KAMELOTのニュー・シンガーが決定

KAMELOTが昨年(実質的には一昨年?)脱退したロイ・カーンの後任シンガーをアナウンスしました。

著名なシンガーを含む800人に及ぶ候補の中から新しいヴォーカリストに抜擢されたのは、スウェーデンのメロディックなプログレッシヴ・メタル・バンドとしてマニアの間では知られているSEVENTH WONDERのヴォーカリストであるトミー・カレヴィック。

RHAPSODY OF FIREのファビオ・リオネをゲスト・シンガーに迎えて行われた最新作のツアーでも、一部公演にゲストとして参加していた人物です。

実際に同じステージに上がったときの感触の良さなどもあって、正式シンガーとしてのオファーを受けたようです。

どちらかというとクセのないクリーンな歌声の持ち主で、私好みのシンガーではありますが、個人的な印象としてはロイ・カーンの圧倒的な個性に比べると、歌唱、ルックスの両面でやや「薄い」ような気がするというのが正直なところ。

とはいえ、ここ数年、カーンの個性に引き摺られて(?)、バンドの音楽性自体がややディープすぎる雰囲気を醸し出していたので、こういう爽やかなヴォーカルによってもう少しとっつきやすい音像になるのであれば、それはそれで悪くないかも。

ただ、これくらいのシンガー(失礼)であれば、彼らの母国であるアメリカにはゴロゴロいるのではないかと思いますが…。なぜ北欧人にこだわったのでしょうか。

まあ実際彼らは北欧での支持も高いので、メンバーに北欧人を迎えることはメタルが盛んな北欧市場におけるマーケティング上の意味があったりするのかもしれませんが。

個人的にはCIRCUS MAXIMUSやPAGANS' MINDと並ぶお気に入りのプログレッシヴ・メタル・バンドであるSEVENTH WONDERがこの人事のせいで活動停止に追い込まれることになったらもったいない、と思ってしまいましたが、Facebookでの声明によるとトミーはSEVENTH WONDERも掛け持ちで続けるつもりのようです。

◆ニュースソース
http://www.blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=175789

◆トミー・カレヴィックがゲスト・シンガーを務めた昨年のステージの様子 [YouTube]


◆SEVENTH WONDER「Alley Cat」のPV [YouTube]
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

KAMELOTの音楽性にフィットした声の持ち主だと思います。
マイケル・エリクセン辺りも結構有力だと思ったのですが。
とりあえず「THE FOURTH LEGACY」~「EPICA」路線でのニューアルバムを期待したいです。

それにしてもラプソといい掛け持ちの新Voが多いですね。無理をして片方が活動休止になったら嫌だなあ。

決定2

STRATOVARIUSに続いてこちらも決まりましたか。
貼り付けてあるYOUTUBE見ましたが、
悪くはないけど、やはりカーンの方がいいですね(笑)。
声に深みがあるというか、個性がありますね。

特に最新作のディープ路線は良かったですよ。
でもこれで「THE FOURTH LEGACY」~「EPICA」路線に若干戻るなら構わないですが。
良ければどちらでもいいですからね。

誰かと思いきやSEVENTH WONDERの人ですね。SWでの彼の歌唱に惹かれていたものなので、KAMELOTでの活躍も期待。

最近のKAMELOTの作品はちょっとダークすぎて敷居が高めに感じていたのでこれを機にもうちょっと明快なサウンドになってほしいですね。

まとめてお返事

>学生メタラーさん
このシンガーでいいなら、マイケル・エリクセンでもいいといか、むしろマイケルの方が上手いだろ、と思ってしまいましたが、まあ歌唱力だけで彼を選んだわけではないのでしょう。

RHAPSODYにせよKAMELOTにせよ、この界隈では一流のバンドですが、マーケット規模的にそれだけで充分な稼ぎが得られないから掛け持ちをせざるをえない、という面があるのかもしれませんね。


>ストラディキャスターさん
「THE FOURTH LEGACY」~「EPICA」路線に戻ることを望んでいる人は多そうですね。
まあ、おっしゃる通り我々聴き手にとっては結果良ければ全て良し、ですね。


>ハルディンさん
このシンガーの個性に合わせるなら、あまりダークな曲は相応しくないと感じますが、トーマス・ヤングブラッドがどういう狙いで彼を選んだのか、次のアルバムが楽しみですね。

ニューシンガーは決まったけど・・・

ロイはヴォーカルだけでなく、ソングライターとしても優秀でしたので、
最初期の微妙な作品になりそうなのが心配です。

今の彼らに限ってそんなことはないのでしょうが・・・

期待半分、不安半分で動画を見ましたが、意外としっかり唄えてるのでひと安心(笑)
カーンほどの特徴は無いにしろ、彼らの音楽性には合ってると思います。
まずはアルバムを聴いてから、ですね!

>ヘロウィンさん

確かにロイ・カーンがソングライティングに関わる前のKAMELOTはかなり微妙でしたね。

新加入のトミー・カレヴィックもソングライティングのセンスのある人物であってほしいですね。

>珍獣メガネコアラさん

そうですね。結果よければ全てよしというか。
とはいえあれだけの個性の持ち主ですから、カーンを惜しむ声はきっと出てしまうと思いますが。

「これ!!」という必殺の曲はまだないものの、僕もセブンスワンダーは大好きで、どちらも続くというので、トミー・カレヴィックの抜擢(出世)は素直にうれしいです☆
もともととても魅力的なヴォーカリストだと思うので、でももちろんロイカーンにはまだまだ及ばないのですが、キャメロットでどんどん経験をつんで、是非キャメロットでもセブンスワンダーでも最高のアルバムを作っていってもらいたいですね!

というか、ここの以前のブログでセブンスワンダーに興味を持って好きになったのでした。あざーす☆

>単なるBURRN!ファンさん

SEVENTH WONDER、たしかに現状決め手には欠けるものの、いいですよね。
おっしゃる通り、KAMELOTでの経験がSWにフィードバックされればいいのですが。

しかしこのブログではあまりSEVENTH WONDERについてちゃんとした記事を書いたことがないのに興味を持っていただけたとは、当人としてはちょっと意外です(笑)。

はじめまして

こんばんは。ワード検索してたらたまたまこのブログにたどり着きました(^^;)

Kamelotの新ボーカルが決まったとのことで。たしかCIRCUS MAXIMUSのマイケル・エリクセンがツアーには参加してたと思うんですが、SEVENTH WONDERの人に決まったんすね。

とりあえず兼任だそうなので、SWも好きな自分としては安心しました。

どんなアルバムを作るのか楽しみですね( ~~)/

>Majshumlanさん

マイケル・エリクセンは割と単発で、ツアーは基本的にファビオ・リオーネがメインでサポートしていたと思います。

SWのトミーもゲスト参加していましたが、ファビオより評価が高かったのか、ファビオの引き抜きに失敗したのかはともかく(笑)、いずれにせよ次のアルバムが楽しみです。