喜多村英梨 / RE;STORY

kitamura_eri01.jpg

オリコン初登場5位を記録した、人気声優キタエリこと喜多村英梨のアルバム。

本作収録曲以前にもポニーキャニオンやランティスからシングルのリリース経験はあり、キャラクターソングやユニットとしての音源リリースも多数あるが、ソロ名義でのアルバムは本作が初となる。

私がこのアルバムを購入し、ここで取り上げた理由は明快で、Syu(G:GALNERYUS)が#1のタイトル曲に参加しているからである(厳密にはそれだけではないが、その点については蛇足なので追記で書きます)。

本人がインタビューで語る所によると、彼女はメロスピやゴシック・メタル、シンフォニック・メタルなどが好きだそうで、その#1「re;story」はそういう側面を見せる自分の名刺のような曲にすべく作ったとのこと。

とはいえ、さすがに必ずしもメタルと呼べるほどヘヴィなわけではないが、その手の音楽が好きな人であれば「いい雰囲気」を感じられる楽曲に仕上がっている。彼女も聴いているという陰陽座のファンにもアピールするかも。

そしてSyuのソロもコンパクトながら、限られた尺の中で限界まで音数を詰め込まんとする速弾き中心のプレイが、この手のジャンルの楽曲としては異彩を放っている。

それ以外の曲についても、オリエンタルなアレンジを取り入れた#3やジャジーな#6などバラエティに富んだ楽曲を収録しつつも、バンド・サウンドをフィーチュアしたロック調のサウンドが中心となっていて、個人的には結構楽しめた。

全体的にはHR/HMというよりはいわゆるV系ロックの要素が強く、本人のヴォーカル・スタイルもあの手のジャンルのヴォーカリストを意識しているものと思われる。

私の世代だとL’Are-en-CielやJanne Da Arcあたりが想起される音ですが、喜多村英梨本人がよく聴いているというthe GazettEやAlice Nineなど、もっと新しいV系バンドに詳しい人にとってはそれらのバンドからの影響が感じられるのかもしれません。

#8のようなかなりヘヴィと言っていい楽曲を収録する一方、アニメ『まよチキ!』OP曲である#9「Be Starters!」や、オリコン8位を記録したアニメ『パパのいうことを聞きなさい』オープニングテーマ#11「Happy Girl」など、いかにもアイドル声優の歌うアニソンっぽい楽曲も収録、客観的にはそういった曲のほうがクオリティが高いかな…。

いずれにせよ、メロディックなHR/HMやSyuのファンで、こういったアニメ的なものやV系っぽいロック・サウンドに抵抗がなければなかなか楽しめる作品ではないかと思います。

◆本作のリード・トラック「re;story」のPV[YouTube]





【追記】
実は私は彼女と面識というか、仕事をしたことがあり、そのときの印象がなかなか良いものであったことも本作の購入動機のひとつといえるかもしれません。

それは、かれこれ5~6年前のことになりますが、私が担当していた彼女の出演作関連商品のCMのナレーション収録の際のことでした(彼女自身は100%憶えていないと思いますが…)。

そのとき、監督の「最後のセリフの箇所、もうちょっと弱々しいというか、儚げな感じでお願いできますか?」というリクエストに対し、「あ、私すごく後ろ向きなんで、そういうの得意です」と言ってニコッと微笑んだ彼女にちょっとキュンとしたのを憶えています(笑)。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

なんと……。

Syuが声優のアルバムに参加!?

ギタリスト活動10年目にしてついにそこまで行ったのか……。

僕自身声優やアニソン等に抵抗はない(むしろ好んでさえいます。)ので、これは結構気になるアルバムですねー。

個人的にadoreさんはこういうアルバムには手を出さないイメージがあったので少し驚きです。

まぁ、Syuが参加してるとなれば購入動機に繋がりますよね。

一番驚いたのは彼女と面識があったことですが(笑)

あと声優繋がりで水樹奈々(HR/HM系統の曲もやってるので)辺りを取り上げて欲しいなぁなんて思っていたり。

まぁ、やらないとは分かってますけど……。

アニソンとメタルは対極のような存在なのかと思いきや、意外と接点が多いものですねぇ。

このアルバムの編曲やギター演奏のほとんどを、河合英嗣という方がやっていますが、この方もHR/HM出身みたいですね。
Syuのように高速シュレッドは披露していないようですが、河合氏のプレイにも注目して聴いてみようかと思います。

