上がりになっていると思います。

愛をとりもどせでSweet Leafありません?

>タタさん

全体的な曲調やテンポが違いすぎるのと、途中に出てくる「The Trooper」が強烈過ぎて印象に残りませんが、歌い出し前のへヴィなリフの箇所はそれっぽいですね。