SHOW-YA / GANUINE DIAMOND

show-ya09.jpg

ALDIOUSなどの活躍によって注目を集める「女性によるHR/HMバンド」の先駆者であり、プリンセス・プリンセスなどと共に日本のガールズ/レディース・ロック・バンドの代表格として活躍してきたSHOW-YAの、2005年の再結成後、初となるアルバム。

レコーディング音源としては寺田恵子(Vo)不在で制作されたミニ・アルバム「THIS IS MY WAY」(1998)以来14年ぶり、フル・アルバムとしては寺田恵子脱退前の最後の作品で、RATTやWARRANTを手掛けたボー・ヒルをプロデューサーに迎え、オリコン4位に輝いた「HARD WAY」以来なんと22年ぶりとなる作品である。

本作の楽曲は先にライヴで何曲か耳にしており、なかなかいい出来になりそうだと予感していたが、これが予想以上の仕上がりで正直驚いた。

なんといってもアラフォーどころかアラフィフのおばさんバンド(失礼)であるとは思えないほどの勢いがアルバム全体に漲っているのが凄い。2005年の再結成以降、すぐにアルバムを作らず、ライヴ活動を積み重ねてきたのが功を奏したのだろうか。

デビュー当初かなりポップだった音楽性が次第にハードになっていき、後期には「メタリック」とさえ形容できるほどハード&へヴィになっていたが、本作は当時にも劣らぬエネルギッシュな作風で、アップテンポの楽曲が過半数を占めている。

古き良き歌謡曲を思わせるキャッチーなメロディや、時に80年代的、時に70年代的なサウンドで楽曲を彩るKeyサウンドも良いフックとして楽曲を魅力的にしているし、所々で聴かれる最近の若いHR/HMバンドからはほとんど感じることのないR&Rやブルースのフィーリングもまたいいスパイスになっている。

元プリンセス・プリンセスの富田京子が作詞を手掛けるバラード、#7「Life With You」などは年輪を重ねたからこその円熟の味わいだが、やはり今回は思わずアタマを振りたくなるようなエッジーでスピード感のある楽曲の出来の良さをこそ評価したい(特に後半#8、#9、#10の畳み掛けが圧巻)。

サウンド全体としてはさすがに80年代ほどオーバー・プロデュースではなく、90年代以降のナチュラルな音作りになっているが、スピッツなどを手掛けた名手、笹路正徳のプロデュースで、非常にバランスのいいバンド・サウンドにまとまっている。

初期の名曲「Fairy」のセルフ・カヴァーもいい感じで、リアルタイムのファンだったらほぼ100%満足の行く仕上がりじゃないかな。これほど期待に応える再結成アルバムというのはなかなか稀有だと思います。

てか、そもそも女性だけのバンドがデビューから30年近く経って(途中活動停止していた時期を含むとはいえ)オリジナル・メンバーのままでいるってのが色々な意味で凄いよね。男でもなかなか続けられないのに…。【85点】

◆本作収録「流星少女~Shooting Star 196X」のPV [YouTube]


◆本作でリメイクされている「Fairy」のライヴ映像 [YouTube]

冒頭の「うるさい!」がカッコいい(笑)。曲ももちろんカッコいい。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いいバンドだと思います☆

久々に聴いたけど、ほんとにかっこいいですね
演奏はきっちっとまとまっているし、
五十嵐美貴のギターは、もうすごいの一言!!
テクニックだけの、そのへんの男性ギタリストなんかに
比べると本物のロック魂を感じさせます!!

ロックのかっこよさって何かってことを
思い出させる見事な復活です
年齢にもかかわらず、みんな痩せていて
かつ、年齢からくる凄みみたいなものもあって
いいです☆

70年代からロックを聴いて、見て来た私にとって
見た瞬間、かっこいいって思わせるバンドって
けっこう少ないんですけど
素直にかっこいい!とうなってしまいました

寺田恵子のボーカルはデビュー当時から、
声のレンジが狭い事が気になって
(スーパーフライみたいなハイトーンが
出ないから…)
好きにはなれなかったんですが、
映像と一緒にみると
絵になりますね☆
今や、レンジの狭さは気になりません
ロックスターです!!

コーラスがキャッチーな曲が多くて満足してます。

これはライブで昔の曲達と一緒に演奏しても違和感なさそうですね!!

X-RAYとか、他のジャパメタバンドも復活して欲しいなぁと思いました

期待と不安が半分ずつでしたが大満足です
寺田姐さんが言ってたように「熟女なめんなよ」って感じのアルバムですね^^

今作がSHOW-YA初体験で、昔のも聴きたくなったので次聴くなら取り敢えずベスト盤で良いですかね?

まとめてお返事

>みゅうさん
彼女らは曲がいいし、テクニックだの声域だのを超越した(決してテクニカルではないですが、必要充分なものは持っていると思います)カッコよさがありますね。

少なくとも90年代からロックを聴き始めた小僧の私には充分な説得力を感じます(笑)。


>NOV-LYNNさん
そう、曲調的にもクオリティ的にも過去の曲と一緒に演奏しても違和感がないというのが素晴らしいですね。

音楽業界を去ってカタギの仕事をしているメンバーがいると再結成は現実的にはなかなか難しいでしょうね…。


>B!13さん
たしかに熟女パワー炸裂ですね。
SHOW-YAはいい曲が多いのでベスト盤もいいですが、個人的には7th「OUTERLIMITS」がメタル・ファンにとっては「ベスト盤よりベスト盤」だと思ってます(このブログでも取り上げてみました)。