いや、びっくりしましたもうw サイトまちがえたかと思いましたもんw
彼女がツイッターで「北欧メタル最高! そういう曲入れてもらえるように言ってみよう」みたいなこと言ってるのは見てましたが、まさかそれでSyuが参入してくるとは(笑)
それもですが、メタルファンというのはアニソンとかラルクとかいう言葉に条件反射的な蔑視を向けるような先入観があったので、アニソンファンでもありラルクファンでもある自分にはそういったワードもさらっと口にされるほど寛容な方が、大変メジャーな(このブログを知る前から、METALGATEでのレビューには何度も通りすがったことがありました)レビューサイトをやっておられることが嬉しくて仕方ありません。

アニソン界は、LAZYのヴォーカリストだった影山ヒロノブの影響が非常に大きい。前にもコメントで触れさせていただきましたね。
今彼が率いているJAM Projectというユニットには本式HR/HMのファンにも自信満々に示せる実力をもったシンガーが集結しています。なんせ坂本英三も創立メンバーのひとりでした。それにとどまらず、樋口宗孝や福田洋也がレコーディングやライヴに参加したこともあります。このあいだはANIMETAL USAと対バンしたらしいです。また所属事務所ランティスの社長も、LAZY出身の井上俊次だったりします。
垣根を気にされず陰陽座なども偏見なく評価をされるAdoreさんの姿勢からすると、このユニットにノータッチであることは不思議なほどです。
差し出がましいことを承知でひとつライヴ映像のURLを張っておきますので、ご一見ください。
http://www.youtube.com/watch?v=9ZPXvhxO4Dc

現代のティーンたちがこのようなテンションのライヴに武道館を満タンにして熱狂している、というだけでも、ショックを受けられるはずです。
ちなみにキタエリはつい4日前が25歳の誕生日でした(笑)
5~6年前の作品で、その時点で彼女がCMを担当するような主要キャストにある作品と言えば、Blood+ですね? 個人的にはHYDEが主題歌を提供していたのをきっかけにちょっとだけ見てみた作品です。

まとめてお返事

>Shuさん
10年後には声優のバック・ギタリストとしての仕事がメインになっているかもしれませんね(笑)。


>高見沢さん
アニソンというのはV系と同じく音楽性を定義するジャンル名ではないので、HR/HMは別に対極ではないというか、その気になればHR/HMがアニソンになりうるという類の言葉だと思いますよ。

本作はギターのみならずベースやドラムなども結構聴き応えのあるプレイを聴くことができますので、ご興味あれば、ぜひ。


>八貝由さん
アニソンやらV系やらに拒絶反応を示すのは一部のこだわりの強い人だけで、(私を含む)普通のHR/HMファンにとっては特に目くじら立てるようなことではないと思いますよ。
ただその「こだわりの強い人」人のほうが声がデカいから目立つだけで(笑)。

JAM PROJECTは昨年の東京ゲームショウか何かでライヴをやっていて、ご紹介いただいた映像同様、熱く盛り上がっているのを横目で見ていた記憶があります。
まあ、たまたま「聴く機会」がなかった、積極的に聴きたいと思えなかったアーティストですね。

初めまして。いつもブログ読んでます。
記事とは全く関係ない話なのですがこのサイト、知っていましたか?
http://blogs.yahoo.co.jp/rucasody_of_fire
どこかで見たような文章だなあ・・・と思ったらadoreさんのレビューをまるごとコピペしているサイトのようですが・・・。

いつもブログを読ませて頂いてます。
初め見たとき一体何があったんだと思いましたが
そのような理由があったのですね。
彼女の事は知っていましたがメタル好きとは初耳でした。
知ったきっかけである"らせん"と言う曲もメタル色の強いもので
この辺にも彼女の趣味が入っているのかもしれないですね。
ゴリゴリなメタルの曲も聴いてみたいですけれど
アイドル声優なので難しいですかね…。

まとめてお返事2

>Divroさん
初めまして。
そのサイトというかブログについては、何件か「通報」メールをいただいているので、把握はしています。
パクられるのは初めてではありませんが、ここまでまとまった量を丸ごとコピペされるのは初めてですね。ご苦労なことです。

あまり大人げないことはしたくないのでしばらくは泳がせておき、本人のモラルあるいは羞恥心の目覚めを待ちたいと思います。


>C.O.Biwakoさん
秀逸なHNですね(笑)。滋賀県の方ですか?

