OZZFEST JAPAN 2013 第4弾アーティスト発表

前回の発表で、HR/HMファンにとってはいささか微妙なイベントの様相を呈してきたOZZFEST JAPAN 2013の第4弾アーティストが発表されました。

今回追加になったのは以下の4アーティスト。

◆5月11日:THE TREATMENT、難波章浩(元Hi-STANDARD)

◆5月12日:STEEL PANTHER、MUCC

ふむ、5月12日にLOUD PARK出演経験バンドを固めてきたということは、やはり5月12日にどちらかというとオールド・ファッションなHR/HMファンを集客するつもりなんですかね。

STEEL PANTHERはLOUD PARK 09の際に頭の方しか観ることができず、もっと観たかったという思いがあるので悪くはありませんが。

いよいよ今週末一般チケット発売なわけですが…基本的には少なくとも2日目には足を運ぶつもりですが、とりあえずちょっと様子見しようかな、という微妙な温度感です。個人的には。

◆OZZFEST JAPAN 2013公式サイト
http://ozzfestjapan.com/
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

 まあ興味のないバンドも楽しめるというのもフェスの醍醐味というものでしょうが、交通費やチケット代とか勘定するにこの面子でこの価格は……というのは確かに本音ですね。
 Loud Park みたくパワーメタルとかメロデスとかのバンドがごろごろ来るという期待は特にしてませんでしたが、下手すると次がないかもしれないし、オジーや BLACK SABBATH を明確にリスペクトする連中がもっと出るものかなあと思っていただけに。(無論出演バンドたちもまったくサバスの影響下にないわけでもないでしょうが)

いやー、開催発表され「ラウドパーク大丈夫か?」と言われてた頃が懐かしいっすね。
行けば間違いなく楽しいんでしょうけど、メンツがなぁ、、、


正直な所、行く意欲が低下してます(((^_^;)

目玉がヘッドライナーだけ…という現状なので。

それより、サマソニにMetallica出るので、そちらに完全に触手のびてます。
Muse、Linkin,Jake Buggだもんなぁ。しかも、マニアはStone Roses。

クリエイティブマンとHIPの差が出始めたかな。。なんて見ちゃってます。

HIPって基本邦楽専門の呼び屋ですからね。この前AC/DC呼んでましたけど。だから洋楽、それもHR/HMのコネクションが皆無なんでしょう。

ToolやDeftonesが発表された時点で、ごちゃ混ぜなんだろうなぁ~とは思っていたが、ここまでとは……。
とりあえず、一番心配なのはフェス慣れしてないHIPの仕切りかたかな?
フェス慣れしてるはずのクリエイティブマンですら、ラウパでの仕切りの流れがグズグズだからなぁ~。(去年のグッズ販売の流れは、過去最低でした)

南瓜祭継続中(笑)

個人的には「マキシマム ザ ホルモン」に興味が有るのですが、それだけを観に行くのもねぇ。

OZZYサバス直系の人間椅子も好きなんで呼んでくれないかなぁ。

ももクロを呼んで「黒い週末」を歌って貰ったら話題になると思うのですが…。

現在「THE TIME OF THE OATH」にハマっています。

特に「Kings Will Be Kings」がすばらっ!!

只それ以降の⑩⑫⑬⑭曲目が詰まらないので、アルバム自体の評価はMY BEST3に入りそうにないです。

まとめてお返事

>ノームさん
このサイトを継続的にご覧いただいているような嗜好の方にとっては必ずしも費用対効果の高くないイベントになってきましたね(苦笑)。

もうちょっとOZZYファミリー的なアーティストに出てほしかった所ですが、そういうバンドはもうクリエイティブマンやウドーに囲われてしまってるのかもしれませんね。


>ぴーぽんさん
LOUD PARKとの住み分けは明確になってきましたね。
好きなバンド(あるいは観てみたいバンド)が1日に2つ以上あれば間違いなく楽しめると思いますが。


>blueさん
たしかにサマソニの方がイベントとしての規模が大きいし、楽しめそうな気がしますね。
OZZFESTが日本で行なわれるのは最初で最後っぽいのと、やはりオジーのいるBLACK SABBATHを観られる、という点だけが今やモチベーションになりつつあります(苦笑)。


>名も無きメタラーさん
呼び屋としての得手不得手もあるでしょうし、目指すイベント像もちょっと日本のHR/HMファンとは異なるんでしょうね…。


>通行人Rさん
プロモーターの仕切りはどうなるかわからないですからねぇ。
まあ、これだけ日本でもロックフェスイベントが根付いていて、HIPの人たちも少なくともそれらを観てはいると思うので、そこまでヒドいことにはならないと信じたいですが。


>ゆうていさん
人間椅子は喜ぶ人と「誰?」な人に二極化しそうですね。
そして現状のラインナップに興味を示している人の大半は後者のような…(苦笑)。

ももクロは話題にはなるでしょうが、賛否両論でしょうね…。

「THE TIME OF THE OATH」、ボーナス・トラックの#13、#14はともかく、大作で、中間部におけるマーカスのスラッピングがカッコいい#10「Mission Motherland」と、ギター・ソロがカッコいいタイトル曲#12は決してつまらない曲ではないと思いますが…。ぜひ聴き直してみて下さい(笑)。

日本のバンドにとってこういうフェスに出演するのって、ある意味公開処刑や苦行にしか思えないのですが(苦笑)。

>名も無きメタラーさん

日本のバンドのファンばかりが集まって海外のバンドが閑古鳥になる、という逆の状態が起きたら大変ですね(笑)。

あらら

KsEがFuji Rock…ozzfestに魅力がドンドン無くなる(^^;)))

>blueさん

サマソニとフジロックでOZZFESTに出てほしいアーティストを引っ張り合ってる観がありますね(苦笑)。
まあ、最終的な魅力はこの後OZZFESTにどんなアーティストが参加するか次第ですが…。