UNISONIC / GOTTHARD 来日公演 at SHIBUYA-AX 2012.9.7

今日は担当クライアントの宣伝部の多くが出張に出ていたため、まんまと仕事からの逃走に成功。

とはいえ開演時間10分前に会場に着くのが精いっぱいだったわけだが、2階指定席なので問題はない。
この会場で2階席は2005年のANGRA&NIGHTWISHのカップリング公演以来だ。

ドリンクチケット(というか、メダル? コイン?)をビールに引き換えて、席に着く。
ライヴを観ながら飲むビールは格別ですね。

余談ですが、2階席1列目中央にはキャプテンこと和田誠氏が鎮座していらっしゃいました。挨拶していたのは奥村氏かな?
噂によると昨日は伊藤政則氏が同じ場所に鎮座していたそうです。

昨日は8割くらいの入りだったと聞くが、フロアを見下ろすと本日はほぼ満員。年齢層はかなり高めで30代~40代と思しき人々がメインか。

場内BGMのDRAGONFORCE「Heroes of Our Time」が流れている中、突如謎のニック・メーダー・コールが場内上手(かみて)前方の、スイス国旗を持った人たちを中心に巻き起こる。

しかし思いのほかDRAGONFORCEの曲は長く、開演を待たずしてニック・メーダー・コールは失速して終了する。

そしてようやくDRAGONFORCEの曲が終わる頃、場内が暗転し、前座であるGOTTHARDのショウが始まる。

うーん、音が悪い…。ハイがキツ過ぎる上、音量自体も大きくて耳がキンキンする。このバンドの曲はこんな硬質なサウンドじゃなく、もっとウォームなサウンドの方がハマるのに…。

アルバム「LIP SURVICE」収録の「Dream On」で幕を開けた本日のライヴにおける注目ポイントは、やはり故スティーヴ・リーの後任という大役に抜擢された新ヴォーカリスト、ニック・メーダーだ。

とりあえずデカい。しかもかなりゴツい。

スティーヴをさらにハスキー&ブルージーにしたような歌声自体には違和感はほとんどなく、音楽再現性におけるダメージは小さい。

ただ、LOUD PARK 09で観たスティーヴ在籍時のライヴに比べ、明らかに華がない。ギターを弾いてみたり、ハットを被ってみたり、色々と頑張ってはいたんですけどね。

やっぱりスティーヴは母国のスターならではのオーラがあったし、パフォーマンスが堂々としていてカッコよかった。

それに比べるとニックは、やはり新入りだからかちょっと一歩引いている感じで、その代わりといってはなんだが、リード・ギタリストのレオ・レオーニがやたらとハッスルして存在を主張していた。ただ、残念ながらあまりカッコよくはない…。

途中、亡きスティーヴに捧げられた「One Life, One Soul」では場内にエモーショナルな空気が流れ、みんなさすがにスティーヴの悲報は知っている感じでした(当たり前?)。

後ろの方まで結構盛り上がっていたし、マイクを向けられるとフロア前方を中心にちゃんと歌声も起きていたので、場内の雰囲気は決して悪くなかったが、個人的には決して派手とは思っていないGOTTHARDの曲が、ニックのブルージーな歌声によってさらに地味になってしまっていて、ちょっと退屈な瞬間もありました。

LOUD PARK 09で観たときには「こりゃ今日イチかも」と思ったほど良かったのになー。

まあ、ニックがもう少し大舞台での場数を踏んで、華を身に着けてくれれば解決する問題なのかもしれませんが。

1時間強でGOTTHARDのライヴが終わると、30分ほどのセットチェンジを経て、UNISONICのショウが始まる。

場内BGMのNICKELBACK「Gotta Be Somebody」が終わる前に場内が暗転、おもむろにワーグナーの「ワルキューレの騎行」が流れる。

そしてバンドのテーマ曲と言うべき「Unisonic」でライヴがスタート。サングラスをかけたマイケル・キスク(Vo)が登場すると大歓声が上がる。

そしてサビではGOTTHARDのときの3倍くらい大きなコーラスが巻き起こり、ああ、やっぱり大半のオーディエンスはUNISONIC目当てなんだな、と感じた(単に合唱しやすいサビだから、というのもあるけど)。

しかしこちらもGOTTHARDに輪をかけて音が悪い…。というか、機材もバックドロップも明らかにGOTTHARDよりもショボい(苦笑)。

というのも、日本でこそUNISONICがメインだが、ヨーロッパ・ツアーではGOTTHARDがメイン・アクトで、UNISONICが前座だから、ということなのだろう。

快活な「Never Too Late」、メタリックな「King For A Day」、ちょっとダンサブルな「I’ve Tried」とショウはスムーズに進行。注目のマイケル・キスクのヴォーカルは、低音部こそややコントロールに難儀している節もあったが、高音の伸びは素晴らしく、衰えは全く感じられない。

