元/現DOKKENのメンバーによる新バンド?

ジョージ・リンチ(G)、ジェフ・ピルソン(B)、ミック・ブラウン(Dr)が、TOOTH AND NAILという新しいバンドを結成、DOKKENの過去の名曲のリメイクと新曲によるアルバムをレコーディング中、来年の早い時期にリリースするそうです。

TOOTH AND NAILといえば、DOKKENの名盤として知られるセカンド・アルバムのタイトルとしてファンにはおなじみの響き。
このメンバーで、この名前、これはもう確信犯ですね。

てかミックは今でもDOKKENのメンバーでしょ? いいの? クビ覚悟ってやつですか?(笑)

現在シンガーの名前は明かされていませんが、DOKKENの名バラード「Alone Again」のリメイクではセバスチャン・バック(元SKID ROW)がゲスト・ヴォーカルとして参加しているそうです。

ハブにされたドン・ドッケンのコメント/インタビューが今からとても楽しみです(笑)。
LOUD PARK 09でのあの惨状を目にしてしまうとハブにしたくなる気持ちはよくわかりますが(笑)。

◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=167310


レブ・ビーチ在籍時のしかマトモな映像がありませんでした。LOUD PARK 09のときにもせめてこれくらい歌えていれば…。
レブはWHITESNAKEのときより輝いてる。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

これは

つい笑ってしまった(笑)
ドンにとっては悲しいニュースですね。彼が何てコメントするか楽しみ~

>IOさん

まあ、ドンは悲しむというよりは怒ると思いますが(笑)。
ドン・ドッケンのインタビューは毎回面白いので、次回も楽しいことになりそうです(笑)。

はじめまして。
今まで、楽しく読ませていただいておりました。

私は、以前、ドッケンのファンで、99年レブ・ビーチ在籍時の来日公演を観ましたが、その時既に高音は出なくなっていて、低いメロディーに歌い替えて歌っていました。
伸びやかな透明感のあるボーカルがドンの魅力だったのに…と、悲しかった記憶があります。

加齢による声の老化は、ある程度、仕方がないのかもしれませんが、ドンのようなボーカルは、死活問題ですね。

改めて、先日来日したエアロスミスのスティーヴン・タイラーの63歳とは思えない、現役感バリバリの、パワフルなパフォーマンスとボーカルは、まさに「ミラクル」だったなぁと思います。

性格の悪いドンの今後の発言が、かなり楽しみです(苦笑)

ドン・ドッケンのインタビューはうろ覚えですけど
「80年代に自分以外の三人がDOKKENを乗っ取ろうとしていた」みたいなことを
喋ってたのしか印象になくて、「可哀想な人」なイメージでした。
で、今回もハブられてやっぱりかわいそうです(笑)
バズはSKIDROWを再結成するかSKIDROWの1stみたいな方向でソロアルバム作って欲しいですねぇ。

>happychildsさん

んー、でもドンの場合はやはりスティーヴン・タイラーほど声を維持する努力をしていなかったんじゃないかと思いますよ。
やっぱりスティーヴンのプロ意識は凄いな、と私も先日の来日公演を観て感銘を受けました。

ドンの発言は楽しみですね(笑)。

>B!13さん

B!13さんは先日ハリケーンで家を失ったセバスチャン・バックにもかわいそう、と言っていましたが、多分自業自得な部分もあるドン・ドッケンにさえかわいそう、とおっしゃるとは、優しい性格なんですね。

SKID ROWは再結成しても1stのような作品は出さないような気がするので、ソロをあの方向性にシフトチェンジしてくれることに期待したほうがいいかもしれませんね。