WOWOW LOUD PARK特番の感想

録画はしていたものの忙しくて観られていなかったWOWOWのLOUD PARK特番をやっと観ることができました。

2月17日の22時から「戦慄のメタル・オールナイト~メタルづくしの7時間」と題し、LOUD PARKのダイジェスト特番と、映画『メタル~ヘッドバンガーズ・ジャーニー』、『グローバル・メタル』、そしてその間をつなぐ「ラウド・メタル・ナイト」という、バラエティ風の番組が都合4パート。

とりあえず肝心のLOUD PARK特番のオンエア・リストは以下の通り。

ANIMETAL USA 「愛を取り戻せ」
ANIMETAL USA 「マジンガーZ」(with ももいろクローバーZ)
AUGUST BURNS RED 「EMPIRE」
STRYPER 「Sing Along Song」

ANTHRAX 「Indians」(2006)
SLAYER 「Angel Of Death」(2006)

AMARANTHE 「Hunger」
KROKUS 「Long Stick Goes Boom」
UNITED 「Fate」

MACHINE HEAD 「Old」(2007)
MARILYN MANSON 「Beautiful People」(2007)

UNISONIC 「Unisonic」
TRIVIUM 「In Waves」

SLIPKNOT 「(Sic)」(2008)
MOTLEY CRUE 「Dr. Feelgood」(2008)

THE DARKNESS 「Black Shuck」
THE DARKNESS 「I Believe In A Thing Called Love」
ARCH ENEMY 「Revenuous」
ARCH ENEMY 「Bloodstained Cross」

MEGADETH 「Holy Wars...The Punishment Due」(2009)
ROB ZOMBIE 「More Human Than Human」(2009)

LIMP BIZKIT 「Why Try」
LIMP BIZKIT 「Hot Dog」
LIMP BIZKIT 「My Generation」

WHITESNAKE 「Forever More」
WHITESNAKE 「Fool For Your Loving」
WHITESNAKE 「Here I Go Again」

先日のLOUD PARK 11の映像を中心に、過去のLOUD PARKの映像を挟み込む形ですね(2010の映像はなし)。
過去のLPのアーティストのチョイスが必ずしもトリではないのは権利問題とかそういうことなんでしょうか。

各バンド1~3曲というだけでも物足りないのに、AUGUST BURNS RED、STRYPER、AMARANTHE、KROKUS、UNITEDまでは1曲さえ完奏できておらず、それらのバンド目当てだった人にはガッカリな内容。
ANIMETAL USAが2曲なのは大人の事情ですかね。

まあ元々あんまり期待はしてませんでしたが、やっぱり物足りない内容でした。
こうやってライヴ映像だけ細切れで集められても、LOUD PARKというイベントの楽しさは全然伝わってきませんね。

もちろん現地ではよく見えないステージがよく見える、というメリットはあるのですが、「よく見えない」ことも含めて「体験」なので、実際に行った身としては必ずしも追体験にならなかったり。

とはいえ、UNITEDのライヴ映像の際に映し出されるWODや巨大なサークル・ピットなどは、まだLOUD PARKを体験したことがない人にとっては、なかなか興味深いものに映るのではないでしょうか。

この放送を観て「LOUD PARKって楽しそう」と思った方は、ぜひ次回のLOUD PARK(あればですが)に足を運ぶことをオススメします。生で観る方が絶対楽しいですよ!

◆番組ページ
http://www.wowow.co.jp/music/loudpark/



ちなみに、先述した全体プログラムのうち、DVDを持っている映画の2作品はさすがに録画しなかったものの、「ラウド・メタル・ナイト」は一応録画していました。

その「ラウド・メタル・ナイト」、内容は「ハジメタ!~メタルって面白い~」なる、メタル初心者にメタルの魅力を伝えることをお題目とした番組内容だったのですが、しかしこれがまたメタル・ファンにとってはなかなかやるせない代物でした(苦笑)。

この手の企画では毎回そうなのですが、メタルを知らない人にとっていかにメタルという音楽の実態が知られていないか、そして一般視聴者を意識したメディアにおいてメタルの魅力を伝えることが難しいかをあらためて思い知らされましたね。

BLACK SABBATHとして紹介される写真がHEAVEN & HELLのものだったり、スラッシュ・メタルの代表曲として紹介される曲がMETALLICAの「Enter Sandman」だったりするあたりにイラッときてしまうのは私の器が小さいんですかね。

メタルのサブジャンルを「LAメタル」「スラッシュ・メタル」「デス・メタル」「ブラック・メタル」しか紹介しないことに対する憤りが器の小ささによるものだということは認めますが…(苦笑)。

メタル・シャウトの例としてVISION DIVINEの「La Vita Fugge」なんて比較的マニアックな曲がチョイスされていたりする辺り、何も知らない人が作ってるわけでもないような気がするのですが…。

「なぜヘヴィメタと呼ぶようになった?」とか「ヘヴィメタの特徴は?」とか「ヘヴィメタはなんでこんなに激しいの?」みたいな「素朴な疑問」に対する答えの多くをBURRN!の広瀬編集長が答えているのですが、それもまたなんか変に一般人を意識してしまったのか、わかってるはずなのに微妙に的外れな感じの答えをしていたこともまたフラストレーション。

LOUD PARK特番でWHITESNAKEとLIMP BIZKITのオンエア順だけ、実際の出演順と反対になっていたのは広瀬編集長からの要請ですかね(苦笑)。

ゲストの吉木りさ(かわいい)にメタルのライヴを体験させる、という企画も、メジャーなバンドではなく日本のアマチュア・バンドのライヴを観せるんじゃメタルの魅力は伝わらないでしょ(出演してたバンドの関係者の方には申し訳ないですが)。

せめて番組中で日本を代表するメタル・バンドとして妙にフィーチュアされていたLOUDNESSのライヴに行かせるならまだ納得もいったのですが…。

初心者にメタルの魅力を伝えるにあたっては結局個別に嗜好に合いそうな曲を紹介するしかないので、こういうメディアではキワモノっぽいものを中心に紹介してインパクトを狙っていったほうが番組として面白くなる、というのはわからないでもないですが、やはりそれでは魅力を広める効果より偏見を強める効果の方が高いような気がするんですよね…。

「メタルって意外と普通の音楽なんだよ」ってアプローチの紹介を面白く作れるディレクター、いませんかね。
まあ、いてもそんな企画通らないか(苦笑)。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

やっぱりアレは腹立ちますよね(笑)

書いてくれて安心しました。有難う御座います。

adoreさんの辛口がやっぱり飛びましたね(笑)

ラウパ(行ってみたい)はまだ良いとして、ハジメタ(笑)に関してはadoreさんとは違う世代の僕も見ていてイラッと来ましたね。

「グラム、スラッシュ、ブラック、デスって……」というテンションで見ていました(苦笑)

クリプトプシーとかあの辺りをチョイスするというのには悪意を感じたというか何というか……。

スラッシュなんて速いとか言ってる割にはサンドマンなんていうヘヴィロックをチョイスしてるし(矛盾)

何でスピードメタルとかポップメタルみたいなメロディックなものはやってくれないのかなって思いますね。

デスやブラックなんて完全に初心者は無理ですし、そもそも初心者にあんなアングラな物聴かせるなんてそれこそただのつまらんギャグとしか思えません(苦笑)

特にブラックなんかほぼ真性のキチガイばかりなのに……メイヘムとかゴルゴロスとか。

ラウパやサム監督の映画が面白かった事よりもこの番組による憤りやイライラの方がポンポン出て来るのは僕の器が小さいんでしょう(苦笑)

映画の方はさすがに面白いですね。
バラエティーの方は自分も必要なかったと思います。

LOUD PARK特集の方はどれか1年に絞った方が良かったのかもしれませんね。

個人的には、マイケル・アモットが指摘していた「共演したマリリン・マンソンのライブがひどく退屈だった」という映像が見れて良かったです(笑)。

>Shuさん

やっぱり一般人的にはデス・メタルやブラック・メタルこそが「ヘビメタ」のイメージなんでしょうね。残念です。

>名も無きメタラーさん

たしかに1年に絞るか、バラエティ番組を削って尺を延ばすかした方がよかった感じですね。
あと、ライヴだけじゃなくて屋台や物販、サイン会の様子なども映してくれると、よりフェスの雰囲気が伝わったような気がします。

MARILYN MANSONはライヴが退屈というよりは音楽が退屈という気がしました。