マイク・ポートノイの人生TOP100アルバム

元DREAM THEATER、現ADRENALINE MOBのドラマー、マイク・ポートノイが「オールタイムから選ぶマイ・ベスト・アルバム TOP100」を発表しました。

なぜこのタイミングで発表したのかよくわかりませんが、とりあえずTOP10は以下の通り。

01. THE BEATLES "SGT PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND"(1967)
02. THE WHO "TOMMY"(1969)
03. DAVID BOWIE "ZIGGY STARDUST AND THE SPIDERS FROM MARS"(1972)
04. ELTON JOHN "GOODBYE YELLOW BRICK ROAD"(1973)
05. PINK FLOYD "THE WALL"(1979)
06. BEASTIE BOYS "PAUL'S BOUTIQUE"(1987)
07. MR.BUNGLE "MR.BUNGLE"(1991)
08. JELLYFISH "SPLIT MILK"(1993)
09. RADIOHEAD "OK COMPUTER"(1997)
10. MUSE "ABSOLUTION"(2003)

ビートルズの最高傑作と言われる「サージェント・ペパーズ」が1位って、どこの駆け出しロック評論家だよ、と思いましたが、もしかしてこれは順位じゃなく、年代順…?

いずれにせよ、「俺ロックにはちょっと詳しいんだよね~」というタイプの人間が幅広い年代から、幅広いジャンルに渡って、メジャーなものからちょっとマニアックなものまでバランス良く選んだ感じのランキングで、今ひとつ「こだわり」が感じられないランキングです。

フツー、こんなにバランス良く好きになれないでしょ。まあグランジとメロコアは入ってないけど。

ロックなら何でも好き、なんてのは「特に好きなロックはない」ってのとイコールだと思いますからね(僕は「どんな音楽が好き?」という質問に「なんでも聴くよ」という回答をする人間は音楽に興味がない人だと判断します)。

とはいえ、100枚のセレクト全体を見れば、プログレやメタルが多めではあるし、MUSEだのOPETHだのTHE FLAMING LIPSだのBIGELFだの「好きだ」と公言していたバンドはちゃんと網羅されていて「言行一致」していることは確か。

DREAM THEATERでアルバム丸ごとカヴァーしていたIRON MAIDENの「THE NUMBER OF THE BEAST」が選ばれていないことはちょっと納得いきませんがね(笑/「PIECE OF MIND」は選出されている)。

結構ダイレクトに影響を受けていると思っていたFATES WARNINGからは1枚しか選ばれておらず(しかもまだプログレ色が強くない時期のアルバム)、一方でMARILLIONが3枚も選ばれているのはちょっと意外だったり。

意外と言えば、結構ベタで王道なセレクトが並ぶ中、SLIPKNOTが「VOL.3」で、U2が「ACHTUNG BABY」というのは意外なチョイスですかね。

LED ZEPPELINの「PHYSICAL GRAFFITI」に「HOUSE OF HOLY」というチョイスも割と変化球ですが、まあこの2枚はZEPのカタログの中では「プログレッシヴなアルバム」という一面があるので、その辺りを気に入っているのかもしれませんね。

THE ROLLING STONESの「THEIR SATANIC MAJESTY'S REQUEST」は一般的な評価としては「迷盤」の類ではないかと思いますが、このリストのあちこちで「コンセプト・アルバム好き」をアピールしているので、その流れにあるものでしょう。 一部の「識者」には評価されてますしね(僕はストーンズのアルバムとして聴くとある意味面白いと思いますが、それほど有名ではないバンドがこれを作ったとしたら評価されたとは思いません)。

全体的なメタル比率の低さについては不満な私も、アメリカの有名ミュージシャンのセレクトとしては異例なことにHELLOWEENの「THE KEEPER OF THE SEVEN KEYS PTS 1&2」がセレクトされているのでなんとなく許してしまいます(笑)。

Castle of Paganの(今はBELLFASTの、って呼んだ方が喜ばれるのかしら?)KohさんもKING DIAMONDの「ABIGAIL」と「THEM」が選ばれているので、なんだかんだ言って許してしまうのではないでしょうか(笑)。

ただ、やっぱり個人的に問い詰めたいのはオマエは本当にQUEENSRYCHEの「OPERATION : MINDCRIME」よりもヒップホップであるBEASTIE BOYSの「PAUL'S BOUTIQUE」の方が好きなのか、という件と、100枚には選出されていないRUSHの「2112」や「A FAREWELL TO KINGS」よりパンクであるSEX PISTOLSの「NEVER MIND THE BOLLOCKS」やギャングスタ・ラップであるN.W.Aの「STRAIGHT OUTTA COMPTON」の方が好きなのか、という件ですね(笑)。

◆ニュースソース
http://amass.jp/15894
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

>フツー、こんなにバランス良く好きになれないでしょ。まあグランジとメロコアは入ってないけど。
 僕もこういうベストを選ぶときけっこう「ポピュラー音楽しか聴いてないひとと思われそうだし(古い)ジャズやクラシック音楽からも何枚か入れよう」みたいな小賢しい考えかたをして選ぶことが多いのでそんな感じじゃないですかね(笑)
個人的に DREAM THEATER の音楽から想像されるわりにフュージョン人脈のアルバムがないのが意外といえば意外でしたが、そっちはペトルーシとかのアイディアなんですかね。

ランキング

年代順のようですね。
>フツー、こんなにバランス良く好きになれないでしょ。
なれないと思いますよ。
人それぞれこだわりがあるし、好きなバンド嫌いなバンドあるでしょう。
俺も「何でも聴く」というのは一種の質問回避のようなものだなと思います。
本当に好きなら、好きなジャンルと音楽性をちゃんと語れますし。
ただ、QUEENSRYCHEの「OPERATION : MINDCRIME」が上位に入ってないのはあり得ないでしょう(苦笑)。

O:Mが上位に入るくらいならDT脱退してないのでは。

まとめてお返事

>ノームさん
たしかになんとなく「こういうのも聴いてるだよ」的なアピールはしたくなりますよね(笑)。
ただ、静かに自分の胸に手を当てて考えると、本当に好きなものはやっぱり偏ってるものなのですが(笑)。

たしかにフュージョン系のアルバムがないのはちょっと驚きですね。
「別枠」扱いなのか、それとも実はその手の音楽はそれほど好きではないのか…。

いずれにせよ、このランキングの意図するところは「俺ってロック全般に詳しいぜ」ということなのだろうと思います(笑)。


>ストラディキャスターさん
たしかに「何でも」というのは一種の質問回避ですね。
当人としては興味のないことで無駄な摩擦が起きないように当たり障りのない回答をしただけかもしれませんが(苦笑)。

QRはかつて好きだったことは間違いないと思いますが、今はそれほどでも、ってことなんですかね。


>名も無きメタラーさん
やっぱりあの脱退劇の理由はそういう音楽的な問題だったんですかね?

King Diamond的な嗜好は嬉しくなるほどに同意ですが、やはりポートノイは流行りもの好きな日和見野郎だなーっつー印象ですね(笑) ドラム上手いからいいんですがw

>Kohさん

なんと、わざわざコメントを残していただくとは…。うかつにお名前を出してしまってすみません。今年もよろしくお願いします(笑)。

日和見野郎な割にADRENALINE MOBの音楽は今ひとつ流行りそうにないサウンドですよね…。

僕はマイク・ポートノイのパーソナリティについて詳しいことは知らないので、このランキングがファンにとって納得できるものかどうかはわからないのですが、ランキングの在り方としては結構自然に感じました。

問題はマイクが「影響をうけたアルバム」なのか、単に「お気に入りのアルバム」なのか説明されてないことですね。

自分ももしこれが「影響をうけたアルバム」なら疑問がありますが、単に「お気に入りのアルバム」ならそこまで変とは思いませんでした(ヒップホップからも選んだのは意外でしたが。)彼に限らず意外と思われるバンドが好きってのはザラにありますし。音楽家として影響受けたものと単に個人的に好きなのは別なんでしょうね。

>Mark.Nさん

「Favorite」と書いてあるから、影響というよりは単純にお気に入りを挙げましたということだろうと思います。

本文に書いた通り、言行一致はしているので、ファンにとってある意味納得できるものではあると思いますよ。
ただ、一個人の趣味としては広すぎるんじゃないの、と器の小さい私としてはツッコミたくなっただけで(笑)。

>名も無きメタラーさん

まあマイキーは時にラップめいた歌(?)も披露していましたからヒップホップも嫌いじゃないんでしょうね。

彼くらいのミュージシャンになると音楽趣味もここまで広くなる、ってことなんでしょうか。

本当に何でも聴く人はいるよ。自分がそうでなかったり周りにそういう人がいないだけで。マイクなんて超音楽マニアだし、バークリー行くような人間なら幅広く音楽に興味持ってるだろうしね。多分音楽に対する考え方や捉え方が根本的にマイクと合わないんでしょうね。マイクはきっと「何でも聴くよ」というだろうね。

>せんさん

私も学生時代、きっとメタルよりも自分に合う音楽がどこかにあるに違いない、と思って他の様々なジャンルのロックやジャズ、ブラック・ミュージックにクラブミュージック、果ては民族音楽まで聴きあさりました(そのときの名残というか副産物が本サイトにある「音楽ジャンル事典」です)。

しかし色々な音楽を聴いた結果、「自分の心の琴線に触れる音楽というのは限られている」ということがわかりました。

とはいえ、職業ミュージシャンは音楽の魅力というものを単純な生理的快感だけで捉えたりはしないのでしょうし(私にとってHR/HMは生理的快感をもたらす音楽です)、自分の音楽にフィードバックできるアイディアが見つかれば「面白い」ということで気に入ったりもするのでしょうね。

意外なアルバムが結構目につく・・・

お久しぶりです。

仕事が忙しくてコメントがなかなか出来ませんでした。

しっかしHelloweenが選出されているのが意外過ぎて嘘っぱちなんじゃないかとさえ思えてくるのですが(笑)

Museなんかも個人的には意外な気もする・・・。

>shuさん

お久しぶりです。
MUSEは昔好きだと言っていたのを覚えているのでまだいいのですが、HELLOWEENに関しては「いつ聴いたの?」と訊いてみたいですね(笑)。

まあ、KEEPER時代のHELLOWEENはアメリカのメタル・マニアの間でもそこそこ注目されていたようですが…。

こんにちは。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

同業者をチョイスするより、まったく違うジャンルを選ぶ方が気持ち的に楽しかったのかもしれませんね。
長年仕事でヘヴィな曲を作ってたりすると、オフの時には仕事とかぶらない音楽でリフレッシュするとか...。
演歌の藤あや子がオフでは、ハードロック好きなように(笑)。

PINK FLOYDやMUSEは、色んなジャンルのミュージシャンからも支持がありますが、この二つをあげると、ちょっと「お!ツーじゃん」みたいに思われるふしがあるような....。

と、いいつつ、今週末、MUSE行ってきます(笑)。

>KYさん

好きだというだけで「通」に見えるアーティストっていますよね(笑)。
逆に私はそういうアーティストを好きだということに気恥ずかしさを覚えてしまいますが(笑)。

MUSE、日テレの「スッキリ!」に出てましたね。
ライヴはいかがでしたか?

>adoreさん

MUSE,予想通り良かったです。引きこまれました。
フェスで彼らのライブの良さを知り毎回行ってます。
今年のサマソニのヘッドライナーがMUSEとMETALLICAなので楽しみでしょうがないです(笑)。

マイキーBEST100

マイキーBEST100ですが、1位がビートルズのSgt Pepper's Lonely Heares Club Bandなのが、マイキーと趣味が通じあっているみたくて大変嬉しかったです。

しかし、ランキング全体を見てみると、私が好きなアルバムは13枚ノミネートされていますね。

これは多いのか少ないのか判断が難しい処です(^^;。

>KYさん

MUSEのように「UKロック」にカテゴライズされるバンドにライヴが良いイメージはなかったんですが、そんなに良いんですか。

そうなると今年のサマソニはKYさんにとってはたまらないですね。
私はMETALLICAの日だけ行こうかと思ってますが…。

>ゆうていさん

世の中に出ているCDの数を考えると13/100は多いんじゃないですか?
まあかなりメジャーな名盤揃いのランキングではありますが。

誰も読んでいないことを願って遅レス

こういうランキングみたいのを敢えて挙げるのって、こういうのが本当に好きなのも勿論ですが、
こういうのが好きな俺アピールってのはありますよね。

ただ、どんな音楽が好きかという質問に対して「なんでも聴くよ」と答えた場合、それが趣味で聴いてるアマチュアか
プロのプレイヤーのどちらが発した言葉かで、その意味合いは全然違うと思います。
音楽雑誌でミュージシャンのインタビューとかを読んでいるとよく感じるのは、
今自分のやってる音楽ジャンルにとらわれない、幅広く色んな音楽を聴いて吸収してプレイスタイルを
進化させていくことは大事ってことです。
これからずっと音楽で飯食っていかなきゃいけない以上、一つのところにとどまっていては
時代に置いて行かれるって危機感があると思います。
そこら辺は、好きなものだけ聴いていればいいリスナーとは違う部分かなと。

もちろん、そういう型にはまらない俺アピールってのもあるかもしれません。

一方で、一つのものを突き詰めるのもロックだと思いますけどね。

>りょうさん

いかに遅レスとはいえ、管理人は読みますよね(笑)。

マイク・ポートノイがメタルやプログレしか聴かない人ではないことなど、彼のファンであればわざわざアピールするまでもないのではないかという気もしますが、単に「勉強」として聴いているのではなく、本当に好きなんだよ!ってことをアピールしたいのかもしれませんね。

個人的には「もう新しいものは何も聴かないんだ。自分の音楽を作ることの方が大切だからね」てなことを言うミュージシャンよりは好感度高いと思ってます。