オジー・オズボーンのバンドにガス・Gが加入

ザック・ワイルド(G)が脱退するとかしないとかあれこれ噂になっていたOZZY OSBOURNE BANDにガス・G(元DREAM EVIL, NIGHTRAGE, MYSTIC PROPHECY~現FIREWIND)が加入することがガス・Gが使用するアンプのメーカー・Randall AmplifiersのFacebookで報じられました。

8/21~8/22にカリフォルニア州アナハイムで開催されるイベント・BlizzConでデビューを飾るそうです。

BLABBERMOUTH.NETに寄せられたコメントの多くは「ザックは良かったが、オジーは新しい血を入れるべきだ」という感想で、この人事を歓迎する向きが多いようです。

ガス・Gは英米ではほぼ無名だけにこの好意的な反応はちょっと意外でしたが、まあランディ・ローズにジェイク・E・リー、そしてザック・ワイルドといった歴代のOZZY OSBOURNEのギタリストはオジーの下でプレイするまでは無名であっただけに、逆に期待値が高いのかもしれません。

個人的にもOZZY OSBOURNEの前作「BLACK RAIN」はすこぶる退屈だったので(ついでに言うなら前々作「DOWN TO EARTH」も…)、そろそろ潮時かなー、と思っていました。

とはいえ、ガス・Gは良いギタリストだとは思いますが、個人的には「凄いギタリスト」だと思ったことはなく、ランディやジェイク、ザックといった「ギター・ヒーロー」と呼ばれた面々と比較されるこのポジションを務め上げることができるのかはまだ未知数。

技術的には非常に高度なものを持っていながら、結局定着することができなかったジョー・ホームズの二の舞にならないといいのですが…。

まあ、ガス・Gはガス・Gで、老い先短く、スローペースでの活動にしかならないと思われるオジーのバンドでプレイすることは自身のバンドであるFIREWINDのプロモーション、くらいに考えていたりするかもしれませんが。

しかし、誰がガスをオジーに推薦したんでしょうかね?
オジーがFIREWINDやDREAM EVILを知っていたとも思えないのですが。

いずれにせよ、ちょっと噂に挙がっていたジョン5(元MARILYN MANSON)ではなくガス・Gを新たなパートナーに選んだということは、オジーにトラディショナルなメタルをやる気がある、ということだと思うので、次のアルバムには期待したいと思います。

◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=125635
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック