映画『オジー降臨』感想

ozzy_movie.jpg

オジー・オズボーンのドキュメンタリー映画「オジー降臨」を観てきました(この文章を書いているのは18日ですが、観に行ったのは公開初日である昨日17日です)。

場所は昨年の今頃「極悪レミー」やOUTRAGEのドキュメンタリー映画を観に行ったシアターN渋谷。

聞く所によるとやはりロック好きな人が関係者にいるみたいですね(その際聞いた話ではメタルというよりはパンク/ハードコアを好む方のようですが)。

オジーの息子であるジャック・オズボーンの企画・製作による映画ということで、単なる親の七光り映画になっているのではないかと思っていたが、やはりオジー・オズボーンという個性が圧倒的なインパクトを備えているため、なかなかに面白い。

BLACK SABBATHでの若くしての成功から、酒とドラッグに溺れる日々、そしてクリーンになった現在まで、家族やスタッフ、過去のバンドメンバー、オジーに影響を受けたミュージシャンたちのインタビューを交えつつ振り返る。

BLACK SABBATHのサウンドがああいうものになった理由が、いつも映画館の前のスタジオ(?)で練習していて、人々がわざわざ怖い映画を観に映画館へ足を運ぶのを目にしていたトニー・アイオミ(G)が「怖がらせるような音楽をやろう」と言い出したことがきっかけであるとか、当初トニー・アイオミは同じ学校の「ウザいヤツ」だったオジーをバンドに入れたくなかったが、当時高価だったPAをオジーが持っていたことが加入の決め手になったこと、BLACK SABBATHで最初にもらったゴールド・ディスクではオジーの名前 のスペルが間違っていた(OSSIEになっていた)ことなど、ひょっとしたらオールド・ファンなら知っているのかもしれないが、私にとっては初めて知るネタもいっぱい。

圧巻なのはそのドラッグやアルコールへの溺れっぷりで、私のようにあまり酒が強くない人間にはホントなんで生きてるのか不思議なレベル。TV番組「オズボーンズ」が大ヒットしたのなんてほんの10年くらい前だと思いますが、その時点でもあれほどラリってたなんて驚きです(私は観ていなかったので)。

トミー・リー(MOTLEY CRUE)が語る、オジーとニッキー・シックス(MOTLEY CRUE)が高級ホテルのプールサイドに放尿し、お互いの小便をなめ合い、部屋に戻ると今度は部屋に脱糞、その排泄物をホテルの壁に塗りたくる…なんて話を聞くとそのクレイジーっぷりに私のような「日本の真面目な(?)サラリーマン」としてはあきれるを通り越してドン引き(笑)。

両親や兄弟など家族は割と普通そうな人なのにどうしてこんな風に育ってしまったのか。

失読症の劣等生でいじめられっ子だった人間が短期間に若くして大成功してしまったことで精神的なバランスを失ってしまったということなのでしょうか。

BLACK SABBATH時代からソロの時代まで、貴重なライヴ映像も多く、そういう意味でも楽しめる。
中でも「DIARY OF A MADMAN」ツアーの様子がカッコよくて、この時期に観たかったなあ、と思いました。

ジェイク・E・リーが一切出てこないのが、あの時代のオジーがかなり好きな人間としては残念ですが。

今では酒もドラッグもタバコもやめて5年になり、エアロバイクをこいだり縄跳びをしたりとエクササイズに努め、ステージ前には発声練習も欠かさない様子が映し出され、それはいささか滑稽にも映るのだが、そういった地道なケアに目覚めたことが還暦を過ぎた今でもツアーを続けられる理由なのだろう。

こういうクレイジーな人間はもう少なくとも先進国から出てくるとは思えないあたり、やはりオジー・オズボーンはHR/HMのみならず、ロック史上のレジェンドと呼ぶべき存在なのだと思います。

ちなみに17時の回に行ったのですが、初日だというのに結構ガラガラ。102席というキャパの半分どころか3割くらいしか埋まっていなかったかも。

映画のパンフレットは初日に来場した人だけにプレゼントされるはずだったのですが、かなり余っているのがチケットカウンターごしに見てとれ、案の定というかその後も先着順でプレゼントされることになったようです。

◆映画『オジー降臨』公式サイト
http://www.ozzy-movie.com/

◆シアターN渋谷 公式サイト
http://www.theater-n.com/movie_ozzy.html





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

何かの記事で読みましたが、科学者が検証したところ、オジーの遺伝子は酒に強いように出来ていることが分かったそうです。だから普通なら死んでいる量を浴びるように飲んでも大丈夫だそうな。
ただし、そんな飲んだくれ遺伝子でも構造的にカフェインには弱いらしいのですが、酒に強くてカフェインに弱いとはこれいかに。コーヒー飲むとひどいことになるんですかね?^^;

オジー最高

自伝で少し読んだけど、相変わらずさすがのクレイジーぶりですね(笑)。
心理学的には人間がおかしくなる原因は"いじめ"がほとんどだそうです。
日本は自殺者が3万人と世界でも群を抜いて多いですよね。
"いじめ"と"自殺"の件数は比例しているようです。
ガイジンに聞いても日本における目立った暗い話題は「"いじめ"と"自殺"だ」と答えるようです。

ただホテルで放尿したり脱糞したりしたのは恐らくその時点でラリってるでしょう。部屋でマリファナやコカイン等の強い薬でもやったんでしょう。
俺はしませんよ(笑)。自由のないブタ箱の中で暮らさなきゃいけなくなりますからね。
オジーが本当にタバコ・酒・ドラッグを止めたのかは半信半疑ですね。俺は今でもたまに酒は飲みたくなるけど。
タバコとドラッグは一切やってません(笑)。

この映画見たいんですがうちの地域ではやらないんですよね。一応三大都市なのに…

アーティストそのものにはほとんど興味を抱かない私でもつい見たいと思わせる辺りもオジーさんの魅力なのかもしれません。

>まとめてお返事

>cthuさん
酒に弱い私としてはちょっと羨ましい遺伝子ですね(笑)。
カフェインに弱いというのは、やたらと目が冴えて眠れなくなってしまったりするということなのではないかと勝手に思っています。


>ストラディキャスターさん
オジーの「いじめられていた」というのは日本人の感覚とはちょっと違いそうですが、いずれにせよ自尊心や自信を失わせるような学生時代を過ごしたようですね。

酒が飲みたくなるのは度を越さなければ別にいいんじゃないですか?


>patoさん
名古屋にお住まいですか。新潟で上映されるのに不思議ですよね。
まあ、この手のあまり儲からなそうな映画は上映館にロックが好きな人がいるかどうか、みたいな点に左右されそうですが。

多分、オジーのことをある程度知っていれば、彼の音楽に興味がなくても楽しめる映画だと思います。

紛らわしい&些細なことですみません

あ、普段はアーティストの私生活等には興味がないということです(Anvilの映画には惹かれませんでしたたし…)。そんな私でも惹き付けられる生き様ですね。
オジーさんの「作品」は好きです(初期は特に)!

>patoさん

コメントの意味を読み取れていなかったようで失礼しました。
特にHR/HMミュージシャンはあまりキャラの強い人が多くないだけに、オジーのような人はやはり存在感が際立ちますね。