衣装も今までのように黒いだけの普段着、みたいなカッコではなく、ちゃんとステージ衣装(?)を着ていたし、LOUD PARK 11でのステージと比べてもフロントマンらしくなっていて、ああ、きっと自信を取り戻してきたんだな、となんだか嬉しくなった。

時折見せるロボットみたいなアクションはあまりカッコいいとは思えなかったが…(苦笑)。

「僕は18歳でキャリアを始めて、今は44歳だ。長い年月が流れた。髪の毛は無くなり、体重は増えた」と自虐ネタで笑いを取った後、その長い年月をさかのぼる楽曲がプレイされる。

「March Of Time」だ。当然周囲は大歓声。私も興奮して歌えるはずのない音域で声を枯らしながらサビを絶叫する。

ただ、昨日は私にとって洋楽メタルに目覚めるきっかけとなった私的超名曲「I’m Alive」だったとのことなので、正直あちゃー、外したな、という思いも実は密かにありました(苦笑)。

まあ、昨日はライヴの時間にモロ会議が入っていたのでどのみち無理だったんですけどね…。

大盛り上がりの「March Of Time」の後は、耳慣れない曲。後で知ったが、アルバム「UNISONIC」の欧州盤ボーナス・トラックである「Over The Rainbow」というバラードだ。曲自体はなかなか良かった。

というか、このバンドの曲って、路線としては必ずしも私のストライクゾーンではないものの、何気にどの曲もそれなりにキャラが立っていて、結構いいんだよね。今回のライヴのために聴き返していてあらためて思いました。

ただ、ライヴ映えする曲とそうでない曲は結構明確に分かれていた気もするけど…(「My Sanctuary」と「Souls Alive」は曲としては割と好きだが、ライヴではイマイチだと感じた)。

途中、今時珍しいギター・ソロ・タイムがあり、カイ・ハンセンが速弾き中心の「俺はメタル派!」、マンディ・メイヤーがボトル・ネックを駆使した「俺はハード・ロック派!」といった感じの毛色の異なるソロを披露。

ただ、一番盛り上がったのはやはりカイが「荒城の月」のメロディを弾いたときでしょうか。

ていうか、カイは目立ち過ぎ(笑)。フロントマンばりに動きまくりだし、音もマンディより明らかにデカいし、本編ラストのマイケル曰く「パーティ・ソング」、「Never Change Me」ではサビ前のコーラスを担当していたにもかかわらず、2回目のコーラス前には少し離れた所でよそ見をしていてコーラスをすっぽかす(マイケルが指さしまでしていたのに!/笑)、なんてお茶目まで披露。

バンドに一番最後に加入したにもかかわらずこの目立ちよう…「オメー、新入りのくせに生意気だぞ」と放課後体育館の裏に呼ばれてシメられてもおかしくないレベル(笑)。

アンコールは皆が期待している通り、HELLOWEENクラシックの「Future World」と「I Want Out」の2連発。「Future World」の導入はいつも通りグリーグの「山の魔王の宮殿にて」。

「Future World」の中間部ではマイケル・キスクが愛好するエルヴィス・プレスリーの曲をはじめとするオールディーズな楽曲を遊び的に挟んだりしつつ、「70,000人の」(ジャーマン・ジョークです)オーディエンスとの長いコール&レスポンスが。

「I Want Out」も当然の大盛り上がり&大合唱でしたが、やはり二度目となるとちょっと感動が薄れるかな(←贅沢)。でも、とにかく最後までマイケルのハイトーンは全開で、その高音の伸びには一種のカタルシスさえ感じましたね。「伸びてくれっ!」と思う所でちゃんと伸びていくというか。

終演後、メンバーがカーテンコールをしようとしているときに、カイ・ハンセンは一人フロアに降りてオーディエンスとたわむれている(苦笑)。マジでシメられるぞ、そのうち(笑)。

いや、実際にはメタル(?)がこんなんでいいの? ってほど和気あいあいとしたムードの楽しげなライヴだったのですが。

そしてカーテンコールで並んでみると、案の定というかカイが一番小さい。
それなのにあの存在感、やっぱりなんだかんだ言ってカリスマなんだなあ。

とりあえず今回聴けなかった「I’m Alive」を聴くために、次回の来日にも足を運ばなきゃ…(苦笑)。
それともそれはいつか訪れるかもしれない、KEEPER'S HELLOWEEN「再結成」イベントに期待すべきなのか…?



◆GOTTHARD 本日のセットリスト
01. Dream On
02. Gone Too Far
03. Starlight
04. Top Of The World
05. Remember It's Me
06. Sister Moon
07. Fight
08. Hush
09. One Life, One Soul
10. The Story's Over
11. Mountain Mama
12. Right On
13. Lift U Up
14. Anytime Anywhere


◆UNISONIC 本日のセットリスト
01. Unisonic
02. Never Too Late
03. King For A Day
04. I've Tried
05. My Sanctuary
06. March Of Time
07. Over The Rainbow
08. Star Rider
09. [Guitar Solo]
10. Souls Alive
11. We Rise
12. Never Change Me
※アンコール
13. Future World
14. I Want Out

GOTTHARDの方はぶっちゃけ自信ないです。間違ってたらご指摘ください。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スティーブで見ときたかったなぁ…

スティーブ期からあわせて初めてのGOTTHARDのライブで、Dream Onが始まった時点で何故か泣いておりました(笑

大好きな歌がまだ生きている、って感じで終始感動しとったわけですが、ボーカルに関しては…それこそ「伸びてくれ!」ってところで伸びてくれない感じで、引き込まれきらないって感じでした。スティーブのライブを体感した人が本当に羨ましいです。

声量とレンジはともかく、声の伸びは頑張って鍛えれば良くなる気がするので頑張って欲しいです。まだ30代だし。

UNISONICはアルバムも聞いていなかったんですが、ニックで溜まった歌へのフラストレーションを吹っ飛ばしてくれました(笑

自虐ネタのオチ(?)、「でもまだ歌える!」ってとこにちょっとグッときました(基本涙腺超緩いです)。

GOTTHARDもUNISONICも音が悪かったのが残念でしたねー。

キスケ

AX行きました。開演直後当日券で二階に行けたのは良し。

GOTTHARD、LOUD PARK以来ですが良かったのでは?ニックになってアルバムは買わなかったんですが、健闘してたように見えました。でも健闘してたレベルじゃスティーブの後任は務まらないってことですかね。アルバム買わなかったってこと自体スティーブだったんですね、このバンド。

UNISONIC、AVANTASIAで感動した以来で今回は少しだけ何かを期待しながら。MARCH OF TIME!良かった〜アンディバージョンっと比較してしまってました(笑)

絶対キスケ信者だと思っていた自分が、なぜか声もよく出ていたのに少ししっくりこないのは。。。もともとゆるキャラステージングと歌の上手さのギャップが大きいのがこの人のショーなんですね。慣れるのに時間少し時間が掛かりましたがCHAMELEONで見た時よりは真面目にやってくれてました。

もう少しHELLOWEENの曲を!との考えもありますが、実際HELLOWEENのカイ作キスケボーカルの曲ってアルバム一枚分あるかないかくらいですからね。その上HALLOWEEN歌うのも(苦笑)

UNISONICの曲も良かったですね。UNISONICが始まった時の音のバランス悪さには少しこけましたが、MY SANCTUARYなんかは良い曲だなぁと。

ひとまずGOTTHARDは存続してくれたこと、UNISONICはLIVEをフルでやってくれたことに感謝です。

>けー坊さん

ニックは声の伸びで勝負するというよりはブルージーでソウルフルなフィーリングで勝負するタイプみたいですからねえ。
その点スティーヴは…と言っても詮無いことですが。

UNISONICを聴かずに行ったということはGOTTHARD目当てだったんですか?

GOTTHARD

改めてSteveと比べてしまうと、やっぱり地味なのは否めませんが。
健闘していたと思いますよ。
やっぱりSteve、かっこよかったな~。NicにもSteveに並ぶくらいに(またはそれ以上に)なってほしいです。

UNISONICは、Mandyが見れたので幸せ♥

>まるさん

当日券で2階席出てたんですか。じゃあかなり近距離にいらっしゃったんですね(笑)。

スティーヴ存命時のGOTTHARDのライヴの印象は「スティーヴとそのバックバンド」に近いものだったので、やはり「健闘」レベルではライヴの印象として見劣りしてしまいますね…。

おっしゃる通りUNISONICの曲もなかなか良いので、HELLOWEENの曲はとりあえず今やっている曲だけで回していってもいいんじゃないですかね。
「Twilight Of The Gods」とかやってくれたら嬉しいですが、ああいう曲はマイケルは嫌いそうですし。

>ririxさん

スティーヴは手足が長くてカッコよかったですね。
ニックは年齢はそこそこいってますが、ビッグなバンドでのステージ経験を積むのはこれからだと思うので、成長を期待したいですね。

UNISONICの見所がマンディって、完全に「GOTTHARD派」ですね(笑)。
たしかにマンディ・メイヤーはスリムでカッコいいギタリストですが。

完全にGOTTHARD目当てでした(笑)
UNISONICに期待してなかったわけじゃないですけどね。買う余裕がなかったので(苦笑

なんとなくですが、ニックはミュージシャン肌、スティーブはアスリート肌な印象があります。
だからってことでもないですがもうちょっとステージ上で動いて欲しいかな。全体にもうちょっと運動量が欲しい(笑

アラフィフのカイ・ハンセンの方が元気に動いてたような(キャラ立ちの問題か?)。

大阪公演は全席指定にドリンクなし、SOLD OUTもせず照明も何か薄暗くて、正直盛り上がりには欠けた感じでした。
が、キスケの声はほんと素晴らしいですね。UNISONICでキーパーの曲が聴ければHELLOWEENに求めるものも変わってきて、またいいんじゃないでしょうか。ぜひこのままカイ入りでバンド続けてほしい。

>けー坊さん

まあニックは自分でギター弾きますからね。
個人的にはギタリストが2人もいるのにフロントマンがギター弾く意味は薄いんじゃないかって気がしますけど。

カイ・ハンセンは動きまくりでしたね。落ち着く気配なし(笑)。

>名も無きメタラーさん

大阪は会場が大きすぎたみたいですね。
ジャーマン・メタル全盛時代は大阪が一番盛り上がるという評判だっただけに、期待されていたのかもしれませんが…。

来年またHELLOWEENとGAMMA RAYの共同ツアーが行われるようですが、HELLOWEENとUNISONICのツアーというのも面白いかもしれませんね。

カイは目立った方がいいんじゃないですかね(笑)。
KEEPER'S HELLOWEEN「再結成」イベントがあるなら期待したいですよね。

>ストラディキャスターさん

カイはGAMMA RAYがあるんだからそちらで目立てばいいのではないでしょうか(笑)。
KEEPER'S HELLOWEEN「再結成」は、単発でかまわないので(むしろ単発でいい)見果てぬ夢ですねー。

夢見ついでに

もしやるとしたらドラマーはどうしますか>キーパー再結成
ウリは叩きすぎそうだし…
ダニが無難ですかね

>名も無きメタラーさん

ウリ・カッシュはGAMMA RAYの在籍経験もあり、カイとの縁もありますが、まあダニー・ルブレの方が無難でしょうね。
GAMMA RAYもHELLOWEENも辞めているということは何かしら折り合いが悪かったということだと思いますし。

今頃この記事にコメント書いて、すみません

こんばんは。

今回のGotthard/Unisonic公演を観に行けませんでした。電車で帰れるけど遠方だし、翌日は6時すぎ起床…。
行けるなら、Feder-bearを持って行きましたよ。Gotthardの同胞、Federerがモデルの熊の縫い包みです。念の為、URL欄にFeder-bear画像があるwebを書きました。

さて、ライブで音が悪いのは致命的であり、生演奏で曲を聴いて貰う以上、サウンドチェックをしっかりすべきだ、と思います。会場自体が問題なのか、サウンドチェック係の怠慢か、どちらでしょうかね。

Nickは、声もルックスも良い方です。でも…あかん、華があって男性的な感じのSteveと比べるのが間違いなのだ! Steveの死を思い出し、悲しくなりました。
ただ、Gotthard同様、INXSもカリスマ的Vo.を悲劇的な形で失いました。その後、INXSのVo.は、3人変わってます。でも誰も、Michael Hutchenceにはなり得ない。Michaelと比べるのが、間違いですがね…。今も活動してますが、地味な感じは否めません。
Gotthardが、勢いを維持できるか否か。バンドとして、ここは踏ん張り所です。

Vo.の交代は、本当に難しいですな。Judas Priest、Iron MaidenもVo.が一時期変わったけど、上手くいかなかったかで、RobとBruceが復帰。Vo.は、バンドの華であり個性、象徴なのですね…。

今後の音楽の方向性に合うだろうと思って、バンドはNickを入れたのでしょう。Nickは今、自分の個性を確立させる為、必死だと思います。Andi Deris @Helloween、Steve Hogarth @Marillion、Brian Johnson @AC/DCに続くか如何か、Nickも、ここは踏ん張り所です。先程の3人も、前任者との比較に曝されてきているのです。だから、まずは日々最善を尽くそう, Hoop, Nick!!

>俄フェレリスタさん

スタンディングだと邪魔になりそうなクマですね(笑)。
すぐにステージに投げ込むならいいかもしれませんが。

サウンドは良くなかったですが、むしろサウンドの良いライヴの方が少ないような気がするので(苦笑)、個人的にはまあ許容範囲ではありましたよ。

偉大な前任者の後任は大変ですよね。
このバンドの場合、前任者の復帰はありえませんから、ニックはもちろん、バンドとしても腹をくくってがんばるしかないでしょうね。