GAUNTLET / ARISING FOR THE FAITH

gauntlet_single01.jpg

福岡のメロディック・パワー・メタル・バンドのシングルCD-R。

バンドとしては2010年から活動を開始し、何度かのメンバーチェンジを経つつ、これまでに2枚のミニアルバムを発表している。

ライヴなどもある程度コンスタントに行なっているようだが、変わったところでは昨年10月にZepp Fukuokaにて行われたゴールデンボンバーFCツアーの福岡公演にて樽美酒研二扮するナルシス研二のバックバンドを務めたこともあるという。

1月31日に発売された本作は、ヴォーカルがこれまで発表した音源で歌っていた人物から、この音源で歌っているYUTAにメンバー・チェンジして以来初の音源となる。

音楽性はいわゆるメロディック・パワー・メタルで、Voの雰囲気が似ていることもあってYAMA-B在籍時のGALNERYUSやMinstreliXなどを彷彿とさせるが、楽曲自体はより海外の同系バンドのそれに近いものを感じる。

まだメンバーは20代前半と若いにもかかわらず、なかなか演奏のレベルも高く、それでいて若さならではの勢いが感じられる力強いサウンドは聴いていて非常に気持ちがいい。

新たに加入したシンガーの歌唱も、ビブラートのかけ方がややナルシスティックで好き嫌いが分かれるかもしれないが、声域・声量とも非凡なものがあり、このバンドのサウンドを世界で勝負できるポテンシャルに押し上げている。

現在ベーシストが不在で後任を探しているようですが、早くメンバーを補充し、活発な活動とフル・アルバムの制作を期待したいと思います。

大きなお世話かもしれませんが、日本でこの手の音楽をやる限りGALNERYUSとの比較は避けられない中、「GA」から始まるバンド名は余計にGALNERYUSフォロワー的な印象を強めてしまうような気がしてちょっと損してしまうような気がします。

◆本作タイトル曲「Arising For The Faith」[YouTube]
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

福岡出身のバンドとは珍しいですねー
地方でメタルバンドをやろうとすると、メンバーを集めるだけで一苦労なので、こうやってしっかりとした音源を作り上げるのはとても大変だったでしょう・・・

>高見沢さん

そうですね。大抵のメタル・バンドは東京か大阪を拠点にしているのに、福岡でこれくらいのレベルに達しているバンドが組めるというのはなかなか珍しいですよね。

ネットの発達で同じような音楽を好む人間が比較的見つかりやすくなったことが影響しているのかもしれませんね。

いいですねこのバンド。デモとはいえ500円という価格設定も含めて(笑)。シンガーの歌い方はガルネリウスの「Advance To The Fall」の頃のYAMA-Bに似てますね。

こんばんは

いいですね。確かにvoが2ndの頃のガルネリを彷彿させますね。
gもいい感じに泣いていますね。
自分にとってガルネリウスは一番好きなメタルバンドだけに彼らのようなバンドが出てきてくれるのは嬉しいです。
これから注目していきたいと思います。

>名も無きメタラーさん

彼らがビッグになったら価値が出るかもしれないので、ぜひ買って応援してあげてください(笑)。

>tommyさん

GALNERYUS好きな人には魅力が伝わりやすいでしょうね。
これだけ歌えるシンガーは日本では珍しいと思うので、私も注目していきたいと思ってます。