ティモ・トルキの新作ソロが制作中止に

先日このブログでも取り上げた、ティモ・トルキ(G:元STRATOVARIUS, REVOLUTION RENAISSANCE, SYMFONIA)がアーティストのための資金調達支援サイトPledgeMusicを通じて「CLASSICAL VARIATIONS 2 :CREDO」が制作中止になったそうです。

ティモ・トルキの言い分は抽象的で何を言っているのかよくわからないのですが、要はもっといい話が来て、その話とこの「CREDO」の話は両立できないから作るのやめる、という話です。

…人から金集めといてそりゃなくね?
まあ、もちろんPledgeMusicのサイトを通じてちゃんと返金するとは言ってますが(返金しなかったられっきとした詐欺罪ですからね)。

てか、その「いい話」はアルバムを完成させてからじゃダメなんですかね?
子供じゃあるまいし、新しく面白そうな話が来たからって普通今やっていること、しかも多くの人を巻き込んでいることを即座に放り出すなんてありえないでしょ。

こんなことをしておいてティモは「がっかりする必要は全くない。早ければ2013年の第一四半期には、現在秘密裏に作業している成果についてお知らせできるから」そして「言うまでもなく、これは私の人生のなかで最もエキサイティングで創造的な時期であり、君たちが私の生み出す音楽をサポートしてくれるだろうことに高揚している。」などと言い放っています。

さすがティモ! おれたちにできない事を平然とやってのけるッ そこにシビれる、あこがれるゥ!

…いや、ある意味シビれるけど、あこがれはしないかな…(苦笑)。

◆ニュースソース
http://www.blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=177367
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ティモ

さすがです。
ご立派に躁鬱病を発揮しましたね。
さすがに俺も「金を先に集めるのはちょっと…」って思った。

どうやら躁鬱病あまり治ってないような…。
ティモはもう一度入院してきた方がいいんじゃないですかね(苦笑)。
あまりにも飽きるの早いですもん(まあ、それが典型的な躁鬱病の人の行動パターンなんですが)。

トルキェ・・・

キスクにルッピッピも参加するはずだったアルバムだから聴いてみたいと思っていたのにこりゃひでえや……。

そして後半のジョジョネタには笑いました。

adoreさんってジョジョ読んでましたか?

早ければ…お知らせ…できる…

秘密裏の作業というのがそもそもティモの妄想で実際には存在しなんじゃないかという気すらします

予想通り・・・

なぁんか怪しいなと思ったらやっぱりやめちゃいましたね(苦笑)。まああのティモのことだから想像に難くありませんでしたが。
その後に述べている「秘密裏に作業している成果」も妙にウサン臭い気が(苦笑)。

まとめてお返事

>ストラディキャスターさん
アーティストなのでメンタル面で多少の問題を抱えていることはやむを得ないことだと思いますが、彼の場合マネージャーが存在しない(ように見える)ことが最大の問題ですね。


>Shuさん
マイケル・キスクやミケーレ・ルッピ、マイク・ヴェセーラといった参加予定だったアーティストにも失礼な話ですよね。

世代なのでジョジョは普通に読んでいましたが、ある程度ちゃんと読んでいたのは第3部くらいまでなので、あまりジョジョについて偉そうに語ることはできませんね(笑)。


>hkskさん
最高に疑わしいですよね…。


>ハルディンさん
案の定、という感じでしょうか。
もう何をやると言われても眉唾になってしまいますね。

思わず笑ってしまいました。
スムーズに進まないだろうな~とは予測していましたがこうも簡単に中止になってしまうとは・・・(苦笑)
結構楽しみにしていたんですけどね。

新しい話というのも果たして実現するのかどうか・・・

これはひどい。

こういった行為が益々自身の首を絞めているとは思わないのでしょうかね。これだからVision Divineも今回彼の手を離れたんだよ、ってそれは関係ないですね多分(笑)

がっかりとやっぱりとが半々です。ティモの話は話半分で聞かないと疲れてしまいますね。ストラトからこの世界に入ったのでその中心人物だった彼に対してそんな感想を抱いてしまうのが残念です。

まとめてお返事2

>中禅寺巽さん
私も先払いせずに日本で入手できるなら聴きたいと思っていたんですけどね…(苦笑)。
新しいプロジェクトが本当に素晴らしいものであること(そして実現すること)を祈りましょう…。


>Labyrinthファンさん
彼が自分に対する信頼を損ねているという自覚があればこんな軽はずみなことはしないだろうと思うのですが…。


>patoさん
話半分というか、半分もないような…(苦笑)。
往年のファンとしては残念な限りですよね。

えぇええぇええ…

まさに迷走!

それでもお金を出してくれる人がいるという事は、ティモ・トルキは魅力的な人間なのでしょうね。ちょっと羨ましいです。

>Loki Holstさん

本人は正しい道を歩んでいると思っているんでしょうかね…。

>名も無きメタラーさん

ティモ・トルキの人間的な魅力に対してお金を払っているというよりは、これまで残してきた実績に対する期待じゃないですかね。

「FOURTH DIMENTION」から「ELEMENTS PartI」まではどれも優れたアルバムでしたし、それだけの成果を残してきたからこそ、私も今でも彼の動向をフォローしているわけですし。

有名なストラトヴァリウスというバンドの問題児、ということしか知りませんでしたが、今でも奇行を振りまいているんですね。
ただ深読みしてみると、人から寄付金を募ってまでしたプロジェクトに魅力が感じられなくなってしまったとしたら、実直な人間は極度に苦しんだことでしょう。そこを悪びれもせずやってのけられる彼はある意味強い人間なのかも・・・(笑)

ジョジョネタ笑いましたw 自分は伝説的な漫画ということしか知らない世代ですが。

>八貝由さん

まあ双極性障害ですから普通の人とは物事に対する感じ方が違うんでしょうね。

ジョジョネタはもはやネット上では一種の共通語ですね(笑)。