CHARLIE SHRED / CHARLIE SHRED

charlieshred01.jpg

日本では5月23日に、REINXEEDの「WELCOME TO THE THEATER」、PELLEKの「BAG OF TRICKS」と同時にリリースされた、トミー・レインエクシード関連作品(と十把一絡げにすると失礼かもしれないが)のひとつ。

このCHARLIE SHRED(速弾きチャーリー? 奇妙なバンド名である)は、REINXEEDにサイド・ギタリストとして在籍しているキャリー・サンドベリ(Vo, G)と、過去に在籍していたマティアス・ヨハンソン(G)によって2008年に結成されたバンド。

その彼らがプロデューサーおよびドラマーにトミー・レインエクシードを迎え、発表したのがこのデビュー・アルバムである。

そんな「REINXEED人脈」によるバンドながら、楽曲は自分たちで書いており、その音楽性はトミー・レインエクシードがこれまでクリエイトしてきたサウンドとはいささか距離があるもの。

明らかにジェイムズ・ヘットフィールド(METALLICA)を意識した歌い回しを聞かせるキャリー・サンドベリの歌声が、いかにも北欧にありがちなマイルド系ハイトーン・ヴォイス(嫌いじゃない、というかむしろ好き/笑)であり、必ずしもメロディ志向ではない楽曲の中でさえ北欧人ならではのメロディ・センスが垣間見えることもあって、なんとなくメロディック・パワー・メタル的に聞こえる瞬間もある。

しかし、このバンドの基本は、本人たちが影響を口にする通りMETALLICA、IRON MAIDENといったもっとオーセンティックなへヴィ・メタル・バンドであり、REINXEEDのようなシンフォニックなメロディック・パワー・メタルとは一線を画する、よりシンプルなリフ志向のへヴィ・メタル・サウンドである。

REINXEEDですらB級と感じている私なので、その関連商品的な印象の本作に対してもB級な印象を抱いており、実際本作に収められた音楽はA級とはとても呼べないものだが、そのまっすぐでひたむきなメタル愛が感じられるサウンドは存外心地よい。

リフ・ワークはありがちだが、それだけに安心感があるし、先述したとおり、私好みのシンガーの歌うメロディにも北欧ならではのフックがあり、ジェイムズ・ヘットフィールドの物真似っぷりも微笑ましい。

所々METALLICAへの憧憬があまりにも露骨過ぎて、正直プロフェッショナルな印象は受けないし、このバンドが世界的な成功を収めるとは思えない。しかし、なかなか好感が持てる音ではあって、もし地元のライヴハウスにこんなバンドが出演していたら、時々足を運んでビールでも飲みながら観たいな、と思えるような愛嬌がある。

正直あんまり期待していなかったというか、ぶっちゃけつまらなそうと思っていた(そんなCD買うなよ、って話ですが/笑)にもかかわらず、少なくとも本作を聴いて損をしたとは思わなかったな。

しかし、関わり方はまちまちとはいえ、自分が関わったアルバムを3枚同時に発売させるとは、トミー・レインエクシードはよく働くなぁ(笑)【79点】

◆本作のティザー映像 [YouTube]



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます