今日はメタルの日!

アメリカの音楽チャンネルVH1によると、本日11年11月11日は「国民的メタルの日」なのだそうです。
察するに、111111という数字の並びが、メロイック・サインを掲げるオーディエンスを連想させるからではないかと思われます。

そしてこの特別な「メタルの日」(?)に、ロック/メタル・ニュースサイト「Loudwire」が70年代から00年代におよぶ40年間各年代におけるHR/HMのベスト11枚を選出しました。

そのセレクトは以下の通り。

【70年代】
01. BLACK SABBATH "BLACK SABBATH" (1970)
02. JUDAS PRIEST "HELL BENT FOR LEATHER" (1979)
03. BLACK SABBATH "PARANOID" (1970)
04. DEEP PURPLE "MACHINE HEAD" (1972)
05. KISS "KISS" (1974)
06. AC/DC "HIGHWAY TO HELL" (1979)
07. MOTORHEAD "OVERKILL" (1979)
08. RAINBOW "LONG LIVE ROCK 'N' ROLL" (1978)
09. ALICE COOPER "SCHOOL'S OUT" (1972)
10. JUDAS PRIEST "SAD WINGS OF DESTINY" (1976)
11. SCORPIONS "LOVEDRIVE" (1979)

アメリカでのサバス評価の高さを感じますね。
LED ZEPPELINは「HR/HMの枠には収まらない」という解釈なんでしょうか。

詳細はこちら。
http://loudwire.com/top-11-metal-albums-of-the-1970s/

【80年代】
01. METALLICA "MASTER OF PUPPETS" (1986)
02. AC/DC "BACK IN BLACK" (1980)
03. GUNS N' ROSES "APPETITE FOR DESTRUCTION" (1987)
04. SLAYER "REIGN IN BLOOD" (1986)
05. OZZY OSBOURNE " BLIZZARD OF OZZ" (1981)
06. IRON MAIDEN "THE NUMBER OF THE BEAST" (1982)
07. JUDAS PRIEST " BRITISH STEEL" (1980)
08. MEGADETH "PEACE SELLS...BUT WHO'S BUYING?" (1986)
09. MOTLEY CRUE "SHOUT AT THE DEVIL" (1983)
10. DEF LEPPARD "HYSTERIA" (1987)
11. DIO "HOLY DIVER" (1983)

このメタリックなチョイスの中で食い込んできたDEF LEPPARDの「HYSTERIA」はすごいな。
でもBON JOVIなんかは「HR/HMではない」という解釈なんでしょうね。

詳細はこちら
http://loudwire.com/top-11-metal-albums-of-the-1980s/

【90年代】
01. PANTERA "VULGAR DISPLAY OF POWER" (1992)
02. SLAYER "SEASONS IN THE ABYSS" (1990)
03. METALLICA "METALLICA" (1991)
04. MEGADETH "RUST IN PEACE" (1990)
05. TOOL "AENIMA" (1996)
06. ANTHRAX "PERSISTANCE OF TIME" (1990)
07. ALICE IN CHAINS "DIRT" (1992)
08. JUDAS PRIEST "PAINKILLER" (1990)
09. CORROSION OF CONFORMITY "BLIND" (1991)
10. KORN "FOLLOW THE LEADER" (1998)
11. SEPULTURA "ROOTS"

やはりこの辺から日本のHR/HMファンの感性とはちょっとズレてきますね。
ANTHRAXのこのアルバムを評価するかどうかが感性の分かれ目でしょうか。

詳細はこちら
http://loudwire.com/top-11-metal-albums-of-the-1990s/

【00年代】
01. SYSTEM OF A DOWN "TOXICITY" (2001)
02. SLIPKNOT "IOWA" (2001)
03. IRON MAIDEN "BRAVE NEW WORLD"
04. TOOL "LATERALUS" (2001)
05. CHILDREN OF BODOM "FOLLOW THE REAPER" (2000)
06. OPETH "BLACKWATER PARK" (2001)
07. AVENGED SEVENFOLD "WAKING THE FALLEN"
08. SHADOWS FALL "THE ART OF BALANCE"
09. MASTODON "LEVIATHEN" (2004)
10. CONVERGE "JANE DOE" (2001)
11. AS I LAY DYING "FRAIL WORDS COLLAPSE" (2003)

2004年でHR/HMを聴くことを止めてしまった人が選んだんでしょうか(笑)。
A7Xとか、SHADOWS FALLとか、AS I LAY DYINGとかどう考えてもこれじゃないでしょ。
やはりこの辺からアメリカのメタル・ファンも北欧のバンドを無視できなくなったということですね。

詳細はこちら
http://loudwire.com/top-11-metal-albums-of-the-2000s/

全体的には欧州メタルを好む私のような人にとっては「ああ、アメリカ人のチョイスだね」という印象。
とはいえそんなにもの凄い違和感はないです。

100年に一度の「メタルの日」ですから、皆さんも「自分の世代」のベスト11を考えてみるのも、週末だけにいい酒の肴になるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

00年代の5番目が「HATE CREW DEATH ROLL」ではなく「FOLLOW THE REAPER」が選ばれているところが面白いですね。
アメリカの人はもっとラウドな音を好むという偏見があったので・・・。

70年代はやはりBLACK SABBATHとJUDAS PRIESTが占めてますね。80年代からはスラッシュ・メタルが台頭している事が一目瞭然ですね。00年代からはSLIPKNOTが出てるのは順当なんですが、やはりCHILDREN OF BODOMはどう考えてもアメリカ市場を意識して"HATE CREW DEATH ROLL"をリリースしたにも拘らず、"FOLLOW THE REAPER"は納得いきません(笑)。どうせなら"Hatebreeder"も一緒に入れていただきたかった。

面白いランキングですね。
自分の感性がアメリカ人寄りなのが分かりますw

でも90年代にCATHEDRALがいないのと、00年代にSOULFLYがいないのは納得がいかn(ry

zepがないのはともかく、ヴァン・ヘイレンがいないのが驚きです

こうゆうの好きです。

adoreさんの各世代のベスト11が知りたいです。

まとめてお返事

>小梅さん
そうですね。「FOLLOW THE REAPER」のようなクサメロ満載の作品が選ばれていたことは私にも意外でした。


>人さん
評価が定まってから選ぼう、なんて姑息なことを考えるくらいなら2000年代ベストなんて初めからやるなよ、って感じですね(笑)。


>ストラディキャスターさん
個人的には「FOLLOW THE REAPER」大好きなのでこれはこれでアリですが、「HATE CREW DEATHROLL」も名盤だし、むしろアメリカ人好みのような気がするんですけどね。


>cthuさん
まあ、他人の作るランキングに納得いかない部分があるのはむしろ当たり前でしょう。
cthuさんのような「アメリカ志向」の方が当ブログのような「非アメリカ志向」のブログをコンスタントにご覧いただいているのはちょっと不思議な感じですね(ありがたいことですが)。


>名も無きメタラーさん
あー、そういえばVAN HALENがいないのは不思議ですね。
「1984」やサミー・ヘイガー時代はこのランキングの傾向からして無くてもおかしくないですが、デビュー作は「鉄板」な感じがしますよね。


>ゆうていさん
真剣に選ぶと時間がかかりそうなので、リクエストがたまったらにします(笑)。

仰る通り、違和感はあまり無いチャートですね。個人的には80年代は文句のつけようが無いが、HELLOWEENのキーパーがあっても良かった(米国のチャートなら無理か)
話題は変わりますが、ANGRAのエドゥの無期限活動停止。現行のアルバムを出す前に決着つけるべきだったかなって気がしました。6枚目のオーロラ~の時から危うかったですから。しかしアルマーの新譜は素晴らしかったので、ANGRAというバンドに求める期待の高さに見合うだけのパフォーマンスが出来なくなったと考えるべきでしょうか。キコとラファエルがいれば問題ないという考えには同意ですね。
今月はCD3枚くらいで抑えられそうです。B誌の光剣、メジャー・デビュー・シングルの広告はインパクト大!Fuki嬢が眩しい。
欲しいのはEXMORTUS、ICEDEARTH辺りかな~。今月のグレイヴ・ワームの新譜は良質な作品ですが、やはりシンフォニック度を増して欲しいというのが正直な主観。
編集後記見て、メタリオンを買い忘れていた事に気づき、慌てて購入(もうほとんどの店に置いていない)、肝心な中身は割りとそうでもない。メタリオンって実は買うことに意義があるって知ってました?(冗談です)
これから年末商戦が始まり、ゼルダ、FF、モンハン(予約済)と畳掛けて来る。もういい加減年なんだからCD同様自重しようかなと、、、

僕も知りたいに1票です(笑)

2004年4月4日に作っておいたランキングだから2004年までの作品しかないのかもしれませんよ(笑)

A7Xは「CITY OF EVIL」か「AVENGED SEVENFOLD」ですよね。
ただ、A7Xってアルバム聴いてるとダレるんですよね。次作ではそこを改善していいアルバム作って欲しいです

同じアメリカ人でもProgPower USAの常連みたいな人達に選ばせたら全然違う結果になりそうですね。ずっと疑問に思っていたのですが、なぜアメリカではシンフォ/メロスピ系は人気ないんでしょうか?
あの欧州特有の湿った感じが気に入らないのかな・・・。

まとめてお返事2

>フィンさん
最近のメタリオンは単なる旧作カタログと化していて買う意味を見つけられません…。


>B!13さん
せめて06年6月6日に作ってほしかったですね(笑)。
A7Xは、まあ普通に考えたら「CITY OF EVIL」だと思います。個人的にはセルフタイトル作の方が好きですが。


>学生メタラーさん
ProgPower USAというのは現地では超マニア向けのかなり小規模なイベントらしいですから、もの凄いマイノリティな意見になるでしょうね(苦笑)。

私はアメリカに詳しいわけではないのでわかりませんが、アメリカでは音楽的嗜好が確立される少年時代までにあまりああいう叙情的な音楽に触れる機会が少ないのかもしれませんね。

日本でも普通に生活してたらその手の音楽に触れる機会なんて稀でしょw
そもそもアメリカでも北欧でも日本でも音楽の土壌が違うんですから嗜好が違うのは当然でしょう

90年代はグランジブームによる「メタル冬の時代」が影響したのか、10位のNU-METALブームを起こすKORNまでごそっと開いていますね。アメリカのメタラーもグランジは別物でメタルは死に体だったという認識の人達が多くなってきたのでしょうか?
それからKORNと並んでNU‐METALの代表だったLIMP BIZKITのアルバムが一つも入っていませんねぇ(苦笑)。やっぱり嫌われているのかな。ハードコア出身のストーナーメタルCORROSION OF CONFORMITY のBLINDが90年代のベスト11に入っているのは嬉しいですね。僕はこの70年代ルーツの土臭いメロディを愛聴していたので。

ここで挙がってもいないのにいきなりリンプとか叩きだす人って何なんだろ?
ラウパのことまだ根に持ってるのかな?
女々しい

すいません。リンプを叩きたいわけではないです。ただ90年代末から0年代初頭にかけてのNU‐METALブームを起こしたバンドがチョイスされていないのはおかしいので、「もしかして欧米のメタラーからも嫌われているのかなぁ。」と邪推しただけです。

どこの国でもメタルに触れる機会が少ないのは重々承知です。
私が気になってるのはメタルを聴くアメリカ人の中でその手のジャンルを好む人の比率の少なさです(日本や欧州は比較的多い)。
引っかかる書き方する人だなあ。

「あれも選ばれてない」でいうとエアロスミスもいないですね。
黄金期が2回あるからかな?ヴァンヘイレンもそれなら説明つきますし・・・
いや、キッスも2回あるな・・・分からん(笑)

北欧メタル好きのadoreさんの選ぶ80'Sベストとか見てみたいです(笑)お暇なときでもいいんで

まとめてお返事3

>名も無きメタラーさん
私が言っているのはメタルの話ではなく、幼稚園や学校の授業で聴かされる/歌わされるような音楽や、アニメやゲーム、テレビ番組などで普段耳にする音楽、そして日本のポップスがアメリカのそれに比べて叙情的なメロディを持っているのではないか、ということです。

そういう「生活の中で自然に耳にする音楽」の違いが地域ごとの嗜好性(メタルを含めた音楽全般の)の違いを生んでいるのではないかと思っています。


>通りすが郎さん
グランジ/オルタナティヴはHR/HMのバリエーションのひとつではなくアンチテーゼである、というのが今となっては国際的な共通認識になっているみたいですね。
バンドのセレクトについてはこのランキングを作った人の主観でしょう。


>名も無きメタラーさん
まあ、名前が挙がるのはビッグな証拠ということで、あまり被害妄想にならず穏便に…。


>学生メタラーさん
たぶん、このコメントの冒頭に書いた私の文意が伝わらなかったのだと思います。


>NOV-LYNNさん
AEROSMITHもBON JOVI同様「大衆に売れすぎた」んじゃないですかね(苦笑)。
そうするとDEF LEPPARDの説明がつきませんが、まああくまで選んだ人の主観によるセレクトだと思うので論理的整合性を求めることに無理があるのではないかと…。

80年代なら北欧メタルは3枚くらい入ってきますかね…。
まあ、なんとなく考えてはみたので、機会があればこっそり書きます。

ひっそりと追記しましたね(笑)

Xの「BLUE BLOOD」は名曲揃いですよね。
でも最初に買ったのが「JEALOUSY」なのでそっちの方が僅差で好きです。
ちなみにXで一番好きな曲は今の気分だと“Rose Of Pain”かな?

80年代にLOUDNESSが入ってたのがなぜか嬉しかったです
2,3期はライブ盤も全部ありますが1期のオリジナルアルバム一枚も持ってない(笑)
僕は好きな曲は1期に多いですけど、「この1枚」なら「LOUDNESS」ですかね。

>B!13さん

この追記に気付いたのはB!13さんだけかもしれませんね(笑)。
まあ、私的ランキング作りなんてフツーはチラシの裏にでも書いておくべきものですから、あまりおおっぴらにするものでもないかと。

Xの「JEALOUSY」は私も勿論大好きです。90年代の裏1位かもしれないくらいに。

第一期LOUDNESSは一般的には「撃剣霊化」だと思いますし、個人的にも大好きですが、あえて一枚選ぶなら「HURRICANE EYES」ですね。

久しぶりにコメントさせていただきます(毎日見させていただいてますが)。
00年代ベストの記事で、各年代ベストやオール・タイム・ベストもぜひ…なんてコメントさせていただいた僕にとってびっくりな内容が、さりげなく追記されているじゃないですか!
あやうくスルーするところだった…チラ裏なんて言わずもっとおおっぴらに記事にしてください(笑)。

なるほどと納得のいくランキングです。
とりあえず「Loudwire」のランキングよりはadoreさんのランキングの方がずっと僕の好みには近いです。
Helloweenがど~んと居るのは嬉しいですし、Europeあたりがあるのもイイですね(個人的には僅差で2ndかな~というところですが)。
真および裏(候補)の1位がXなのも共感できます。

こうなると曲のランキングも見たいですね…。
機会があったらぜひお願いいたします。大変勉強になりますし。

>Endさん

お久しぶりですね。「卒業」されたのかと思っていましたが毎日見ていただいていたとは恐縮です。

ただの一個人が特になんの脈絡もなく「俺の作ったランキング見てください!」とドヤ顔でブログ記事にするのはいささか羞恥心が…個人的にはそこまで厚顔になれないです(笑)。

曲のランキングはさらに難しいですね。
ひょっとしたら今後書く機会があるかもしれませんが、きっと勉強にはならないと思います(笑)。

謙遜ではなく、私は「知る人ぞ知る名盤・名曲」みたいなものよりは、割とみんな知ってるメジャーどころが好きなので。

Σ( ̄□ ̄)!

リクエストに応えて下さりありがとうございますm(._.)m。

私がBURRN!!を読み始めた頃、80年代の名盤メジャー&マイナー特集が有り大変参考になりました。

数多くのHR&HMを聴いているadoreさんのランキングもまた同様に勉強になります。

ひっそりと追記だなんて勿体無いですよ(^^)。

私も70年代はプログレを入れないとなると、飛行船か深紫位しか聴いているのが無くて選出するのに難儀してしまいますな。

>ゆうていさん

リクエストをいただいたゆうていさんに気付いていただけてよかったです(笑)。

私のランキングはメジャーなものばっかりで、マイナーなものや「隠れた名盤」みたいなものがないので、ある程度以上HR/HM歴がある人にはなんの参考にもならないと思いますが…(笑)。

70年代は難しかったですね。
KISSやAEROSMITH、VAN HALENなどのアメリカン・ハード・ロックが好きであればもう少し幅が出たと思うのですが。