過去60年で最高のイギリスのアルバムにアイアンメイデンの「魔力の刻印」が選ばれる

今年エリザベス女王が在位60年を迎えたことを記念して、HMVがこの60年間で最も素晴らしいアルバムについての人気投票を行なった所、なんとIRON MAIDENの「THE NUMBER OF THE BEAST」が1位に選出されたそうです。

そのランキングは以下の通り。カッコ内は総投票数(約30,000票)に対する投票率。

01. IRON MAIDEN「The Number Of The Beast」 (9.18%)
02. DEPECHE MODE「Violator」 (6.30%)
03. THE BEATLES「Sergeant Pepper's Lonely Hearts Club Band」 (5.69%)
04. THE BEATLES「Abbey Road」 (5.67%)
05. PINK FLOYD「The Dark Side Of The Moon」 (5.23%)
06. THE BEATLES「Revolver」 (4.01%)
07. QUEEN「A Night At The Opera」 (3.98%)
08. OASIS「(What's The Story) Morning Glory?」 (3.91%)
09. ADELE 「21」 (3.07%)
10. THE BEATLES「White Album」 (2.60%)

IRON MAIDENの同作は、投票全体に対する10%近い票を集める圧倒的な強さで、2位以下と大きな差をつけています。

DEPECHE MODEが2位、というのも日本人の感覚では理解しがたいものがありますが…(個人的には結構好き)。

まあ、ぶっちゃけTHE BEATLESの票が割れたのが勝因かと思いますが、それでもギネスに残るロングセラーのPINK FLOYDとか、私の世代の「UKロック」ファンのマスト・アイテムだったOASISを抑えての受賞は凄いですね。

HR/HM関連では16位にBLACK SABBATHのデビュー作がランクインしているそうですが、LED ZEPPELINはおろかROLLING STONESさえ上位20位に1枚もランクインしていないというのが意外といえば意外。

どちらも名盤の多いバンドゆえ、票が分散してしまったのかもしれませんが…。

パンクな所ではTHE CLASHの「LONDON CALLING」が13位に入っているようですが、パンク革命を起こしたロック史上における重要作とされるSEX PISTOLSのデビュー作がランクインしなかったというのは、女王の在位を記念した投票という趣旨に相応しくない、ということだったんでしょうか。

まあ、IRON MAIDENが自国の生み出した最高の音楽、という結果を女王陛下がどう感じたかはわかりませんが…(笑)。

いずれにせよ、IRON MAIDENに対するファンのロイヤリティの高さを象徴し、IRON MAIDENというバンドが既にロック史上におけるレジェンドであることを証明する結果と言えるのではないでしょうか。

◆ニュースソース
http://www.nme.com/news/iron-maiden/64013

http://legacy.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=174594

日本語のものはこちら。
http://ro69.jp/news/detail/68414


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

英国ROCKの香りがプンプンするぜ♪

アイアン・メイデンのザナンバーオブザビーストはHR/HM史上に残る名盤なので異論は無いのですが、LED ZEPPELINやDEEP PURPLEの方が英国ROCKの香りがするんじゃないかな。
この10枚だったら3位のザビートルズのSgt Pepper's Lonely Heares Club Bandと5位のピンクフロイドの狂気が好きですね。
adoreさんが選ぶ英国ROCK10選の方が自分好みのアルバムを選んでくれるに違いない(笑)!
英国スメルが異臭を放つDEEP PURPLE/MACHINE HEADを聴きながらコメントを書いてみました。

一位のメイデン以外は、アルバム名は見たことあるけど「初めまして」な作品ばかりです(笑)

魔力の刻印はメイデンで好きな曲1,2位の“Run To The Hills”“Hallowed Be Thy Name”が入ってますが、アルバム単位だとそんなピンと来ないです(聴き込み不足かも)。

adoreさんと同じく一位は「SOMEWHERE IN TIME」です。カッコいい^^

初めてコメントいたしますです。
まさかBeatlesやStonesを差し置いてとは、驚きました。そんなに国民的バンドなの、と。
なんかAdeleまで入っちゃってるし……

Ace's Highとか愛国心を鼓舞するようなちょっとアッチ系の雰囲気もあるから、こういう節目で選ばれたのかな、と勘ぐってみたり(笑)

ピストルズに関しては……投票の趣旨からいっても除外されるのはやむをえないかなと思いますが、
そもそもアレって今でもシリアスなファンがいるようなバンドなんでしょうか。
日本でも今やNANAファンくらいしか聞いてないような印象が(笑)

さすがHMVの人気投票、Heavy Metal Victoryってやつですね!

>B!13さん
僕もメイデンのアルバムは、キラーもあれば捨て曲もあるって感じですね。
ほかにもキラーはあるのに、何故票が割れなかったのか疑問です(笑)

まとめてお返事

>ゆうていさん
英国人はかえって英国ロックの香りがどうとか、日本のロック評論家みたいなことは気にしないんじゃないですかね。
わたしもあまりブリティッシュという響きに対して過剰な思い入れはないので、特に面白い英国ROCK10選にはならないと思います(苦笑)。


>B!13さん
まあこの手の「名盤」はなんとなく「お勉強」するものになってしまう一面もありますね。
実際たしかにいい作品ばかりではあるのですが。


>イワネサクさん
はじめまして。
なんか投票する人が偏っていたのではないかと思ってしまうランキングですよね(笑)。
ピストルズはパンクス永遠のバイブルだと思っていたのですが、今の人たちにとってはそうでもないんですかね。


>メタリアン666さん
誰がうまいこと(略


>ヘロウィンさん
メイデンファンは事前に談合して同作への集中投票で1位を目指したんじゃないでしょうか(笑)。

ピストルズ人気

adoreさんお久しぶりです。
ピストルズトークが盛り上がっていましたので(?)高校時代にパンクス崩れだった僕からひとつ。

僕が高校のときは(5,6年前)は人気でしたねピストルズ。
所謂PUNKレジェンドといわれるピストルズ、クラッシュ、ラモーンズ、ダムドあたりの中では1番人気ありました。
クラッシュは曲によっては結構サウンドが実験的すぎて10代のハートにダイレクトに響かないのもあるし、
ラモーンズは年代もさらに古いのでビートルズ的なレトロ感があり刺激がいまひとつ。
ダムドは日本では知名度が低いのでそもそも聴く機会が無い。
一方ピストルズはキャッチーでポップスの要素も兼ね備えていながら、過激なサウンドだし、ファッション的にも分かりやすい。
こんなところが人気の理由だったと思います。
adoreさんのメタルコラムにあった現代でも十分刺激的な音楽は年代を越えて、今の若者にも聴かれてると思います

まさに「なんということでしょう」

いやぁ、これは凄い。

今の世の中でよく1位にランクインしたもんだよなぁ。

驚きました。

というか、こんな投票が行われていた事自体知らなかったのですが(笑)

でもメイデンが1位はやっぱり嬉しいですねえ。

こういうものを見る度に「まだまだメタルは生きているんだなぁ」と実感します。

>Mark.Nさん

5、6年前の高校生にも人気だったんですね(それこそNANA世代?)。
私の世代でもパンクに興味を持った人間はまずはピストルズ、って感じでしたね。

曲もわかりやすいし、メンバーやファッションなど、バンドとしてのキャラが立っているのが日本人にはとっつきやすいのだろうと思いますが、本国での今の評価はどうなんでしょうね。

>Shuさん

メタルが生きているのか、メイデンだけが生きているのかはやや微妙なところですけどね…(苦笑)。

管理人さんが今『魔力の刻印』をレビューするならば何点ぐらい付けますか?できればポール・ディアノ時代のアルバムのレビューも読みたいです。

Depeche Mode!!!!!

 こんばんは。Depeche Modeに惹かれ、初めて書き込みます。

 Iron Maidenの1位より、Depeche Modeの2位ランクインに興奮してます…コラコラ。
 “enjoy the silence”“policy of truth”“Blue Dress”の存在は大きいですかね。“enjoy~”のPVで、Daveが王様に扮し、静寂を求め、折りたたみ椅子片手に放浪してましたし。
 他の曲でも言えるけど、あの、テクノ混じりの曲調と、暗さの中に艶のある声のコンビネーションが良いんです。
 2010年時点で、欧州や南米各地のアリーナでライブできるから、人気はありますね。日本にも来てほしいなぁ。

 それにしても、21世紀にThe Beatlesの作品が4枚入るとは、誰が回答したのやら。
 Marillion、Camelがないのは残念だけど、それ以上に(?!)、何故Lepps、Judas Priestがないんだ!? “Hysteria”“British Steel”は、top10に入ってもおかしくないと思います。メタルゴッドに敬意を払ってあげて下さい、英国民の皆様(泣笑)。

>名も無きメタラーさん

もう神盤評価が確定しているアルバムに私ごときが点数をつけるなど恐れ多くてとてもとても…(笑)。

>俄フェレリスタさん

DEPECHE MODEに反応する方がこのブログを読んでいたとは…(笑)。
彼らの魅力は個人的にはあの内省的な雰囲気ですが、曲の良さ、そしてサウンドなどの総合点が高いのは確かに「VIOLATOR」かもしれませんね。

「Enjoy The Silence」はLACUNA COILもカヴァーしてましたね。

とはいえ全英1位をとっていないこのアルバムが2位というのは驚きですね。

JUDAS PRIESTやDEF LEPPARDは昔からどちらかというとアメリカ志向のバンドという印象を持たれていたようなので、その辺が響いているんじゃないですかね。