年間ベスト選出の葛藤

2011年の年間ベストをようやく本サイトに掲載しました。

他のレビューサイトさんが年明け早々に公開されていたことを考えると、今更感は否めません。

別に個人サイトだし、いつアップしようが俺の勝手だし、という思いもありつつ、これだけ毎日見に来て下さる方がいるということは、自惚れたことを考えると中には楽しみにしてくれていた方もいるのかな、などと思い、そういう方にはお待たせしてすみませんでした、と謝っておきたいと思います。

言い訳をすると、今年は12月にリリースが多くて、それらを聴き込み、評価するのに時間がかかってしまったんですね。年末年始は何かと忙しいので。

さらにぶっちゃけると、私自身他のサイト/ブログさんの年間ベストは結構楽しみにしていて、毎年そこで「昨年聴き逃した良作」を見つけていたりするのです。そしてそれが自分の年間ベスト作成にあたって影響することもある、と。

まあ、後出しジャンケンみたいな話でカッコ悪いのですが、私は多分こういうサイトをやっている人間にしてはあまり新作をたくさん聴いている方ではないので(というかむしろできるだけ購入する新譜は厳選して絞っていきたいと思っていたり)。

ちなみに今回の「昨年聴き逃していた良作」はSHYのアルバムでした。中心メンバーの遺作であるという感情補正を抜きにしても素晴らしいメロディアス・ハードの傑作ですね。

そしてもうひとつぶっちゃけると、近年は昔ほど「ランク付け」に情熱を持てなくなっているんですよね、正直。

もちろんこれは良かった、という印象は明確にあって、昨年良かったアルバム・楽曲を思い浮かべようとすると、候補となる作品はある程度絞り込まれて浮かんできます。

ただ、それを順位付けするのはかなり難しいというか…「どれも良かった」でいいじゃん、という気分になり、良かった作品の中で「どちらがより良かったか」ということを厳密に考えることが不毛に思えてしまうんですよね。

とはいえ、他人様の作ったものを「なんとなく」で順位付けするのも憚られるというか…そのアルバムを「1番!」と思っている人もいるはずなのに、それを4位とか8位にするには、それより上に位置づけられているものと比べて自分の中で何が不満だったか、という明確な理由がなくては失礼、というような思いもあったりして。

…いや、そんな理由は見つからないことの方が多くて、結果的には「なんとなく」で選んでいるんですけどね(苦笑)。

じゃあまた何でそんな大変な思いをして年間ベストなんか選ぶのか。嫌々選ぶくらいなら止めちまえばいいじゃねえか、という声もあると思いますし、私もこれまで何度もそう考えました。

そこで自分が単なる他のサイトの読者だった頃に立ち返ると、やっぱり結構楽しみだったんですよね、年間ベスト。
自分と趣味が似ているサイトであれば、そこに載っているアルバムには外れが少なくて、購入ガイドとして参考になりますし。

そういう意味では、一種の読者サービス的な気持ちで作るべきコンテンツと捉えていますね。

さらに、サイトの作り手になった今になるとわかるのが、個々のレビューより、年間ベストの選出の方がより主観というか、個人的な嗜好が強く出やすくて興味深いというか。

レビューだと、演奏が上手くてサウンドプロダクションが良くて楽曲の平均点が高いアルバム(ある程度キャリアのあるバンドはだいたいそうですね)って、どうしても貶しにくいんですよ。

ただ、そういうアルバムが個人的にツボるかどうかは別の話で。

逆もまた真なりで、演奏荒くて音質もチープだから減点法的に点数は低くなっちゃうけど、俺これ好きだなあ、ってアルバムも中にはあるわけです。年間ベストを考える際には、優等生的なアルバムよりむしろそういうアルバムの方が真っ先に浮かんできます。

年間ベストが必ずしもレビューの点数順にならないのはそういうわけですね。たぶん、他のサイトやブログの管理人さんも、それを意識しているかどうかはともかく、そういう風に選出していると思います。

そのサイトの立ち位置というか、管理人の嗜好が手っ取り早くわかり、そのサイトに書いてあることが信頼に値するかどうかの判断基準を与えるのが年間ベストというコンテンツであり、そういう意味でも、これを作ることは読者にとってメリットがあると考えています。

そしてさらに年間ベストの選出がある程度長期間に渡ってくると、シーンの移り変わりだったり、管理人のマイブームの変化だったりが見えてきたりして、その辺も面白い。

ついでにもうひとつ、年間ベストを手間暇かけて作成する理由としては、単純に個人的な楽しみというのも大きいです。

自分で後で見返した際、「ああ、この年はこういうアルバム聴いてたな」と思い出し、それらの音楽にまつわる風景や記憶などが蘇ってきてノスタルジーに浸れるというか。

あんまり前向きな話ではありませんが、人間そういう時間もあっていいと思うんですよね。
過去を振り返ることで、今という時間の意味や大切さを感じたり、明日を前向きに生きようという気持ちになったりすることもあるんじゃないでしょうか。

以上、なんだかとりとめもない話になってしまいましたが、このサイトを運営するようになってから、年間ベストというものを作るに当たって私が考えていることについて書いてみました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お待ちしてました!

年間ベスト、アップされるの楽しみにしてました!
VERSAILLESはランクインしなかったようですね。

私も他のサイトさんを訪問すると年間ベストのカテゴリをまず見てみます。そこで自分の持ってるもの/持ってないものをチェックするのが楽しいんですよね。

今か今かと待ってました

年間ベストはもうやられないのか、と思っていたらアップされていたのでうれしかったです。
個人的にはガルネリウス、アルディアス、コンチェルトムーン、Liv Moon がよかった。全部日本のバンドですが。

年間ベスト待ってました!ちなみにadoreさんとは5枚かぶってます!
たしかにアルバム・曲をそれぞれ10選んだとして、その中で更に優劣付けるとなると難しいですよね。順不同という選択肢も有りだと思いますよ。
今年は国産メタルとメロハー系充実してましたね。

2012年はDRAGONFORCE、THAUROROD、ACCEPT、NOCTURNAL RITES、CIRCUS MAXIMUS、PATHFINDER、REINXEED、TRICK OR TREAT、GALNERYUS、そしてLuca Turilli's RHAPSODYに期待しています!スラッシュ系ではOVERKILLとKREATORの新譜も楽しみです。
長文失礼しました(汗)

年間ベスト、私もひそかに楽しみにしていました。
選出の大変さ、よく判ります。すでに上の方がおっしゃっているように順位はあえて付けないのもアリかもしれませんね。

ちなみに私は2011年リリースの中ではMYRATHが一番ツボでした。他にも日本盤出ていないFALCONERやPAGAN'S MINDあたりも良かった。

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます&100万ヒットおめでとうございます。
葛藤、よく理解できます。個人的にはやはり楽しみにしている側なので、年間ベストは続けて欲しいです。時期は遅れても全然かまわないと思いますが。

昨年の年始の記事で投稿させていただいたように、年間ベストの記事でPagan's Mindとかロビー・ヴァレンタインなんかを知った身なので、そこにしか載らない情報も大変参考にさせていただいてるんですよね。あと、曲のランキングがあることも嬉しいです。
(ちなみに昨年の投稿の際、そんなマイナーなものがレンタルにあるのかと聞かれましたが、都内某忠犬像そばの大手レンタルショップなんかには結構あるんですよね。まあレンタルで漁るのはあまり褒められたことではないのですが…)

ちなみに僕の曲1位は、配信限定ですがX JAPANの「Jade」ですね。大好きです。反則気味ですが。
adoreさんの1位のLiv Moonのアルバムだと、バラードの「溺れる人魚」がなぜか気に入りました。

どうでもいいことを長々すみません。どうもコメントを投稿しようとするといつも冗長になりがちなので、昨年は少し控えさせていただいてました(笑)
今年もサイトを楽しませていただきます。よろしくお願いします。

楽しみにしてました

何となくお伝えしたかったので僕のランキングをお見せします(笑)

Black Veil Brides / 「Set The World On Fire」
Galneryus / 「Phoenix Rising」
Machine Head / 「Unto The Locust」
Volcano / 「Mythology」
Saber Tiger / 「Decisive」
Royal Hunt / 「Show Me How To Live」
Liv Moon / 「Golden Moon」
Tyr / 「The Lay Of Thrym」
Reckless Love / 「Animal Attraction」
Hibria / 「Blind Ride」

ライブ見て感動したガルネリを差し置いて僕は今後の期待込みで彼らが一位です^^
僕は震災の日の夜にVolcanoを聴いていたので思い入れが有ります

長々と失礼しました

まとめてお返事

コメントを残してくださるような方だけでもこれだけの方が待っていたと言ってくれるなんて私は幸せ者ですね。

>ヒゲ・スカイウォーカーさん
VERSAILLESももちろん候補ではありましたが、色々な兼ね合いで今回は「落選」となりました。
やっぱり年間ベストはこの手のサイトの傾向を探る一番わかりやすいコンテンツですよね。


>一ファンさん
昨年は、というか近年は日本のバンドが充実してきていると思います。
同じ日本人として楽しみが増えますね。


>学生メタラーさん
5枚被りは結構な率ですね。
今年も聴くアルバムには困らない1年になりそうです。


>ハルディンさん
MYRATHのインパクトは凄かったですね。
果たしてこれは「好き」なのか単に物珍しいだけなのか、その点が自分の中で微妙だったので選出はしませんでしたが…。


>Endさん
あけましておめでとうございます&ありがとうございます。
渋谷のTSUTAYAってそんなにメタルが充実しているんですか。今度行ってみます。

「溺れる人魚」も良い曲でしたね。「Jade」を選ぶのは別に反則ではないと思いますよ。
私にとってX JAPANは全く客観的になれないアーティストなので、あえてこのサイトでは扱わないようにしていますが…。


>B!13さん
予告通りランキングの公開ありがとうございます(笑)。
全体的に私のセレクトよりアグレッシヴなものが多い感じですね。

地震の際に「火山」を聴いていたというのもまた剣呑ですね(笑)。
BLACK VEIL BRIDES、さらに飛躍を期待したいですね。

まーったくかぶりませんでした(笑)。まあわたしはadoreさんに比べて聴いている数がはるかに少ないですし、そもそも新譜か否かにこだわって音源を選んでいるわけでもないので、重ならないのは当然なんですが。それでも2011年に発表されたアルバムのなかで敢えてベストを選ぶとしたら、

MYSTIC PROPHECY / Ravenload
LOVE. MIGHT. KILL / Brace For Impact
OZ / Burning Leather(とりわけ"Turn The Cross Upside Down")
SYMPHONY X / Iconoclast(とりわけ"Electric Messiah")
STORMWARRIOR / Heathen Warrior
EMERALD SUN / Regeneration
BATTLE BEAST / Steel

こんな感じですかね。

※上にわたしと名前がかぶっている方がいらっしゃってドキッとしましたが(笑)、わたしのほうは「ドイツ語」です。

お待ちしてました

昨年も2010年に続いて良作が多かったように思います。
STRATOVARIUS、RHAPSODY OF FIRE、ANCIENT BARDS、DRAGONLANDは個人的に上位ですね。
SYMFONIAもデビューしたし、EDGUY、ALMAH、IRON SAVIORも良かったです。
他サブジャンルではAMARANTHEも良かったです。ARCH ENEMY、IN FLAMESはさすがの貫禄作でした。AMORPHISは久々の名盤でした。

今年はたぶんリリース減るかな?と予想しているので過度な期待はしてません(笑)。

LIV MOONとSHY以外は全部聴いてます。
SHYに関してはadoreさん同様忘れていただけなので明日にでもタワレコに出向きます(笑)。
adoreさんのベストに選出されてなかったものではCHTHONIC、IRON SAVIOR、SABER TIGER、SERENITY IN MURDER、VERSAILLES、陰陽座などが僕のお気に入りですね。日本勢が多い(笑)。

RIOTはマーク・リアリの容体が心配ですね・・・ くも膜下出血だそうで。
復帰してくれることを願ってます。

ランキング、後出しジャンケンでいいと思います。私もそうしています(笑)
絶対に聴き逃していたものってありますし…。
昨年は、こちらのサイトがきっかけでWORK OF ARTに出会えました。
今年もいろいろと参考にさせていただきます!

まとめてお返事2

>Endeさん
聴いてる数が少ないわけじゃないんじゃないですか?
好みがちょっとずれているだけだと思います。
LOVE. MIGHT. KILLはちょっと被ってますね。たぶん好きな曲は違うと思いますが。

Endさんも昔から書き込んで下さっている方ですよ。
ちゃんと別人と認識してますからご安心ください(笑)。


>ストラディキャスターさん
私よりはるかに徹底したメロディック・パワー・メタル・ファンですね。潔いセレクトだと思います。


>中禅寺巽さん
日本勢が多いのにLIV MOONはパスしてらっしゃるんですね(笑)。
IRON SAVIOR、評判いいですね。久々に聴いてみようかな。

マーク・リアリは心配ですね…。後遺症などが残らないといいのですが。


>marochikuwaさん
個人の趣味レベルで買っているとどうしても漏れが出るから後出しジャンケンは必須ですね(笑)。

WORK OF ARTは個人的に昨年の「他人に薦めたい音楽ランキング」では1、2を争うアルバムだったので、そう言っていただけると嬉しいですね。

また長文失礼します

Versaillesは僕のランキングでも惜しくも落選でした。ちょっと明るくなっちゃったなぁって。
まあ、Reckless Loveをランクインしてる男の言うセリフではないですけど(笑)
陰陽座の新譜も原作読んでしっかり聴き込んでるので今ランキングしたら確実に上位に食い込みますね^^

「あの」メンバーショット見たのでためらってましたが、他のサイトでもランクインしてたのでWITHIN TEMPTATION気になります。

ちなみにですが、ディルの新作ってお聴きになりました?前にも言いましたが、母が熱狂的ファンでして勧められまくってましたが僕は未だに聴いてません(笑)評判はいいですね

Adoreさんとは一枚だけ、Stratovariusが被りました(笑)

