STRATOVARIUSの新作「NEMESIS」を聴いて思ったこと

stratovarius15.jpg

先行シングル「Unbreakable」を聴いたときから手応えを感じ、期待していたSTRATOVARIUSの新譜、「NEMESIS」が期待通りとても良いです(レビューはこちら)。入手してからこればっかり聴いてます。

昼でも夜でも、明るい気分のときでも、暗い気分のときでも聴きたくなるサウンドです。そういう音楽って、個人的にはありそうでそんなにないですね。

私は元々STRATOVARIUSファンを自認してはいるものの、実際には私より彼らの音楽を強烈に愛して、彼らの音楽ばっかり聴いている人というのはきっといるのだろうと思います。

ただ、それでもこうして日本でレビューサイトとかやってる人間の中ではSTRATOVARIUSに対する偏愛を一番公言している人間なのではないかと自惚れております。

しかし、そんな私でも、STRATOVARIUSがこんなに長続きして、しかもここまで良いバンドになるとは思っていなかった、というのが正直な所です。

結果論から言うと、やっぱり若いメンバーを入れたのが良かったんじゃないですかね。ラウリ・ポラー(B)、マティアス・クピアイネン(G)、ロルフ・ピルヴ(Dr)、皆逸材と呼ぶに足る器で、人口600万人しかいないフィンランドからこれだけ逸材ばかりが発掘される、というのはなかなか凄いことですね。

若いメンバーを入れたことでバンドが良くなった、という点では、先日こちらも充実した作品を発表したHELLOWEENが思い出されますが、HELLOWEENの場合は音楽性自体はほとんど変化していないので、STRATOVARIUSの場合はむしろヴィクター・スモールスキ(G)を迎えて音楽的に高度化したRAGEのケースに近いかもしれません。

ただ、ぶっちゃけた話、本作の優れた出来をもってしても即効性やインパクト、わかりやすさはティモ・トルキが主導権を握っていた時代には及んでいないと思います。

恐らくメタル初心者には「Black Diamond」や「Hunting High And Low」などの方が一発でその魅力が伝わるのではないかと思います。そういう意味でやはりティモ・トルキは偉大でしたし、今後このラインナップの課題はティモ・トルキの残した代表曲以上のキラー・チューンを生み出せるかどうかだと思っています。

とは言え、そのことを差し引いても本作に収められた楽曲群の完成度の高さは充分称賛に値すると思います。このアレンジのきめ細やかさ、気の利き方は、メタルを長く聴いてきた人ほどその魅力が理解できるのではないでしょうか。

特に、最年長メンバーであるイェンス・ヨハンソンのKeyに冒険心が溢れているのがいいですね。これまで同様の硬質なサウンドによるテクニカルなプレイから、トランシーな音色を取り入れたアトモスフェリックなプレイまで、成熟と革新が共存したそのプレイはかつてないほど魅力的。

今でもオールド・ファンの方の中にはイェンス・ヨハンソンのベスト・プレイはSILVER MOUNTAINのファーストにおける演奏で、STRATOVARIUSにおけるプレイは全然本気じゃない、などと言っている人がいるようですが、SILVER MOUNTAINのあれは「若気の至り」のようなものであって、バンドとしてのアンサンブルを考えた上でのベスト・プレイはやっぱりこのSTRATOVARIUSで実現されている、と見るのが自然だと思います。

少なくとも、イングヴェイのバンドにいた頃や、DIOにいた頃の1万倍はイェンスの才能は有効に活用されていると思いますし、だからこそイェンスも様々なトラブルがありつつも、異国人ばかりのバンドであるSTRATOVARIUSにずっと居座っているのでしょう。

そして今回、イェンスは演奏のみならず、書いた曲もとても良いです。イェンス作の「Dragons」は「Unbreakable」と並んで個人的に本作のベスト・チューンですし、日本盤ボーナス・トラックの「Kill It With Fire」は日本盤のブックレットでティモ・コティペルトが語る通り往年のイングヴェイを彷彿とさせるネオ・クラシカル・チューンで、まさに日本のファンが彼らに望む所のものではないでしょうか。

もっとも、イェンスの性格を考えると、彼が心からこういうスタイルの楽曲を愛しているというよりは「その気になれば君たちを楽しませることなど簡単さ」くらいのことを思ってこういう曲を作っていたりするのではないかと思わないでもありませんが(笑)。

まあ、うだうだ書きましたがとにかく本作の出来はブリリアントなので、メロディアスなメタルが好きな人はぜひ買って聴いてみてください、ということに尽きますね。

アルバムの出来が良かっただけに、来日公演も楽しみですね。そろそろLOUD PARKに出てみるのもいいんじゃないでしょうか。このブログでも何度かレポしていますが、彼らのライヴはなかなかレベルが高いので、きっとファン層を拡大できるのではないかと思います(とはいえ曲数が少ないのはイヤなので、単独公演もやってほしいのですが)。

◆本作の先行シングル「Unbreakble」[YouTube]

私の世代だとロバート・マイルズの「Children」を思い出す、切ないピアノのフレーズがたまらない…。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

同感です♪

私も最初に聴いた時に思ったのはイエンスのサウンド変化です。特に「アンブレイカブル」と「ファンタジー」のイントロなんてロバート・マイルズですね♪しかし、ベテラン勢がこんな充実した作品を発表してくれるなんて驚きと同時に感謝です。
毎日、HELLOWEENと交互に聴いております♪
私も単独ライヴ希望です!

「アンブレイカブル」は単体でもいい曲ですが、1曲目の「アバンダン」と続けて聴くとまたその良さが引き立ちますね。

ボートラ曲の配置の仕方がまたいいですよね。最後に2~3曲適当に付け加えて、アルバムの印象を台無しにしてしまう商品も少なくないだけに。

ディスクユニオン寄った時に買っとくんだった・・・。

ニコニコで先行シングルであるUnbreakableと本作に収録されているStand My Groundを視聴した際に、「これは期待できるな」と確信していましたがのかく確信は間違ってはいなかったみたいで安心しました。

やっぱり今年は間違い無くパワーメタルの当たり年でしょうね。

Unbreakableが格好良すぎた、マジで。

今日早めに帰れて急げば閉店までに間に合うかな・・・。

傑作

まだまだティモ・トルキ在籍時までは行ってませんが、確かに本作は良かったですよね。
Keyの音色がちょっと変わってるな~と思いました。

しかし、HELLOWEENといいSTRATOVARIUSといい、adoreさん絶賛の嵐ですね(笑)。
個人的に本作に関してはそこまで絶賛できるほどの評価はしてませんが、
非常にクオリティが高いのはよく分かります。
GAMMA RAYも年末ごろのリリースだとか。
今年はメロパワ大当たりですね。

P.S.この調子で明日入荷のSOILWORKも楽しみです(笑)。

ストラトやりましたねそれなりに期待はしてましたが、素晴らしい仕上がりだと思います!
私は前作も結構良く聴きましたが、比較にはならないぐらい素晴らしいと思います。1.2.4が特に気持ちイイ*\(^o^)/*
カボチャがヘビーローテーションがやっと落ち着きそうです(笑)

物理学者 惠藤憲二のつぶやき

はじめまして物理学者の惠藤憲二です。
すごくいいじゃないですか!!

まとめてお返事

>RED OCTOBERさん
あのKeyの雰囲気はロバート・マイルズっぽいですよね。
HELLOWEENと交互で半年持ちそうですね(笑)。


>名も無きメタラーさん
タイトル曲で終わることにはこだわったみたいですね。
そういうこだわりも美しいと思います。


>Shuさん
地方の方はもうネット通販頼みかと思っていましたが、そうでもないのですね。
沖縄のCDショップ事情は全く存じ上げないのですが…。


>ストラディキャスターさん
コメントを読む限りストラディキャスターさんは私よりもあからさまにクサいものをお好みのようなので、そういう意味では絶賛できるアルバムではないかもしれませんね。

GAMMA RAYもさることながら、個人的にはHELLOWEEN、STRATOVARIUSを超える可能性があるとしたらAVANTASIAかな、と思っています。


>リッキーさん
聴いていて気持ちいいアルバムですよね。
HELLOWEENに代わってのヘビーローテーションになる人は多いんじゃないでしょうか。


>物理学者 惠藤憲二さん
はじめまして。
すごくいいですよね。

>adoreさん

ネット通販も使ってますよ。

ただ、恥ずかしながらリアルタイムで新譜を買ったのはこないだのHelloweenが初めてだったり・・・。

自分の場合は新譜よりも廃盤目当てでCDショップ巡りをしてましたので(笑)

Amazonでも廃盤ばかり探していましたし。

ディスクユニオンに行ってからはめっきり利用する機会は減りましたが(笑)

愛を感じるレビューですね。読んでいて笑みがこぼれます。
正直前2作が今ひとつでしたので見送るつもりでしたが、今回は奮発して日本盤を買ってみようかと。

でも、本当は、このブログの辛口だったり、チクチクしているところが好きだったりするのですが。

マティアスは今回も大活躍のようですが、ちょっとムチムチしてきて危険な香りが・・・
インギー、トルキ、ロメオと続く王者の系譜を継承しないか不安です

新譜、魅せてくれましたね!ずっとこういうメタルがあったら良いなと思っていたんですよ。
エレクトリック・パワー・メタル(仮称)路線で続けてもらっても全然OKです。
こういう音楽性を打ち出してるバンドは他にないので、僕の年間ベストは確実になりました。

でもトルキ時代の「田舎でナンバーワンのバンド」みたいな雰囲気も名残惜しいですが・・・。

新譜は中々いいですね。Unbreakableにはまっています。

トルキ脱退以降では一番いい出来ではないかと思っています。しばらくヘビロテ決定ですね。

ただ、自分の中ではトルキ時代とはあまり比較しないようにしているのですが、どうしても「Black Diamond」のような頭を打ち抜くほどのキラーが一曲あれば…とついつい思ってしまいます(笑)

新作いいですね
少なくともトルキ脱退以降では一番好きです
ハロウィンみたく再ブレイクしてくれるといいのですが…

しかしトルキのニュープロジェクトは意外や意外メンツなかなかすごいみたいですけどこれは今度こそ期待していいんですかね?笑
Michael Kiske (UNISONIC)
Sharon Den Adel (WITHIN TEMPTATION)
Elize Ryd (AMARANTHE, KAMELOT)
Russell Allen (SYMPHONY X, ADRENALINE MOB)
Rob Rock (DRIVER, IMPELLITTERI, M.A.R.S.)
Tony Kakko (SONATA ARCTICA)
Jens Johansson (STRATOVARIUS)
Derek Sherinian (BLACK COUNTRY COMMUNION, DREAM THEATER)
Alex Holzwarth (RHAPSODY OF FIRE).

まとめてお返事2

>Shuさん
たしかに私もビギナーだったころは新譜をリアルタイムで買うより、旧譜を中心に買っていましたね。
廃盤というよりは、むしろクラシックな大御所の定番作品がメインでしたが…。


>Metal88さん
ボーナストラックの出来もいいので、日本盤オススメです。
そんなにこのブログってチクチクしてますかね?
結構オブラートに包んでいるつもりなのですが(笑)。


>名も無きメタラーさん
スタジオに引きこもるタイプみたいですからねー。
アルバムを重ねるごとに膨張していくかもしれません…(苦笑)。


>tommyさん
まあ、最近ファンになった人がどう感じているかはわかりませんが、昔から聴いている人間にとってはやはり過去の名曲と比較してしまいますよね。
自分が好きになったきっかけの曲を超えるのはなかなか難しいことだと思います。


>名も無きメタラーさん
なんとなく近年は中堅的なポジションになってしまっている風もあるので、ここらで一気に重鎮イメージを日本でも再度固めてほしいですね。

ティモ・トルキの新プロジェクトは、まあ昨今ありがちなメタル・オペラではありますが、やはり期待してしまうメンツではありますね。

>adoreさん

定番作品と言えば、自分もHelloweenのKeeperシリーズやAngraのAngels Cryから聴いたりしてましたね。

クラシックの定番だと、最近欲しいのはZeppelinの「IV」だったりします。

あ、ストラトの新譜を昨日聴いたのですが予想を遥かに上回る出来の良さでびっくりしました(笑)

自分の中ではHelloweenとセットで名盤確定ですね。

一曲一曲サビに入る度に「カッコいい!」と口にしてしまいます。

あと、個人的に驚いたのがUnbreakableってマティアスが書いた曲だったんですね。

マティアスはプログレッシブな曲で攻めてくるタイプだと(勝手に)思い込んでいたのでここまでキャッチーでストレートな曲け書けるとは思わなかったです。

次のアルバムでもマティアスに期待できそうですね。

そういえば、付属のブックレットの最後に写っていたのはヨルグですかね?

この写真が何気に一番驚きました(笑)

本日やっとNEMESISゲットしました!
いや~…いいですね、前作は個人的にイマイチな出来だったのですが、これぞ待ち望んでいたサウンド!
モダンで、それでいてまさにメロディックメタルのお手本みたいなサウンドのバランスが最高です。
(トルキの呪縛からようやく解放されたか!?)

