LIGHT BRINGER / GENESIS

lightbringer03.jpg

既に一部では熱心なファンを獲得しているジャパニーズ・メタル・バンドの新星、LIGHT BRINGERのメジャー・デビュー・アルバム。

私がこのバンドの存在を知ったのはDRAGON GUARDIANの「DRAGONVARIUS」にこのバンドのVoであるFuki嬢が参加していたためで、フル・アルバムを聴くのは本作が初めて。

とはいえ、YouTube上で観られるPVなどはひと通りチェックしていて、「なかなかいいバンドだな」と感じていたので、本作のリリースにはかなり期待していました。

「ラブリー」なんてバンドの愛称も気がきいてるし、インディーズ時代は個人的にはちょっと野暮ったいと思っていたVoのFuki嬢のルックスも急激に垢抜けて、アイドル的な人気も期待でき、上手いことすればJ-POPファンの興味も引けるのではないか、という純粋に音楽的な部分以外のものも含めての期待値はかなり高かった。

しかし、結論から言うと本作は必ずしもその期待に100%応えてくれるものではなかった。

別に悪い点があるわけではない。看板シンガー、Fukiの歌唱は力強く伸びやかに光っており、演奏もかなりテクニカル。楽曲も随所にフックを盛り込んで練り上げたのであろうことが伝わってくる。

ただ、ちょっと考え過ぎたのか、随所に組み込まれたプログレッシヴでテクニカルなアレンジが必ずしもメロディの良さを活かす方向に作用していないように感じられる。

個人的にFukiのまっすぐな歌声を活かすのはもっとストレートな楽曲・アレンジであるような気がするのですが、それはバックの演奏陣に単調な伴奏に徹しろということではなく、あからさまな自己主張を抑えて「わかる人にはわかる」アレンジで勝負した方がいいのでは、ということ。

まあ、メンバーはかなり若いようですし、まだまだ自分の腕前を主張したい年頃だろうとは思いますが、派手な演奏技術を炸裂させるのはシングル向きではない曲のソロ・パートだけでも充分なのではないでしょうか。

先行シングルの#3「Noah」から、ジャケットのアートワーク上ではFuki嬢を大きくアピールする戦略(?)が取られているだけに、もしかすると「Fukiとそのバック・バンド」のような見え方を嫌って演奏陣が過剰に意気込んだ結果こうなったのかな、なんてことを邪推したりしてしまいました。

まあ、歌メロは基本的にキャッチーだし、Fukiの声質もメタル・シンガーっぽいというよりはもっとポップ(ありていに言うとアニソン歌手っぽい)なものなので、一歩間違うとポップ・ロック・バンドのように響いてしまうため、他のメンバーとしては「(メタル・ファンに)ナメられないように」気合いを入れて頑張った結果、こういう肩に力の入りすぎたサウンドになってしまったのかもしれませんね。

久々にメジャー・フィールドでの成功の可能性を感じる日本のメタル・バンドだし、そういう商業的なポテンシャル云々の話を差し置いても良いバンドだと思うだけに、次作ではもっと吹っ切れた作品を期待したいと思います。【83点】

◆本作収録のメジャー・デビュー・シングルのPV[YouTube]



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは

僕は結構このアルバムは気に入りました。
adoreさんがおっしゃるように、テクニカルなアレンジよりもシンプルなアレンジの方がいいと思いますし、最後の曲のようなポジティヴ感溢れる楽曲の方がこのバンドには合っている気がしますが。
そんな中でも「カルンシュタインの系譜」がすごく気に入っています。

可能性は十分感じるのですが。

前作のDream!なんて 『やりたいことを全部詰め込んだらついつい7分超えちゃったけど、若さとエネルギーが詰まった名曲』 だったりするのですが、今作ではプログレッシブな要素がやや消化不良になってしまってて、妙にこじんまりした印象の楽曲が多めなのが、ほんとに惜しいなあと。

メジャーデビューということで、曲は全部4分以内ね、みたいな制約でもあったんでしょうか。。。

僕もadoreさんと同意見で、プログレッシブな部分が少し余計かなという気がしました。せっかくノリノリで聴いていても、テクニカルなパートがそれを遮ってしまうというか...。ただFukiさんのボーカルはいわゆる嬢メタルバンドの中でも一番好みです。「merrymaker」の多彩な歌声にはグッときました。ジャケットもすばらしい(笑)

まだ未視聴ですが……。

adoreさんによるLight Bringerのアルバムレビューがどんなものになるかとちょっと楽しみにしてました。

83点かぁ、adoreさんのレビューで聖飢魔?以来の90点獲得を果たして貰いたいです(ガルネリにも)(笑)

因みにFukiはUnlucky Morpheusという同人メタルバンドもやっているのですが、そのバンドで初めて歌った時は今と比べると力無くとてもヘナチョコで弱いVoでした。

それを考えるとかなり成長したんだなと思います(リアルタイムで聴いてた訳ではありませんが)。

そういえばずっと気になっていた事があるのですが、adoreさんは関西のインディーズメタルバンドMinstreliX(ミンストレリックス)の音源を聴いた事はありますか?

まとめてお返事

>ピッペンさん
私は単に期待値が高すぎただけで、普通に良質なアルバムだとは思います。
おっしゃるようにポジティヴな曲調がマッチするバンド(ヴォーカル)だと思いますので、持ち味を生かして頑張ってもらいたいですね。


>zakさん
「制約」があったかどうかはわかりませんが、きっと彼らなりにメジャーデビューに当たって色々と考える所や狙う所はあったのではないかと思います。


>ハッチさん
せっかくまっすぐな歌声のシンガーを擁しているので、その持ち味を素直に生かした楽曲が欲しいですね。
ジャケットは明らかに「ジャケ買い」狙いでしょうね(笑)。


>Shuさん
なかなかこの年齢になると、感性が衰えているのと、変に耳が肥えているのでハードルが上がってしまって、90点以上はつきにくくなりますね(苦笑)。
このアルバムだって聴く人が聴けば100点かもしれませんので、私のレビューの点数なんてあまりお気になさらずに…。

MinstreliXは聴いたことありますよ。
日本のインディーズにしては良質なメロスピだと思いました。
順調にキャリアを重ねていればきっと当サイト(もしくはブログ)でも扱っていただろうと思います。

>adoreさん

御返事有難う御座います。

90点以上のバンドとか見ると「おぉ!90点以上!すげぇ!」みたいになります(笑)

adoreさんのレビューや点数を見て買ったアイテムはハズレがありませんし、参考になってます(笑)

MinstreliX聴いた事あるんですね。

adoreさんの評価が凄く気になっていたので聞いてみました。

インディーズではLight Bringerと共に神格化されている存在(特にVoのLeo Figaroが)でしたが、あれは信者の過大評価だったのかなぁ……いや、(高校生の時に)初めて聴いた時はビビったし好きだけど。

VoのLeoがmixiでちょっと前にB'zの元サポートとメロハーバンド組んだりデビューフラグ立てたような報告をしてましたが……。

今はマイミク消されて活動状況を把握出来ませんが(笑)

でもこの状態だとこのブログで扱う事はほぼ無いでしょうね……CDのリリースはしてるっちゃしていますが……。

> ありていに言うとアニソン歌手っぽい

ユーチューブの動画を初聴したとき、「平野綾とかけいおんバンドっぽい」と思いました。その方面のほうが日本では売れ行きはよいと思います。それが彼らの望む方向かどうかはわかりませんが、日本(人)じゃメタルであればあるほど売れませんしね……。

遅ればせながら

失礼します、「一部の熱心なファン」の一人です(笑)

「genesis」現在聴き込み中で、自分のブログでも近々大絶賛しようかと画策中ですが、adoreさんのおっしゃっている「テクニカルなアレンジ」についてはよく分かります。特に前半「ark」「merrymaker」「Babel」あたりが特にそう思われる部分かな、と推論してますが。私なんぞはそれでこそラブリーと思っちゃいますが、バタついてる感が無きにしもあらず、ですね。

それよりもadoreさんに概ね好評価をいただいたようで、ホッとしている私です(笑)

生で見たらさらに可愛かったですよ^^

僕もちょっとスカされた感じです。もっとストレートな感じを期待してました
「プログレなアレンジが(やや)うっとおしいけど歌メロがキャッチーだから
取り敢えずきけちゃう」で思い出したのがガルネリの5thでした。

期待しすぎかなとも思いましたが、これからを引っ張っていく
存在だと思うので成長に期待しながら応援してきます!!

まとめてお返事

>Shuさん
このブログは基本的にコメントにはお返事することにしているのでいちいちお礼はいいですよ。

私の書いた文章が何かしら参考になっていたら幸いです。
MinstreliXはまだまだ原石のまま終わって(?)しまったように思えますね、私には。


>Endeさん
平野綾や放課後ティータイム並みに売れたら大したものですね(笑)。
まあ、アニソンにならないよう色々とがんばっていることは楽曲から伝わってきますが。


>ヒゲ・スカイウォーカーさん
ヒゲ・スカイウォーカーさんがかなりこのバンドに入れ込んでいらっしゃることはそちらのブログを読めば一目瞭然なので、むしろこんな煮え切らないレビューを書いたら縁を切られるんじゃないかと思ってました(笑)。


>B!13さん
BURRN!の藤木氏も「実物の方がずっとチャーミング」と言っていますから、きっとかわいらしいんでしょうね。

おっしゃる通り、歌メロがキャッチーだから聞けるけど、これだけキャッチーならもっと他にやりようがあるのでは、と思ってしまいますね。
B!13さんのように若い方が支えていけば、ブレイクできるポテンシャルは強く感じます。

>adoreさん

あぁ、これは失礼致しました。

以後気をつけます。

原石のまま……ですか……。

一応昨日Amazonで調べたらアルバムが来月に出るみたいでしたが……。

>Shuさん

別に失礼でもないし気をつける必要もないですよ(笑)。
基本的にはフランクな場でありたいので過剰に丁寧になさる必要はないというだけのことです。

来月に新作が出るんですか。
すみません、その辺の情報にはあまりアンテナを張っていなかったもので、失礼しました。

http://www.sotb.se/
メタルではないのですが面白いバンドを見つけました。
インフレイムスのブルーグラスカバーバンドのようです。
下手したら本家寄りもメロディックで哀愁あるかも…その分ハードさは損なわれていますが

http://www.tana250.com/?p=4411
あとこの記事も面白いです

>人さん

IN FLAMESだけではなくメロデス全般のカヴァー・バンドのようですね。気の抜けたVoにズッコケる人もいるかもしれませんが、たしかにフィドルが抒情的な旋律を奏でていて楽しめますね。

ピーター・イワースのインタビューは、私のような音楽好きには理解できる内容ですが、音楽のライトユーザーにとっては「売り手側の論理」と一蹴されてしまうかもしれませんね。