ちなみに、自分のランキングはこんな感じです。
10.Cthonic 「Takasago Army」
9.Stratovarius 「Elysium」
8.Mastodon 「The Hunter」
7.Children Of Bodom 「Relentless, Reckless, Forever」
6.Vader 「Welcome To The Morbid Reich」
5.Rwake 「Rest」
4.Warbringer 「Worlds Torn Asunder」
3.Defiled 「In Crisis」
2.Uncle Acid & The Deadbeats 「Blood Lust」
1.Autopsy 「Macabre Eternal」

Adoreさんとはそもそもあまり嗜好が重複していないので、今年は去年以上に被るかどうか、今から楽しみですw

>B!13さん

WITHIN TEMPTATIONはイイですよ。
見かけで敬遠しているとしたらもったいないです。

DIR EN GREYは聴いてないです。
別に避けているわけではなく、機会があれば聴いてみてもいいとは思ってますが。

>cthuさん

cthuさんと私をつなぐ唯一の絆、それがSTRATOVARIUS、ということですかね(笑)。
あと私がcthuさんのランキングに入っているもので聴いているのはCHILDREN OF BODOMとCHTHONICくらいですね。

2011年を振り返って

毎年adoreさんのアルバムランキングを楽しみにしているので、こうして2011年分も更新していただいて大変嬉しく思います。

今回はいつもより若干遅かったみたいなので(失礼!)、いつ更新なさるか冷々しながらブログを覗いていました(^^;)。

自分の2011年BESTアルバムはDREAM・THEATER/a dramatic turn of events。

同じくBEST TUNEはBreaking All Illurionsになります。

2011年の新作はこれ1枚しか買っていないので、ランキングでも何でもない訳ですが(^^;)。

2012年は以前申した通り、メロスピを中心とした音楽生活を送る予定でいます。

ランキング楽しまさせていただきました!
おかげ様でWithin Temptationを聴いていなかったことを思い出しました、あんなに新譜を楽しみにしていたのに。。。
個人的にはOPETHの新譜が出たことと、昨年末Galneryusの前作がようやくitunesで配信され、聴き込んだことが2011年HR/HMの思い出です。
かなり今更な感じですが、SYUのギタートーンは抜群に良いですね。Uli Roth的なハイトーンが好みど真ん中です。
最新作と過去のカタログもチェックせねば。
今年も良い作品に出会えますように

>ゆうていさん

メタルのCDを年間1枚しか買わない人にも読んでいただけているというのが心強いですね(笑)。
まあ、ゆうていさんはかつてはかなりの枚数を聴いていらっしゃったのだろうと思いますが。

ぜひ先日のメロスピ25選+2を参考に、メロスピ三昧の日々をエンジョイしてください(笑)。

>IOさん

WITHIN TEMPTATION、イイですよ。オススメです。

SYUのギターはとても印象的な「強い音」を出していると思います。
あまりこの手の音が好きではない、という方もいらっしゃるようですが…。

確かにDefiled、Vaderも良かったなぁ。

ラプソディのサーガの最終章が入っていなかったのは驚きです。メロパワが確かに少なめで、近年日本勢のエントリーが高い傾向がある気がします。昨年のオレ的best10は、
1、ヴィシャス・ルーマーズ「レイザーバック・キラーズ」
2、サーベル・タイガー「Decisive」
3、ザ・ブラック・ダリア・マーダー「リチュアル」
4、リーヴズアイズ「ミーアデッド」
5、フーガッタ 「ミスティック・キングダム」
6、ブラック・タイド 「ポスト・モーテム」
7、ブルータル・トゥルース「エンド・タイム」
8、イン・フレイムス「サウンズ・オブ~」 アーティレリー「マイ・ブラッド」
他はRIOT、アルマー、ラプソディ辺りが同率で並ぶ感じです。
次点はエメラルド・サン、WISDOM、ドラゴン・ランドかなぁ。
adoreさんと被るのはアルマーとRIOTくらいですね。
私の場合は最初に聴いた時の印象重視ですが、最初は大したことなくても、その後ジワジワ素晴らしさが滲み出てくる作品もありますよね。
まぁHELLOWEENのキーパー世代出身でも、年を取るにつれて結構趣向が異なって行くものですよね~、当たり前か、、、
私はXを一度も通過したことが無い、メロハーよりも、ブルータル、エクストリーム系が好きといった明らかな違いはありますけど。

>フィンさん

まあ、ルーツが同じHELLOWEENであっても、よりメロディックな部分を追求していったタイプと、パワー・メタリックな攻撃性を追求していったタイプでは、時間が経てば総合的な音楽の趣味に変化は出るでしょうね。
近年国産ものが多いのは、嗜好の問題というよりは国産もののレベルが上がってきたからだと思います。