欧米をまわる予定のStratovarius & Amarantheのダブルヘッドライナーツアーでぜひとも来日してほしいものですねえ…。

>Shuさん

無事「NEMESIS」入手できたんですね。
マティアスは作曲の面でメキメキと成長していると思います。

あの写真はヨルグではないんじゃないですかね。
エンジニアのミカ・ユッシーラではないかと思っているのですが…(確信はありませんが)。

>msynさん

前作よりだいぶわかりやすいアルバムですよね。

AMARANTHEとのカップリングは確かにかなり魅力的なので、そのまま日本に来てもらいたいですね。

こんにちわ

今年のベストアルバムに決定って言いたいくらい素晴らしいアルバムでした
気持ちが高ぶって聴いてる途中にメタルを舐めるなよって思ったりしました
それにしても限定版買って良かったです FIREBORNが素晴らしすぎです

>名も無きメタラーさん

本作はボーナス・トラックも含めて佳曲揃いですよね。
フェイバリット・チューンは人によって結構割れるんじゃないでしょうか。

前作はプログレ色が強くてあまりハマれませんでしたが、今回のはイイですね。Helloweenもですが、バラードがもう1曲欲しいなぁって思いました。

最近近くの電気屋にある小さな中古CDコーナーでストラトの「INFINITE」「DESTINY」「EPISODE」「FOURTH DIMENSION」を安く手に入れることが出来ましたが、ライナーノーツを読んで初めて初期3枚はティモ・トルキが歌ってたと知りました(苦笑)てっきりティモ・コティペルトはオリジナルメンバーだとばかり・・・

本サイトではレビューされてませんが、出来はやっぱりあまりよろしく無い感じなんでしょうか?(笑)点数付けるとどのくらいですか?

>B!13さん

私はバラードは1曲イイのがあれば、というタイプなので、今回のアルバムのバラードの出来がかなり良いとおもっているため、満足しています。

名盤をまとめ買いしましたね(笑)。ぜひじっくり聴き込んでください。

初期はティモ・トルキが歌っていたというのは私の世代だと特別彼らのファンでなくともなんとなく知っている話でしたが、これだけキャリアが長くなると若い人にはあまり知られていない話になっているんですね。

厳密に言うとティモ・トルキもオリジナル・メンバーではないのですが…(笑)。

初期3枚の出来は…B級メタルの魅力に溢れています(笑)。
リアルタイムではそれなりに魅力的な音でした。

いつかはレビューしようと思って積み残しているアルバムですが、今レビューしたら70点台後半程度の評価になってしまいますかねえ…。

器用なバンドになりましたね

前作がヘヴィで疾走感もあって全盛期並みの名盤だったので
今作にも期待してましたが、個人的には前作ほうが分かりやすいです
とはいえ新しいことに挑戦する姿勢は高く評価します

テクノ、トランス的なサウンドは基本嫌いなのですが
こういうアレンジだったら気に入ります(笑)
AbandonやHalcyon Daysは大仰なクワイアと共に、Juno Reactorばりに盛り上がりますね

Castles In The Airのピアノも素敵です
こういうピアノやチェンバロをもっと聞かせて欲しいものです・・・
ピアノとクワイアも今作の聞き所でしょう

イェンスのベストテイクはやっぱりSilver Mountainでしょう(笑)
特にVikingsの最後に聞ける、クラシカルなピアノソロは最高です(爆)
ハイ、若気の至り大好きです(爆)

>ヘロウィンさん

個人的には前作より本作の方がキャッチーでストレートな作風だと思いますが、やはりいろいろな感じ方があるのですね。

たしかに本作におけるピアノとクワイアは、サウンドに奥行きと味わいを加える重要なファクターになっていると思います。

「Vikings」のピアノ・ソロはたしかに壮絶なまでの名演ですが、曲自体を食ってしまっているので、バンドの一部としてのパフォーマンスとしては「やり過ぎ」だと思います(笑)。

マティアス最高!イェンス最高!ストラトヴァリウス最高!
これ以上のアルバムは出ないんじゃないかというくらいに素晴らしい!!
特に4#「Halcyon Days」は人生のベストトラックといっても過言じゃないかもしれない!!
前作も前々作も中々だったがこのアルバムでやっと6th「Visions」と8th「Infinite」を超えてくれた!!

>影の神殿さん

「VISIONS」や「INFINITE」を超え、これ以上のアルバムは出ないと思えるとは凄いハマりようですね。
人生ベストトラックと思えるような楽曲に出会えるのは幸せなことだと思います。