FIREWINDのVoが交代

現OZZY OSBOURNEのギタリストとして知られるガス・G率いるギリシャのFIREWINDから、ヴォーカリストのアポロ・パパサナシオが脱退し、ケリー・サンダウン・カーペンターなる長い名前のアメリカ人シンガーが新たに加入したそうです。

ケリー・サンダウン・カーペンターはBEYOND TWILIGHT、OUTWORLD、DARKOLOGY、ADAGIOなどで活動してきた人物で(たぶん日本で一番有名なのはADAGIOだと思いますが、現在までの所ツアーのみで、アルバムへの参加はしていない模様)、アメリカ人ながら欧州のメタル・シーンで活動してきた人物のようです。

アポロ・パパサナシオは他にもいくつかのプロジェクトを掛け持ちしているため、しばしばFIREWINDと活動スケジュールが合わず、かと言ってFIREWINDの(というか実質的にはガス・Gの、なんでしょうけど)スケジュールに全てを合わせるほどのモチベーションはなかったということで、脱退に追いやられたようです。新Voがすぐに発表されたことから考えても、実質解雇だったのではないでしょうか。

個人的にはアポロは充分に上手いものの、正直「可もなく不可もなく」という程度の印象しか持っていなかったので、それほど残念とは感じませんでしたが、ギリシャ出身のバンドにはやはりギリシャ人のフロントマンがいたほうがいいんじゃないかと思っていただけに、その点がちょっと気がかり。

彼らとしては、せっかく世界的に有名なOZZY OSBOURNEのバンドのギタリストを擁しているだけに、アメリカ市場でも成功を狙っていきたいという思惑はあるでしょうし、そういう意味では言葉がネイティヴなアメリカ人をヴォーカリストに迎え入れる、というのはまあ理解できるのですが…。

なんとなくそういうケースだとLOUDNESSのマイク・ヴェセーラとか、ACCEPTのデヴィッド・リースみたいな「上手くいかなかった例」の方がパッと思いついてしまうというか(苦笑)。

アメリカでもパッとせず、本国での人気も失速、なんていう虻蜂取らずの事態にならなければいいのですが。

とりあえずFIREWINDはこの新ヴォーカリストと共に、TURISASとの北米ツアーに出るそうです。

新生FIREWINDが新しいヴォーカリストを迎えてさらなる飛躍を果たすことができるか、とりあえず次のアルバムを聴いて見極めたいと思います。

あ、OZZFEST JAPANに来てくれてもいいですよ(笑)。

◆ニュースソース
http://www.blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=184893
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

相互リンク

初めまして、人気サイトランキングです。
サイトランキングを始めました。
ランキングに、登録して頂きたくメールさせて頂きました。
SEO対策にも力を入れています。
一緒に発展していけれるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。
http://blju.net/url/wqeqw

FIREWIND

個人的にはようやくバンドのメンバーの顔触れが落ち着いた、という意味では残念ですね。
まあ、バンドというよりガス(G)がほとんど牛耳ってますからね…(苦笑)。
新Voがどういう人物か注目ですね。

うわぁぁぁ。。。
私はアポロの歌が凄く好きだったのでとても残念です。
メンバーが流動的になってくると、バンドの存続が微妙になってきそうですし。
次はボブ・カティオニスが辞めてしまわないか心配です…。

まとめてお返事

>まゆみさん
初めましてではないですね。
以前お返事した通りですので、あしからずご了承ください。


>ストラディキャスターさん
元々FIREWINDというのはガス・Gのソロ・プロジェクトのようなものだと思いますが、近年はメンバーも安定してバンドらしくなっていただけにもったいないですよね。


>marochikuwaさん
基本的にガス・GがいればFIREWIND、だと思いますがお気に入りのメンバーがいなくなると残念ですよね。
私もボブ・カティオニスがいなくなるとバンドとしての魅力が一気になくなってしまいそうな気がします。

本当にvoの脱退が珍しくないのがHR/HMと言うジャンルにおける特徴のような気がしますね…。
依然に…。

それに、これはショッキングな脱退、交代です。
何より、長年、在籍していたの嘘のように、さりげなく交代していたのがショッキングです。
振り向き直したら、あれ?さっきと顔が違う?というような
いままで幻を見ていたのか錯覚してしまいそうです。

>Loki Holstさん

Voの脱退が珍しくないのは、HR/HMという音楽がミュージシャンのキャラクターより、あくまでサウンドで評価されるタイプの音楽だからだと個人的には解釈しています。

今回のアポロの脱退は、特に前触れもなく、傍目にはバンドも上手くいっているように見えていたので「さりげなく」交代していたように見えますが、きっと当事者にとってはそれなりの必然性があったのだろうと思います。