DRAGONLANCE / CHAPTER OF SKYLAND

dragonlance_ep07.jpg

都内を中心に活動するメロディック・スピード・メタル・バンドの7作目の音源となる5曲入りEP。

5曲入りといっても、#1、#3、#5はインストのため、実質的には2曲入りのシングルに近い。

とはいえ、プロローグと銘打った#1、エピローグと銘打った#5は、ギタリストの及川氏があるファンタジー・ボイス・ドラマ用(?)に作曲したマテリアルをアレンジし直して収録したというシンフォニックな楽曲で、映画やRPGゲームのサウンドトラックのようなスケール感のある楽曲に仕上がっている。

20秒程度の短いインタールード的な楽曲である#3は、彼らの初音源である2002年発表の「HOLY BLOOD」のデモ版のオープニングだった曲とのこと。

タイトル曲である#2「Chapter Of The Skyland」は2000年の1月、#4「Definition Of Honor」は1998年4月に作曲されたものだそうで、10年以上前に書かれていた曲のようである。

当時はまさにメロディック・パワー・メタルという音楽が全盛期で、北欧やイタリアなどから次々とマニア心をくすぐる魅力的なバンドがデビューしていた時期で、本作に収められたサウンドはその当時のサウンドを思い起こさせるもの。

個人的には、シンフォニックなKeyをフィーチュアした疾走感あふれるそのサウンドは、バンド名の類似もあってか、初期のDRAGONLANDに近い印象を受けた。

ブックレットによると#2「Chapter Of The Skyland」は中心人物である及川氏によると「いつか形にできる状態が整ったら形にしたい」と長年温めていた楽曲だそうで、緊張感あふれるイントロから、強力な疾走を聴かせつつ、中間部やエンディングのインスト・パートにおいてプログレッシヴな要素も感じさせるドラマティックな曲。

もう一方の歌入りの楽曲である#4「Definition Of Honor」はかの有名なアーサー王伝説に登場する聖剣エクスカリバーをモチーフにした楽曲だそうで、疾走しつつもドラマティックに展開する歌メロが聴き所。

ちょっと全体的に1つの楽曲にメロディを詰め込もうとし過ぎていて、どこがサビなのかわからなくなるメリハリの不足が気になるものの、この手の音楽が好きな向きであればくすぐられるメロディや展開が随所に登場し、楽しめる。

Voはなかなか強力なハイトーンの持ち主だが、高音域がややヒステリックに響くため、好き嫌いが分かれるかもしれない。

なお本作はデビュー当時からこのバンドに関わっている、日本のプログレッシヴ・メタル・バンドVIGILANTEのギタリスト大本浩史氏とバンドの共同プロデュース。

そして現在正式メンバーを欠いているベースとドラムにはそのVIGILANTEのベーシストである海野真とドラマーである藤野隼司をゲスト・プレイヤーに迎えている(VIGILANTEのメンバーにレコーディングの参加を仰いでいるのは今回が初めてではないようだ)。

キャリアも10年以上に及び、シングル7枚分のマテリアルもあり、しかも過去の音源の多くははほぼ手困難のようなので、キャリアを総括するフルアルバムの制作が待たれる存在である。

◆本作のプロモーション映像 [YouTube]


◆DRAGONLANCE公式サイト
http://sound.jp/dragonlance/
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ジャケといい音像といい、狙ったようなB級クサメタルですね(笑)
Voの抑揚の無さはやはり国産といった感じ。たしかに初期DRAGONLANDっぽいです。

国産メロスピといえばMASTERPIECEの「COLORS OF CONFLICT」は海外のマニアからも絶賛されるクオリティでした。解散が悔やまれます。

V系の元祖のX JAPANがメロスピ(インディーズ時代はスラッシュぽい)なのでXの後追いでどんどん質の高いV系メロスピが出るかと思いきや、LUNA SEA系のV系バンドばかりなのは何でだと思います?

ついでにadoreさんLUNA SEAの楽曲でなにがお好きですか?(笑)恐らく世代だと察しましたので(笑)
わたしはアップテンポならDejavu、Believe、Time Is Dead
バラードならProvidence、Moon、I For You
がすきです
これは別に応えなくてもよござんすよ(笑)

>学生メタラーさん

ジャケはDOMINE、音楽性はDRAGONLAND、という感じですね。
好きな人であれば楽しめる音だと思います。

MASTERPIECEはアレで満足しちゃったんですかねえ。
まあ、バンドを続けるというのは人間関係から経済的な問題までなかなか色々な意味で難しいことではありますが。

>NOV-LYNNさん

それは簡単で、X JAPANよりLUNA SEAや(初期)黒夢の音楽の方が真似しやすかったからに尽きると思います。
あれほど売れても何気に真似のしにくいL'Arc-en-Cielのフォロワーってほとんどいないでしょう?

LUNA SEAの好きな曲はベタですが「Rosier」ですね。
他にも「SANDY TIME」や「ANUBIS」、「Dejavu」、「Loveless」、「gravity」なんかが好きですね。
コピーバンドをやったこともあるくらいですから(真似しやすいですからね!/笑)、好きな曲は多いですよ。

DRAGON違い

DRAGON違いだけどそのDRAGONLANDが来月11月に4年ぶりとなる久々の新譜リリースするようです。AMARANTHEで大ブレイクしたオロフ(G)のバンドとはとても思えねー(笑)!
って逆か(爆)。DRAGONLANDで培った経験をAMARANTHEに。
メロスピファンは「それはDRAGONLANDでやってくんない?」という思いでしょう。個人的にはメロデスも好きで両方好きなのであまり拘りません。
ARCH ENEMY、IN FLAMESに続くスウェディッシュ・メロデス・バンドとして期待してます。
ただ4年も空いてAMARANTHEで華々しくデビューしたので、DRAGONLANDはもう完全に終わったと思いました。

>ストラディキャスターさん

私もDRAGONLANDは終わったと思っていました(笑)。
ていうかあのイモ臭いバンドの人がAMARANTHEの中心人物というのがにわかには信じがたいのですが(笑)。

でもまー、実際の所AMARANTHEが本格的にブレイクするようになったらDRAGONLANDなんてアホらしくてやってられなくなるでしょうね。

オロフはNIGHTRAGEでもアルバム出しましたよね。
DRAGONLANDは12月21日に発売延期だそうです。
PRAYING MANTISのリレコ作も同日に延期。
こうなると12月は10月以上のリリースラッシュになりますよ。
欲しいアルバムが10作品以上あります(汗)

>学生メタラーさん
情報ありがとう(^^)。ちょうどサイト見ててよかった。
ってもあんま期待してないんだよなー(苦笑)。
試聴しに行くかどうか迷ってたところだ。

>adoreさん
HELLOWEENの7SINNERS輸入盤未開封を在庫確認したら渋谷パンク・ヘヴィメタル館にありました。取り置きしてもらって早速渋谷駅に降り立つ。
ついでにタワレコ渋谷店に寄ってみるとなんと50~60前後のオバハンばかり。「何事?」と思って見てみるとMP2だかMP3だか、日本でブーム巻き起こしてJ-POPの人気をありがたく下げてくれちゃっている韓国アーティストのイベントが開催されてました。
1Fに衣装やら小道具やらも展示して、デジカメでバッチリ撮影。
「オバハン邪魔なんだよコルァ!」…って言いたいんだけどなぁ。多分「あんたが邪魔なのよ!」って袋叩きでしょう(笑)。
3F Rock&Popに行ってハロウィンのコーナー確認。
なんとアルバム数点に万引きの技術と思われるカッターの切り跡が…。CD傷になってるよ。おいおい、王者ハロウィン様のCDに何してくれてんだよ。これじゃ買う気しねぇな。たまにあるんです。
その後、渋谷パンク・ヘヴィメタル館に向かい無事GET。帰って早速開けて…んなにぃー!歌詞が入ってない…。
ブックレットに歌詞が載ってないって事は国内盤も「歌詞」は多分”解説と一緒で別冊”になってます?国内盤買わなかったから罰が当たったのかも(笑)。「聴くこと」が目当てなんでいいんですけどね。極端な話通常盤になったら買い直しますよ。
散々な半日でした。文章長々すいません…。
ディスクユニオン渋谷・パンクヘヴィメタル館の皆様、いつもお世話になっておりますm(_ _)m。

>学生メタラーさん

10作品は多いですね(笑)。
まあ、何でもかんでも発売日に買う必要はないでしょうし、優先順位をつけてより欲しいものから順番に買っていけばいいのではないでしょうか。

>ストラディキャスターさん

デジパックみたいな特殊仕様がお嫌いなんですね。
まあ、私も管理上邪魔なのであまり好きではないですが。

しかし昔のアルバムであればともかく、最近のアルバムで歌詞がないってのは珍しいですね。