HELLOWEENの「STRAIGHT OUT OF HELL」が本国ドイツでバンド史上最高位を記録

ここ日本でもかなりの好評を博している印象のHELLOWEENのニュー・アルバム、「STRAIGHT OUT OF HELL」が本国ドイツのナショナル・チャートで4位を記録したそうです。

これは、かつて彼らがかの名作「KEEPER OF THE SEVEN KEYS PT.2(「守護神伝 第二章」)」で記録した5位を超える、バンド史上最高のチャート・ポジションです。

もちろん、「KEEPER OF THE SEVEN KEYS PT.2」は彼らがまさに世界へ羽ばたこうとする一番上昇気流に乗っていた(結果的には乗り切れなかったのですが…/苦笑)時期のアルバムだけに、16週に渡ってチャート・インするロングセラーになり、結果として西ドイツだけで25万枚を売るヒット作になったので、トータルの売り上げでこの数字を超えることはないでしょう。

とはいえ、デビューから30年近い年月を経て、しかも本国では一時期のヒットの反動でやや「80年代に売れた過去のバンド」感すらあったという状況からの最高位というのはやはり快挙と呼んでいいでしょう。

前作のチャート・アクションが25位ですから、本国でも評判が高かったことは間違いないと思われます。

そしてやはり前作が16位だった「メタル大国」フィンランドでも4位を記録しているとのことで、この好調ぶりは少なくとも汎欧州的なものなのではないかと思われ、今後の他の国でのチャート・アクションもウォッチしていきたいと思っています。

日本では98年の「BETTER THAN RAW」以来15年ぶりのオリコンTOP10入りが期待されながら、残念ながら11位にとどまってしまいましたが…。

とはいえ前作は18位ですから、この洋楽不振のご時世にあって健闘したと言えるでしょう。

まあ別に売れているから良い音楽というわけではありませんし、良い音楽だからチャートを上る、というわけでもないというのが現実なのですが、本作に関してはやはり「良いから売れた」と思いたくなる何かがありますね。

カイ派かヴァイキー派か、という問いに対してはカイ派であると即答してしまう私のような人間でも、バンドとしてのHELLOWEENは特別な存在であると信じてきただけに、今回のようなニュースは素直に嬉しいですね。

※1/31追記
本作はアメリカのビルボード・チャートでもバンド史上初となるTOP100入り、97位を記録。これまでの最高位は「KEEPER OF THE SEVEN KEYS PT.1(「守護神伝 第一章」)」の104位。

◆ニュースソース
http://www.blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=185481

◆本作のオープニング・トラック「Nabatea」のPV [YouTube]







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

チャート

これは久々ですね。
実際に良かったですもん。
今回はTHE TIME OF THE OATHに近いですね。
特別な存在とは言わないまでも、長いことファンであるだけに嬉しいですよね。

はじめまして。
確かにこのアルバムは充実していたと思います。
ベテランなのに、まだまだいけそうですね!!
もっと若い世代のバンドも頑張って欲しいですけど。

紆余曲折しながらも、やはり多くのファンが望んでいたのが結局このサウンドだったということですね。
カイ派かヴァイキー派かですか。これはハロウィンファンの永遠のテーマですよ。
ギタープレイはカイですが、メロディメイカーとしてはヴァイキーですね。

helloweenの新作

さてさて、僕はこの新作、まだ未聴なのですが。
今から楽しみです。さて、毎回楽しみにしてい貴サイト
の管理人様のレヴューですが、管理人様は
DREAM THEATERがお好きではないようで。
僕も実は同感なんで、思いあまって書きこしてしまいました。
はっきり言ってDTの魅力がどこにあるか解かりません。
(今の所)。歌メロにキャッチーさはないし、
インスト面でも、ただ単にテクニックのひけらかしにしか
思えないのです。ただ、こんな僕でも、shadow gallerey
は好きだったりするんですよねー。
 たぶん、DTの出発点がRUSH+METTALICAだったそうなので、そこに僕が受け付けない理由があると思うんです。
なんというか、DTの歌メロって多分典型的なアメリカ人
には受けると思うのですが、欧州型メタルが好きな僕は、
あの歌メロにはどうもピンとこないんですよねー。
で、僕が思うにみんなはたして本当に心の底からDTが
良いと思っているのかな?と言う事です。
 みんなが良いと言っているから、とか、評論家の評判が
高いから、とかでDTを解からん奴は「聞く耳をもっていない」
と思われるのが嫌だから、「あ、DT、ああ、うん、いいよねー
汗)」と言っているような気がしてならないのです。
 たぶん管理人様も同じ思いをされているのでしょうか。
長文失礼致しました。
実は前から管理人様にご意見を聞きたかった事なのでした。
helloweenあんま関係なかったですね汗…

まとめてお返事

>ストラディキャスターさん
カッコいい疾走曲を軸に、バラエティに富んだ楽曲の質が充実しているあたり、たしかに「THE TIME OF THE OATH」に通じるものがありますね。


>メタールマンさん
はじめまして。
この分ならあと10年は余裕でいける気がしますね。
HELLOWEEN後、BLIND GUARDIAN、EDGUYあたりまでは順調に「後継バンド」が出てきましたが、その後がちょっと寂しいですね(笑)。


>Mark.Nさん
アンディ加入後、音楽性そのものはそれほど大きく変わっていないと思うのですが、それでもなぜか新作を聴いて「これだよ、これ」と思ってしまうんですよね(笑)。

ハロウィンファンにとって永遠のテーマかどうかはわかりませんが(笑)、たしかにギターの腕前はカイ、歌メロのセンスはヴァイキーという気がしますね。
親しみやすいキャラクターではカイの方が上ですかね(笑)。


>RIOT1970さん
あれ?なんか最近同じようなご質問に答えたような?
そのときにも書きましたが、私はDREAM THEATERは好きですよ(全ての曲が、とは言いませんが)。凄いバンドだと思います。

私があまり得意ではないのは、DREAM THEATERの親しみにくい要素だけをプログレッシヴな雰囲気づくりやテクニックのひけらかしのために安易にパクっているバンド/楽曲です。

ただまあ、おっしゃる通りDREAM THEATERの「音楽性の高いイメージが好き」みたいな「音楽通」気取りのファンは存在するような気がしますね(笑)。

聞いてないけどナショナルチャートで
四位は凄いね
ヘロウィンは先駆者だからね

>adoreさん

カイはほんと親しみやすいですね。インタビューでもすごいノリがいいです。
キスクが一緒だとさらにノリノリ(笑)

でも僕はヴァイキーのキャラも好きです。
あの何を考えてるのか分からない感じとか、寡黙で眼光鋭いところなんか「天才」らしくていいですね。
BURRNでサシャが「メロディの神様」と言ってましたがまさにそんな感じです。

まぁ、メタルギタリストって演奏技術とかライブパフォーマンスで評価が決まってしまうのでなかなかスポットライトを浴びにくいですが。

アメリカでの順位が低いのはやっぱり英語の発音の問題なのでしょうか?
以前テレビでマーティー・フリードマンが「スコーピオンズの英語の発音が面白い」みたいなことを言っていたので。

自分は英語がほとんどわからないのですが、例えばストラトヴァリウスやラプソディーの曲は英語がわかる人が聴いたら変に感じるものなのですか?

やっぱhelloweenですね!

アンディ・デリスの声、歌いかたは苦手なんですけど、曲の充実がアンディ期最高じゃないですか?

ソングライターが4人いて、皆センスの良い曲書けるバンドってなかなか見あたりませんよね

ジューダス、メイデンが奮わないベテラン勢の中、ハロウィンは上手く新陳代謝しましたね♪

欲を言えばもう少しヴァイキーの曲が欲しいかな。でも、代わりにマーカスさん最近良い仕事してますね(笑)

しばらく楽しめそうです!

長くてすみませんでしたm(__)m

すげえええええええええ

やってくれましたねHelloween!

メロパワの開拓者がこんな強力作を出してくるとは、新年早々幸先良いですねー。

ストラトもなんか新譜出すみたいだし、楽しみだなぁ。

このアルバム、adoreさんのレビューを見て休みの日に速攻ディスクユニオンに駆け込んで購入してしまいました(笑)

グロスコフ作曲の曲が良すぎてヤバいし、アンディやサシャも負けじと良い曲書いてるから凄いんですが、個人的に気になったのはヴァイキーが余り作曲面で関わってないのが気になりました。

まぁ、ヴァイキーもヴァイキーで良い曲書いてくれてるから良いんだけど。

キスク派でカイ派の僕はアンディ期のアルバムは『Master Of The Rings』と『The Time Of The Oath』しか聴いたこと無かったりしますが、これを気に他のアルバムつ集めてみようかと思います。

そういえばこの新譜以前のアルバムってレビュー見る限りだとモダンでヘヴィな路線らしいのですが、やっぱりこのアルバムとは全然違うサウンドなんですかね?

同日発売のBVBをずっと聴いてたので買ったのは昨日ですが、イイですね。
前作は息苦しいくらいへヴィで気に入りませんでしたが、今作のハッピーで明るくてポジティブな路線は大好きです。
疾走曲オンリーじゃなく#6の北欧メタルみたいな曲があるのが好きです。

ハロウィンとしてはとても良いニュースですね。まだ買ってないので期待もさらに上がります!オープニングトラックだけ聴きましたがかなりカッコいい♪

まとめてお返事2

>アンディーだよさん
先駆者ではありますが、本国の人気ではBLIND GUARDIANやEDGUYに追い越されていましたけどね。
とりあえずまず聴いてみてください(笑)。


>Mark.Nさん
ヴァイキーもむしろ年を取ってからカッコよくなってきたと思いますが、やはり親しみやすいキャラは強いですね。
私はキャラではなくあくまでカイの弾くギターのフレージングが好きなのですが。


>名も無きメタラーさん
英米の人にとってSCORPIONSのクラウス・マイネの発音は典型的なドイツ訛りの英語に聞こえるようですね。

RHAPSODYやSTRATOVARIUSについてもやはり英米の人にとっては派手に訛っているようです。ティモ・コティペルトに関しては私が聞いても発音やアクセントの置き方が英米のアーティストとは明らかに違います(笑)。

とはいえSCORPIONSは英米でも売れたわけで、「国際語」である以上、発音の問題は決定的な要因ではないはずです。

裏付けは何もありませんが、HELLOWEENの音楽が一般的なアメリカ人のメタル・ファンのストライクゾーンから少し外れている、というのはよく言われることですね。

あとはまあ、単純にプロモーションの不足かと…。


>blackgreenさん
個人的には過去の名盤の「思い出補正」を超えてはいませんが、アンディ期最高傑作と捉える人も多いであろう会心の仕上がりですね。

90年代と00年代に、普通のバンドであれば充分にエース級なソングライターを補充したのが効いてますね。あとはマーカスが大器晩成型だったというのも大きいですが(笑)。


>shuさん
ヴァイキーは才能のある部下の仕事を奪うタイプの上司ではないのでしょう、きっと。
結果として手を抜いているように見えますが、仕上げてくる曲のクオリティは流石ですね。

モダンなヘヴィ路線…な曲も一部存在しますが、基本的には過去のどのアルバムも(企画盤を除き)本作で体現されている「HELLOWEENらしさ」はちゃんとキープされた力作ばかりですよ。その辺のフォロワーとは基準となるレベルが違います。余裕と興味があるならオススメです。


>B!13さん
前作で息苦しいほどにヘヴィと感じるのだとエクストリーム系のバンドは聴けないのでは(笑)。
アンディのポップ・センスが発揮された#6はたしかにアルバムの中でいいアクセントになっていますね。


>ヨルン大好きさん
しかしPVになったオープニングトラック以上の楽曲の方が多いんじゃないか、ってほどに楽曲が充実しているのが本作の凄いところです。ぜひ買って聴いてください!

この結果すごいですね。
しかし少なくとも現在はそこまで"人気"、とは呼べないようなベテランバンドが、ここに来てここまで順位をあげるとは…
単に本作の出来が素晴らしいっていうのもあると思うんですがそれだけでここまで大幅にチャートあがることってない気もするので不思議には思います笑
日本で言えば、今のloudnessのニューアルバムが突然急にオリコン4位になるようなものなので笑

通勤の車の中でヘビロテ中です(^^♪
いかにもHELLOWEENの曲が多い中、②と⑥が非常に好きです♪
あと、アンディ時代のPC69っぽい③!

今回のチャートアクションの良さは、やっぱり嬉しいですね!
6.6の横浜ブリッツ、行っちゃいますよ(^^)/

>名も無きメタラーさん

たしかに日本人の感覚では不思議ですね(笑)。
マーケットの構造(売り手側も、買い手側も)が日本とは異なるからこういう現象が起きるんでしょうね。

>メガネコアラさん

車の運転中に聴いたら、テンションが上がってついついアクセルを踏みすぎてしまいそうですね(笑)。
横浜BRITZに行かれるということは、神奈川県(あるいは静岡?)にお住まいなんですね。

アメリカで初のトップ100ということに驚きです

いつも楽しく拝見しております。
ハロウィンのニューアルバム、楽曲が充実していて、とてもいいですね。あたま5曲はすごくテンションあがる曲が満載ですし、その後の2曲も味わい深く、1曲はしを休めた後、またまた名曲が続く、という感じだな、とおもっております。
また、単なる疾走曲ではなく、フックがあって、キャッチーで、ということナシです。
しかし、ビルボードで初めてチャートインという点に驚きました。
ということは、アメリカ人は、もしくはアメリカでメタルが好きな人の多くは、ハロウィンの存在や、イーグルフライフリーを知らない人が多いのでしょうか。
私個人としては、イーグルフライフリーがその後のメロデックなスピードメタルの元祖で、歴史的にも非常に重要な曲と思ってます。また、ほぼリアルタイムで聴いたのですがものすごい衝撃を受けた曲でした。
私からすれば、イギリス人もアメリカ人もドイツ人も皆「外人」で同じように感じてしまってるのですが、アメリカ人からすればドイツ人も外人なんだな、と感じた次第です(わけわからん話ですみません)。
余談の延長ですが、イーグルフライフリーは確かベルリンの壁崩壊のちょっと前の曲だったと思います。日本では、政治なんてどうでもいい感じで扱われますが、冷戦とかドイツでは政治は非常に生活に入り込んだ重要な事柄で、この曲はベルリンの壁のことを切実にうたった曲だったのかな、なんてことを考えたことも思い出しました。

HELLOWEENはライヴで昔の曲ばっかりやるのが不満なんですが、これだけチャートアクションがいいと今回は新譜からも沢山やってくれますかね。

>一ファンさん

ビルボードのチャートは200位までありますから、チャートインはしてますよ(守護神伝のみですが…)。100以内が初、です(揚げ足を取るようですみませんが)。

いずれにせよ、アメリカでHELLOWEENを知っているのは、おっしゃる通りかなりマニアックな人だけで、日本のメタル・ファンにおけるHELLOWEENの存在感と、アメリカのメタル・ファンにおけるそれは全く異なります。

おっしゃる通り、日本人にとっては英米のものも、ドイツのものも、英語で歌われていて、日本盤がちゃんと出ていれば「洋楽」として一括りですが、アメリカ人にとってはまずは自国のアーティストで、イギリスのものは比較的受容されやすいものの、それ以外の国のものは例外はあるもののなかなか難しいようです。

例えばタイや台湾ではJ-POPがある程度聴かれていますが、我々はタイや台湾の音楽にほとんど触れることはありませんよね? それに近い感覚だと思います。

「Eagle Fly Free」の歌詞が意味するところについては、私は一ファンさんと違ってリアルタイムではない後追いなので何とも言えないですね…。
SCORPIONSの「Wind Of Change」なんかはあからさまに冷戦の終結をテーマにした曲ですが…。

>名も無きメタラーさん

そうですね、インタビューで何だかんだ言って「I Want Out」や「Dr.Stein」、「Eagle Fly Free」なんかは外せない、と言っていましたが、これだけ好評なら新作の曲を増やしてくれるのではないかと期待したいですね。

新作に限らず、アンディ時代の曲をもっと増やしてくれた方が少なくとも日本のHELLOWEENファンの満足度は上がるような気がするのですが。

返答ありがとうございます

ご返答ありがとうございます。
アメリカでたいして売れないなら、ドイツ語で歌った方がいい様な気も若干します。


>一ファンさん

とはいえドイツ語で歌っていたらアメリカで売れるどころか日本デビューさえできなかったと思いますので(少なくとも彼らのデビュー当時は)、やはり「国際語」で歌うことには意味があったと思います。

やりましたね
Keeper時代からずっと応援してたんで嬉しいです。
確かに新譜は良く出来ていると思います。アンディ時代の楽曲ばかりのライブ観てみたいですね。個人的にはマイナーですがSeacret Alibi演って欲しいです。
ちなみにわたくしはヴァィキー派です(笑)

>リッキーさん

「Secret Alibi」、渋いチョイスですが、たしかにこれもアンディ時代ならではのフックがある佳曲ですね。
派閥は異なりますが(笑)、たしかに一度ライヴで聴いてみたい1曲です。

コメント数も多い(笑)

この数のコメントを見るだけでもHELLOWEENってなんだかんだ注目されてんですね♪
でも今回の作品は確かに優秀だと思いましたよ♪
私もHELLOWEEN愛が強いと思うひとりですが、それでも所謂「捨て曲」っていうか「これはいいや曲」が毎回半分以上はあるんですが…(笑)
その代わり「オッ!」と思う曲が、最初は無いに等しく…
「あれっ?前評判ほどじゃ無いのでは?」なんて感じてたんですが…
全曲今までに無い「スルメ感」で飽きません(笑)
勿論、6月のSHIBUYA-AXも楽しみです♪

>レッド・オクトーバーさん

まあ、このサイト/ブログは基本的にはHELLOWEENが好きな人向けだと思っていますし、単純な日本でのセールス実績を見てもHELLOWEENは注目されていると思います。

HELLOWEENで捨て曲が半分以上って、随分ハードル高いですね(笑)。
私にとってはHELLOWEENは最も捨て曲の少ないバンドの一つで、出来の悪い方のアルバムでも捨て曲は1~2曲しかないと思っていますが。

そして本作もスルメの対極、一発で名盤と確信する、ガツンと来るアルバムだと感じています(笑)。

まあ、感じ方は人それぞれですが、同じHELLOWEENを愛するもの同士、彼らの音楽を楽しみましょう。

愛するが故に(笑)

正確にいうと「これはあとでもいいや曲」ですかね(笑)
それが本作品には見当たらなくて、いい意味でビックリ(笑)
特にサウンドプロダクションの良さにはチャーリーに感謝してます。
ホントに細かい音まで良い音で特に太鼓の音が、バランス良くいい感じで前に出てて私好みです…
HELLOWEEN大好き♪

>RED OCTOBERさん

大好きであるからこそ厳しくなる、というわけですか。
愛されるのも大変ですね(笑)。

感想

90年代半ばにHR/HMを聴くようになったアラフォーのおっさんとして、現在でも衰えていないというのは感嘆せざるを得ないし嬉しいですね。

>このサイト/ブログは基本的にはHELLOWEENが好きな人向け…

何よりadoreさん自身がHELLOWEENを始めとするメロディック・メタルが好きなのですから、そうなるのが当然と言いますか必然ですよね。

adoreさんが以前「メタルの日」に70&80&90年代のMy BEST(更に以前に00年代も)を選出なされたとき、

70年代:①RAINBOW/RAINBOW RISING
80年代:①HELLOWEEN/KEEPER OF THE SEVEN KEYS Part1、②HELLOWEEN/KEEPER OF THE SEVEN KEYS Part2
90年代:①HELLOWEEN/MASTER OF THE RINGS
00年代:①SONATA ARCTICA/ECLIPTICA

を選出なされたのを見て、この人はブレないなぁ~っと、YNGWIE/INSPIRATIONのアルバムと同じ感想を抱きました。

マイキーのように幅広く聴く方が新たな発見も有りますし良いとは思うのですが、「俺はこういうのが好きだ!」という拘りが有った方が主義主張がハッキリしますし、何より見てる方も面白いですよ。

私もSECRET ALIBIは良い曲だと思いますし好きですね。

HELLOWEEN/MASTER OF THE RINGSの中では、他にもWHY?とGRAPOWSKI'SMALMSUITE 1001が好きなんだけど…。

>ゆうていさん

メタルの日(11年11月11日)なんてだいぶ前のことなのによく憶えていらっしゃいますね(笑)。
実生活でも「ブレない」とはたまに言われます(苦笑)。

まあ、読者にとって書き手の立ち位置が明確な方がレビューは信用されるかな、と自分では思っています。

「MASTER OF THE RINGS」は(「Sole Survivor」と、「Where The Rain Grows」はデフォとして)個人的には「Perfect Gentleman」と「Still We Go」がなかなか効いてると思ってます。
まあ、どれも良い曲ということで(笑)。

いまさら書き込み

仕事がたて込んでてPC立ち上げるの面倒になっていたものですから・・・

本作が大ヒットしたのは、哀愁あるメロディーと
分かりやすいみんなで歌えるサビが多いからでしょう
1,3,4などがその典型ですね
(それと疾走曲がたくさん聞きたいEdguyやBlind Guardianのファンたちがこぞって買ったとか(笑))
疾走曲のAメロでテンポが落ちるのだけはよくないかな~

個人的にはカイ時代は最高ですが、グラポウ時代はあまり・・・
だけどサシャ加入後は良くなった感じです

>ヘロウィンさん

最近のBLIND GUARDIANやEDGUYはあまりストレートな疾走曲をプレイしていないと思いますが…(苦笑)。

Aメロでテンポを落とすのは、疾走パートの疾走感をより気持ちよく感じさせるための「メリハリ」なんじゃないでしょうか。

ローランド・グラポウ在籍時も曲は良かったと思いますが、現メンバーになってからの方が「メロスピ」らしいサウンドになったような気がしますね。

Helloweenの新譜はすごく良いか、普通に良いか、それ以下がないので普通に期待してましたが…、
滅茶苦茶良いじゃないですか!
特に9#「Straight Out Of Hell」と11#「Years」には一瞬にして心を打ち抜かれました!
やっぱり相変わらず良いですね。
これほどまでに駄作の少ないバンドはなかなかいませんよね。
感動しました!!

>影の神殿さん

HELLOWEENの作曲力の安定感はなかなか他に類を見ないレベルだと思います。
まさに快作と呼ぶに相応しい仕上がりですね。