LUCA TURILLI’S RHAPSODYのヴォーカリストが明らかに

RHAPSODY OF FIREから脱退したルカ・トゥリッリ(G)のニュー・バンド、LUCA TURILLI’S RHAPSODYのヴォーカリストが発表されました。

注目のシンガーは、イタリアのメロディック・パワー・メタル・バンドで、09年に発表したセカンド・アルバム「TIN SOLDIERS」が日本のマニアの間で好評を博したTRICK OR TREATのヴォーカリストであるアレッサンドロ・コンティだそうです。

アレッサンドロは、かの三大テノールの一人、ルチアーノ・パヴァロッティを輩出した音楽学校の出身だそうで、ルカの求める様々な表現をこなすことができる素晴らしいシンガーで、発表はこのタイミングになったものの、既にかなり前から共同作業を進めていたそうです。

イタリアには他にもミケーレ・ルッピ(元VISION DIVINE)やロベルト・ティランティ(LABYRINTH)、マーク・バジル(DGM)など、優れたヴォーカリストがおりますが、選ばれたのは彼でした。

6月29日に発売が予定されているデビュー・アルバム「ASCENDING TO INFINITY」の制作は着々と進んでおり、楽曲リストとジャケットのアートワークも既に公開されています。

※楽曲リスト

01. Quantum X
02. Ascending To Infinity
03. Dante’s Inferno
04. Excalibur
05. Tormento E Passione
06. Dark Fate Of Atlantis
07. Fantasia Gotica
08. Clash Of The Titans
09. Of Michael The Archangel And Lucifer's Fall
I. Alma Mundi
II. Fatum Mortalis
III. Ignis Divinus


※アートワーク
luca_rhapsody_debut.jpg


そしてリーダー・トラックとなる「Dark Fate Of Atlantis」のPVは、KAMELOTの「The Great Pandemonium」(微グロ注意)を手掛けた制作スタッフの手によって先日スウェーデンのストックホルムで撮影され、そのビデオももうじき公開されるようです。

個人的にTRICK OR TREATを聴いたときのアレッサンドロの印象は「マイケル・キスクのそっくりさん」でしかありませんでしたが、いずれにせよルカのソロ・プロジェクトで歌っていたオラフ・ヘイヤーよりはいいかな。

◆アレッサンドロ加入の発表に合わせて公開されたトレーラー・ムービー [YouTube]

なかなか期待できそう…。というか唐突に登場する「March Of Time」はいったい?

※ニュースソース
http://legacy.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=172001
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

この動画を見た感じ、かなり期待できそうですね
ただMarch of Timeはやっぱりマイケル・キスクのほうがいいです(笑)
オラフ・ヘイヤーよりはいいのですが

4月のDragonforce、5月のPathfinder、6月のLUCA TURILLI’S RHAPSODYと楽しみなものだらけです

6月を待つ

このトレーラーで聞く限り、キスクさんの真似っこじゃない歌い方もできる人のようですね。

名前だけ出すのではなく曲と一緒に発表に拘ったのは、
Trick Or Treatの時とは違う歌い方をするということを認識してほしかったからなのかな。

>へこたれ浪人生さん

この「March Of Time」は結構健闘してると思いますが、厳しいですね(笑)。
まあ、マイケルを超えるのは至難の業ですが。

5月はSONATA ARCTICAも出るんですが、すっかり期待されないバンドになってしまいましたね…(苦笑)。

>ねこまたぎさん

たしかにマイケル・キスクっぽい歌い方は彼のひとつの側面でしかないようですね。
正直声質としてはファビオ・リオネのほうが魅力的ですが、声域はひょっとするとこのアレッサンドロのほうが広いかもしれませんね。

バンドが分裂した際、ルカ様はどうなるんだろうと思いながら待っていたらボーカル発表キマシタワー

ジャケはなんだか今までのものとちょっと違う臭いを感じる……背景の建物はビルですかね。

今回の記事読んでて気になったのですが、adoreさんはオラフのボーカルは「そんなに……」という感じなのですか?

恥ずかしながらルカ・トゥリッリがRhapsodyを脱退していたことを初めて知りました。

これはL.A.ガンズのように「RHAPSODY OF FIRE」と「LUCA TURILLI’S RHAPSODY」という二つのRhapsodyがあるという事でよろしいのですか?

>Shuさん

ルカはソロでは近未来~未来をテーマにしたSFモノに手を染めていましたから、アートワークはその流れかもしれませんね。
曲名を見ると割とファンタジーものっぽい雰囲気なのですが。

オラフ・ヘイヤーは実力のあるメタル・シンガーですが、ルカの曲を歌うにはやや表現力の幅が狭いし、ルックスにフロントマンとしての華がないので、分家(?)とはいえRHAPSODYの名前を背負うには物足りないと感じていました。

>名も無きメタラーさん

ルカの脱退はこのブログの↓のエントリーで取り上げていました。
http://metalgateblog.blog107.fc2.com/blog-entry-593.html

上記エントリーをお読みいただけばおわかりになりますが、おっしゃる通り「RHAPSODY OF FIRE」と「LUCA TURILLI’S RHAPSODY」という2つのバンドが存在している状態です。

ソナタのトレーラー聴いたら全然期待できそうになかったのですが(笑)、Rhapsodyは結構期待大です!

>へたれ学生さん

SONATA ARCTICAは全く期待できないバンドになってしまいましたね~。
人間、やっぱり変に変化を求めるよりは得意なことを突き詰めたほうがいいってことなんでしょうかね。

来た来た!
いよいよですね!
楽曲リスト見る限り、本家でやってた事とあんま変わんないですね(いい意味で)。

下手にソロ作品のようなジャーマン・メタルにされても困りますからね。
それは俺が前期のラプソより、FIREが付いてから途端に個人的にラプソを見る目が変わったからです。
特に2010、2011の2作フル・アルバムには度肝抜きました。

ミケーレ・ルッピの願いもかないませんでしたが(笑)、新Voが楽しみです。
HELLOWEEN×GAMMA RAYのようなライバル関係になってほしいですね。

動画見る限りキスクがラプソの曲を歌っている、といった感じでかなり期待できそうです。特に2分過ぎ辺りの曲が良いですね~。
パーソナルのTRICK OR TREATも非常に良いバンドなので続けてほしいものです。
曲名を見る限り、今回は実在の神話や伝説をテーマにした作品みたいですね。

SECRET SPHEREの新Voはミケーレ・ルッピのようです。となるとやはりTHAURORODは空中分解でしょうか…。

>ストラディキャスターさん

私はRHAPSODYは初期が好きですし、ルカのソロ・アルバムもジャーマンっぽい所が気に入っていますが、この作品はなかなか期待できそうだと思っています。

いずれにせよ、良くも悪しくも音楽性の幅が狭い人なので、大きく外れたものを出してくることはないでしょうね。

>学生メタラーさん

TRICK OR TREATの活動がそれほど忙しいとは思えないので、両立も可能かもしれませんね。

SECRET SPHEREとTHAURORODも、どちらもそれほど忙しいとは思えないのでこちらも両立は可能だと思いますが、やはり北欧のバンドよりも地元イタリアのバンドに加入する方が普通に考えて自然であるような気がします。