DYNAZTY / SULTANS OF SIN

dynazty03.jpg

日本デビュー作となった前作セカンド・アルバム「KNOCK YOU DOWN」でいきなりBURRN!誌のクロスレビューのトップを飾り話題になった(というか物議を醸した?)スウェーデン出身バンドのサード・アルバム。

基本的にはCRASHDIETやCRAZY LIXX、RECKLESS LOVEといったバンドと同じカテゴリーに入れられそうな80年代型のキャッチーなハード・ロックン・ロール・サウンドであるが、それらと比べてもワイルドでエッジの効いた男らしさを感じさせるのがBURRN!に「売れそう」と感じさせたのだろう。

個人的な趣味から言うと外部ソングライターがコンテスト出場用に書いた北欧メロディアス・ハード然とした#3「Land Of Broken Dreams」以外はちょっとスリージーな要素が強すぎてあまりツボに来ないのだが、荒々しい疾走感を感じさせる曲からノリのいいミッド・テンポの楽曲、そしてBACKYARD BABIESのメンバーと共作したバラードまで各楽曲のクオリティは高い。

時折ロックン・ロール系のバンドとしては珍しい、テクニカルで押しの強いギター・ソロが顔を出すのが北欧ならでは、といったところか。ピーター・テクレン(HYPOCRISY)によるプロデュースがバンドのアグレッションを遺憾なく引き出しているのも好印象。

かつてSKID ROWのデビュー作などに熱狂した80年代リアルタイム組のHR/HMファンなどにも好意的に受け止められそうだが、こういった音楽がもはや北欧からしか出てこないというのは、やはりもう英米では「終わった音楽スタイル」なんですかねえ…。【83点】

◆Melodifestivalen 2012 における「Land Of Broken Dreams」の演奏風景[YouTube]



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

初めましてぇ

いつも楽しく拝見しております!
うわー.これって何かボンジョヴィみたいですな 懐かしのサウンドって感じです 結構好きかも!! ほほ

>きたろさん

はじめまして。
この曲は特にBON JOVIっぽいですね。他の曲はもっとワイルドなR&Rなのですが。

私もこういう曲が好きですが、やっぱりこういう曲って今の若い人にとっても「懐かしのサウンド」なんですかねぇ。