私も彼女のことは知っていましたが、メタル好きというのは初耳でした(笑)。

彼女は歌もなかなか上手ですが、個人的にはゴリゴリのメタルよりはポップな曲でこそ魅力的に映える歌声だと思うので、本作くらいでちょうどいいのではないかと思っています。

こういう曲ばかりなら聴いてみたくなります。最近の活動を見るとマーティーさんが出てきてギターソロを弾きそうですね(笑)

Divroさんが貼られているサイトを怖いもの見たさで覗いてみたらびつくりしました(笑)メタルの世界にパクリはつきものですが完コピとは…(笑)

上記のサイトなかなかやりますね笑カイハンセン師匠やパクリ天国のスティールパンサーがまともに見えてくるとは
フォロワーが出てくるとはadoreさんも有名になりましたね(なぜか上から目線笑)

初めて聴きましたが適度なハードさがいい曲ですね。確かにV系っぽいかも。SyuのGが短い中で弾きまくりなのもマル。

そういえばそのブログ、私も前から結構気になってました。adoreさんのレビューを丸々コピペはいくらなんでもマズイのでは・・・と思っていたのですが、一応通報はあったのですね。なんだか話題がエントリーから離れてしまってスミマセン(?/汗)。

まとめてお返事3

>B!13さん
次作あたりではマーティが出てきてもおかしくありませんね(笑)。
ただ彼女はあんまりMEGADETHとかは聴いてないっぽいですが。

そのサイトについては、よくこれだけの数をコピペしたなあとある意味感心しました(苦笑)。
ちょいちょい点数はいじっているようなので、本人は完コピではないと言い張るかもしれませんが(笑)。


>NOV-LYNNさん
カイ・ハンセンやSTEEL PANTHERのアレはパクリではなくオマージュですからねえ…(笑)。
そのサイトにはパクリ元に対する敬意は全く感じられないだけに、フォロワーというべきか窃盗犯というべきか微妙な所です。

まあ、有名じゃないからこそパクっても大丈夫だろうと思ったんじゃないですかね(苦笑)。


>ハルディンさん
そう、適度なハードさが聴きやすい作品でした。
一部、アイドル声優マニアにとってはハード過ぎるという声もあるようですが…。

丸々コピペはまあ普通に考えてアウトですよね(笑)。
てっきりまだネット始めたばかりの中高生かと思ったら、結構いい歳の方みたいで、どういう神経なんだろう…と思ってしまいました(苦笑)。

上坂すみれ嬢をPUSHさせていただきます。

「Happy Girl」なら「パパの言うことを聞きなさい」のラジオで何度も聴きました。
その「パパの言うことを聞きなさい」でキタエリは次女役でしたが、ラジオのパーソナリティを務め、長女役だったのが[スペクラの最終兵器]、[常識を持った狂気]などと新人声優らしからぬ異名を持つ上坂すみれ嬢その人です。
声優界一のロシア(というかソ連)好きとして有名ですが、ゴシックロリータに身を包み、ミリタリー、ホラー漫画、昭和歌謡曲、テクノなどを愛する多彩な趣味をお持ちのようです。
また最近メタルに目覚めたらしく、彼女がパーソナリティを務めるLady Go!!月曜日では昭和歌謡曲やテクノに混じって、たまにメタルをかけてくれます。
今までブラック・サバス「パラノイド」に始まり、ハロウィン「Dr.Stein」、オジー・オズボーン、ジューダス・プリースト、先週はなんとSTRATOVARIUSで、今週はディープ・パープルです。
キタエリとは北欧メタル談義でもしたのでしょうかねぇ。


...じつはSTRATOVARIUSもディープ・パープルも知らない曲でした(不覚)。

>ゆうていさん

親愛なる同志、というのはソ連ネタですかね。
最近は声優さんもキャラが立ってますよね。声が良くて演技力があるだけじゃ声優になれない時代というのも、声優の本分を考えるといかがなものかと思いますが。

ゴスロリでホラー好きなのにSLIPKNOTとかMARILYN MANSONじゃないのが頼もしいですね。