DREAM THEATERの「SCENES FROM A MEMORY」が歴代No.1プログレ・アルバムに選ばれる

DREAM THEATERが1999年にリリースした「METROPOLIS PT.2 : SCENES FROM A MEMORY」が、米「Rolling Stone」誌のウェブサイト、RollingStone.comが行なった「Your Favorite Prog Rock Albums Of All Time」投票で1位に輝いたそうです。

全体の順位は以下の通り。

01位:DREAM THEATER / METROPOLIS PT.2 : SCENES FROM A MEMORY
02位:RUSH / 2112
03位:YES / CLOSE TO THE EDGE(邦題:「危機」)
04位:PINK FLOYD / DARK SIDE OF THE MOON(邦題「狂気」)
05位:GENESIS / THE LAMB LIES DOWN ON BROADWAY(邦題「眩惑のブロードウェイ」)
06位:KING CRIMSON / IN THE COURT OF THE CRIMSON KING(邦題「クリムゾン・キングの宮殿」)
07位:GENESIS / SELLING ENGLAND BY THE POUND
08位:RUSH / HEMISPHERES(邦題「神々の戦い」)
09位:KING CRIMSON / RED
10位:RUSH / MOVING PICTURES

並みいる定番のロック・クラシック・アルバムを押しのけDREAM THEATERが1位。

自分の聴いてきたリアルタイムの音楽が、未来においてクラシックと呼ばれうることを確信させてくれる感慨深い結果です。

ただ、「IMAGES AND WORDS」派としては、おいおい、「I&W」はランクインしてねーのかよ、とイチャモンをつけたくなりますが、元ページの注記を読むとこんな記述が。

「もし、我々が全てのDREAM THEATERに対する投票を反映したなら、『IMAGES AND WORDS』が2位になり、『AWAKE』、『OCTAVARIUM』、『SIX DEGREES OF INNER TURBULENCE』もここに並んだはず。DREAM THEATERに対する投票の集中を抑える唯一の方法として、一番人気のアルバムをもって代表とさせた」

要するに、この投票が単なる「DREAM THEATER祭り」になってしまうのを避けるために「METROPOLIS PT.2 : SCENES FROM A MEMORY」以外のアルバムに対する投票を無効票にしたということのようです。

その結果として「RUSH祭り」になってしまっていますが…(苦笑)。

EL&Pが1枚も選ばれないでRUSHが3枚選ばれる、というあたりが日本と海外の「温度差」なんでしょうかね。

まあアレですね。今こういう投票を熱心にやるような世代にとって、現役でプログレッシヴ・ロックをプレイしているバンドというとDREAM THEATERとRUSHしかいない、ということなのかもしれません。

このRollingStone.comが昨年2011年に行なった「The Top 10 Metal Bands Of All Time」の読者投票では2位に、「The Best Prog Rock Bands Of All Time」では10位に彼らが選ばれたそうなので、「Rolling Stone」誌の読者にはDREAM THEATERのファンが多いんでしょうか。

◆ニュースソース
http://www.blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=177353


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

まさにDREAM

RUSHより上ってすごくないですか。
「IMAGES AND WORDS」入ってないの俺も不満ですね。
DREAM THEATERで聴いた最初のアルバムが「I&W」でしたからね。

嬉しいです。

「I&W」も好きなんですが、ドリムシの「Spirit Carries On」のライブ映像にわんわん泣かされたことがきっかけで洋メタルに入った自分としてはこの結果は純粋に嬉しいです。

ただランキングの付け方が少し酷い気もしますが(苦笑)

因みにドリムシを聴くきっかけになったのはadoreさんの書いたSyuのカバーアルバムのレビューだったりします。

現在のメタル界への影響力を踏まえれば、OPETHも欲しいところですね。まあこの雑誌の読者層に合わないのかもしれませんが

まとめてお返事

>ストラディキャスターさん
凄いですよね。
正直DREAM THEATERの人気と評価がここまで高いとは思っていませんでした。


>Shuさん
あのレビューでDTに興味を持ったとはちょっと変則的ですね(笑)。
でも、わんわん泣くほどの感動を与えてくれるコンテンツに巡り合うきっかけになったと思うと、書き手としては嬉しいですね。


>NOV-LYNNさん
まあ読者層は合ってないでしょうね(苦笑)。
とはいえDREAM THEATERが「Rolling Stone」誌に合っているかというとそんな気もしないのですが。

DT、まさかI&Wを抑えてMP2がランクインするとは。しかも1位というのが凄いと思います。

RUSHの「Moving Pictures」が10位というのが意外でした。まあプログレとしての代表作なら「2112」なのでしょうけど、個人的には「Moving~」の方が好みだったりします。

>adoreさん

あのレビューを見た時、「やっぱりドリムシは「演る」のではなく「聴く」ものだ」というこの一文を見て「DREAM THEATERってどんだけすげえバンドなんだ!」って感じになって動画サイトでライブを見たらもう一気にやられちゃったのです(笑)

このブログを見つけた時僕は高校生だったのですが、その時初めて見たadoreさんのレビューもSyuのカバーアルバムのレビューだったりします(笑)

Syuの存在とadoreさんのサイトが無ければ間違い無く洋メタルはおろか、洋楽自体に深く入り込む事も無かったと思っていますし、このサイトは僕の音楽的趣向の幅を広げさせ、様々なメタルの事を勉強させてくれたとても有り難いサイトだと思っています。

RUSHがとても好きな身としては割合嬉しい半面
DT、RUSH票はこの前のIRON MAIDENアルバム1位と似た印象ですね
指摘されてる通り、人気があり熱心なファンのいる現役バンドとなるとDTとRUSHぐらいですから…
YESが3位なのは去年の新作の評判が良かった影響かなとも
大して話題になった様子もないから穿ち過ぎでしょうが

何よりRUSHとDREAM THEATERがプログレとしてカウントされてるのが海外らしいな、とも感じましたね

まとめてお返事2

>ハルディンさん
まあ、日本でもI&WとMP2が人気の双璧だと思うので、1位がどちらになるかは大きな問題ではないのでは。

「MOVING PICTURES」、「2112」より下なのはまだともかくとして、「HEMISPHERES」以下というのにはちょっと驚きました。


>Shuさん
多感な高校生の時期に観たら衝撃かもしれませんねー。
こういうサイトをやっている人間が一番言っていただきたいことを言っていただき、どうもありがとうございます(笑)。


>2112さん
概して海外の方がジャンル分けは大雑把ですが、RUSHやDTがプログレとされるのは(特に前者は)妥当かと思います。

YESがPINK FLOYDより上なのはちょっと驚きですね。
私自身「プログレ」と聴いて真っ先に思い浮かぶ音はこの時期のYESですが。

日本で同様の企画があったら、
EMERSON,LAKE & PALMER / Tarkus
Queensrÿche / Operation: Mindcrime
U.K. / U.K.
あたりがランクインするような気がしますねー

私もI&W派です。

超有名バンドの最高傑作と評価されているものがズラリと勢揃いしているので、プログレ入門には最適ですね。
ただEL&Pが抜けているのに、RUSH3枚というのが歪に感じる(^_^;)。
それに「KANSAS/LEFTOVERTURE」がもっと評価されるべきだと思う。

とてもアメリカらしい結果かな、と感じました。イギリスでやったらPINK FLOYDがトップ取りそうな気がします。あとQUEENの初期作とかもランクインしそう…。

日本での

RUSHの評価が低いのが、いつも寂しいのですが。日本でライブやってほしいです。
今年の大河を、初めて観たのですが、Tarkusがテーマ曲で今更驚きました。

まとめてお返事3

>高見沢さん
QUEENSRYCHEがプログレ扱いされるかどうかは微妙なところですが、EL&PとUKのその2枚はランクインしそうですね。


>ゆうていさん
当然ながら外れのないラインナップではありますね。
EL&Pが抜けているのは確かに日本人的には違和感ですが。
KANSASはなぜかプログレ・マニアには過小評価されている気がしますね。
むしろJOURNEYやBOSTON、STYXあたりの仲間と思われているような雰囲気が。


>ヒゲ・スカイウォーカーさん
QUEENをプログレという狭いカテゴリーに収めて考える人もいるんですかね?
PINK FLOYDはチャート成績から考えてアメリカでももっと人気高いかと思っていましたが、プログレ・ファンの間ではこんなもんなんですね。


>サイコベアさん
RUSH、日本でも東京公演なら2000人クラスの会場を楽に埋められると思うのですが、海外ではスタジアム級ですからね…。

大河のタルカス、ちょっと話題になってましたが、EL&Pの再評価がされているようには思えない所が残念です。視聴率がイマイチだからですかね?(苦笑)

KANSASは...

たしかにそこら辺りのイメージが有ります。
でもそれはテクニカルでありながら、キャッチーな歌メロが有るからなんですよね。
アメリカン・プログレハード自体、産業ロックと揶揄されたのは事実ですが、本来キャッチーな歌を書く事が出来るというのは素晴らしいことです。
YESのトーマトと90125以降、ジェネシスのアバカブ以降、EL&Pのラブ・ビーチ、RUSHだってプログレっぽいのは神々の闘い迄ですし、プログレの有名バンドだって、プログレしないで模索している時期も有りますよね。
また個人的にSTYX/CRYSTAL BALLやザ・ビートルズ/Sgt Pepper's Lonely Heares Club Bandもプログレの名盤だと思いますので、良かったら是非聴いてみて下さい!

しばらくネット回線がイカレてました。

RUSHというバンドを知ってプログレッシヴ・ロックという言葉を知り、人に「プログレと言えばイエス、イエスと言えばプログレだ。まずイエスを聴きなさい」と言われて聴いてみたのだけれどもさっぱり理解できず、「やはりまずは自分が興味を持ったバンドを聴こう」と少しばかりRUSHをかじった経験があるので、このランキングはうれしいです。
結局RUSHも理解できたのはMoving Picturesだけだったものですからなおさら。2112が皆目面白くないというのでは、自分はこのジャンルを聴く資格はないのだなと得心しました。

しかし、その人とはいざこざあってすぐに絶交したのですが、ここでのみなさんの話ぶりを聴いているとRUSHの名前を素通りしてDREAM THEATERでもなくYESをゴリ推しした彼はやはり偏屈だったのでしょうかね。専門はアンダーグラウンド(9ミリとかもゴリ推しされたなー)とクラシック音楽という人でしたし、なんだったんだ、あれは(笑)

蛇足ですが自分は音楽以外にもいろいろなことをやりたいと夢見ているものですから、文学作品からの多大な影響を隠さないニール・パート、ベースとヴォーカルともに秀でたゲディ・リーの存在には大変勇気づけられるものがあります。

>ゆうていさん

プログレ・バンドは80年代軒並みポップ路線に走りましたよね。

私はGENESISで一番好きなアルバムが「INVISIBLE TOUCH」という人間なのでそのことに全く否定的ではありませんが。

THE BEATLESは一通り聴いていますが、STYXは「CORNERSTONE」以降しか聴いていないので、もう少しプログレしていた頃のアルバムも聴いてみたいですね。

>八貝由さん

プログレと言えばYES、という感覚はわからなくもないですけどね。
9mmとクラシックというのはなかなか珍しい組み合わせですね。個性的であろうとしている方だったんでしょうね。