BURRN!09年8月号の感想

burrn0907.jpg

表紙はプロレスラーかと思ったらマイク・ポートノイ&ジョン・ペトルーシ(DREAM THEATER)でした。
ゴツすぎる(特にペトルーシ)。

DREAM THEATERのインタビューは毎回なかなか興味深い。
あと今月興味深いインタビューはCANDLEMASSかな。LOUD PARKに来るならぜひ観てみたいのですが。

メタル・アイドル、アリ・コイヴネンが加入したAMORALがいきなりカラーでインタビュー。
注目度の上昇を感じさせますが、52PのCARMEN GRAYのインタビューもあわせて読むとなかなか難しそうですね。
アリ君もバンドも共倒れにならないといいのですが。

特集はNWOBHM。そういえば今年で30周年なんですね。
まあ、内容的には伊藤政則氏の思い出話、って感じですが。

NWOBHMに関しては私もコラムを書こうと思っていたのですが、数年レベルで滞りまくり。
せっかくの節目だし、頑張って年内には書こうと思います。

ライヴレポについては、HIBRIAがかなり良かったみたいで、観に行けばよかったなぁと。

PURE ROCK JAPAN LIVE 2009については、CONCERTO MOON、GALNERYUS、SEX MACHINGUNS、陰陽座という、現代ジャパメタ・バンド揃い踏み状態で、観に行きたかったのですが、チケットが即完売で観に行けませんでした。

小野正利をVoにフィーチュアしたGALNERYUSがかなり良かったようなので、観たかったですね。

しかし、今月のBURRN!に関しては、STEEL PANTHERの一人勝ちでしょう。
ネタバンドだけど、伊達にトシくってない感じで面白い。アルバムも買おうかな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント