MEGADETHの新作「TH1RT3EN」のチャート成績

日本ではなんとなく賛否両論っぽいMEGADETHのニュー・アルバム「TH1RT3EN」の各国におけるチャート・アクションは以下の通り。

カナダ:8位
フィンランド:8位
アメリカ:11位
日本:11位
オーストラリア:13位
スウェーデン:18位
スイス:23位
ハンガリー:24位
ドイツ:25位
オーストリア:28位
ノルウェー:32位
イギリス:34位
オランダ:42位
アイルランド:43位
フランス:49位
ベルギー:83位

アルバムの内容同様、ややアグレッシヴさを欠くチャート成績です。
アメリカの順位が前々作「UNITED ABOMINATIONS」(8位)、前作「ENDGAME」(9位)と、誤差の範囲ながら確実に低下傾向を示しているのが気になります。

まあ、先日全米8位にランクインしたDREAM THEATERの新作「A DRAMATIC TURN OF EVENTS」の全米初週セールスが本作「TH1RT3EN」以下であったことを考えると、単に出すタイミングが悪かったということなのだろうと思いますが。

DREAM THEATERの「A DRAMATIC TURN OF EVENTS」といえば、あのとき日本のオリコン・チャートも8位で全米チャートと同じ順位でしたが、本作もアメリカと日本の順位が一緒ですね(ただの偶然でしょうけど)。

◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=165857
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自分にとっては今回のアルバムは微妙でした。「COUNTDOWN TO EXTINCTION」というより「THE WORLD NEEDS A HERO」に近いかなと感じました。

正直、BIG4の方々よりも彼らに影響を受けた少し後の世代(OVERKILLやEXODUS等)の方が、エキサイティングな作品を作っていると思います。

彼らはBIG4ほど成功していないので殺気立って、作品にも影響しているんですかね(笑)。

賛否が分かれるアルバムですが、私は賛同します。

ミドルテンポの楽曲が中心ですが、ギターリフにインパクトがあり、
その効果なのか、楽曲を彩っていて完成度の高いアルバムだと思います。
MEGADETHにかつてのスラッシュメタルを求めるのは、もはや幻想ではないかと。

現時点でコンスタントにアルバムをリリースしていて、
安定したバンド活動を行っているのではないでしょうか。
セールスの結果次第で、下降していく恐れも否めませんが...。

>小梅さん

たしかにOVERKILLやEXODUSの方がスラッシュ・メタルとしてはより攻撃的なサウンドを出していますね。
攻撃性を抑えたからこそ、MEGADETHは商業的に成功したのかもしれませんが。

>メタライヴさん

なまじ前作でちょっとスラッシュ復活の幻想を見せてしまっただけに、それとの比較によって否定的な意見が聞かれるのかもしれませんね。
相変わらずリフの切れはいいし、ベテランらしい安定感のある作品だと思います。