「ビルボード」の00年代ベストに意外なメタル作品が

transsiberianorchestra01.jpg

各所で2000年代のベスト・アルバムが発表されていますね。

アメリカの「Rolling Stone」とかイギリスの「NME」のような歴史も権威もあるメディアや、ウェブ時代を代表する音楽メディアになりつつある「Pitchfork」など、私もいち音楽好きとしてチェックしてみました。

まあ、こういうおセンスのよろしい方々の選ぶアルバムは結構共通してて、「Rolling Stone」も「Pitchfork」も1位はRADIOHEADの「KID A」だし、「NME」の1位であるTHE STROKESの「IS THIS IT」は「Rolling Stone」では2位だし、「Pitchfork」では7位だ。日本の「CROSSBEAT」誌でも「2000年代の1位」はコレでしたね。

その他上位のメンツも似たり寄ったりで、WILCOだのARCADE FIREだのTHE WHITE STRIPESだのOUTKASTだの、やっぱボブ・ディランも入れとかなきゃね、みたいなおよそメタルファンには全く縁のない名前が列挙されている。

RADIOHEADの「KID A」なんて、当時最愛の存在だった椎名林檎が推薦文を書いていたから私も買って、今でもiPodには入っていますが、たまに電車で座れた時に即座に入眠するためのBGMとしてのみ活用されていますよ。

この辺のランクに入っているので私にとっても思い入れがあるのはDAFT PUNKの「DISCOVERY」くらいかなー。
コレが流行ってる頃くらいまではクラブとかにもちょくちょく行っていたんですが。

こういうおセンスのよろしい方々よりはまだ「売れてるもの」の方が信用できるかなーと思って「Billboard」の00年代振り返り企画もチェックしてみました。

エミネムにアッシャーにビヨンセ、そしてブリトニー・スピアーズといった面々をどう感じるかといえば、「まあ、ストロークスやアーケイド・ファイアに比べれば、女の子とのドライブBGMには使える分マシかも…」といった程度で、アルバム1位がイン・シンクと来た日には苦笑するしかないわけですが。

それでもNICKELBACKとLINKIN PARKなんかが上位に来ている分前述の「おセンスのよろしいメディア」よりはメタル・ファンの感性に近いかな、という気はするんですよね。

00年代の一発屋代表としてダニエル・パウターの「バッド・デイ」が選ばれていて、「いたね~、そんな人。『とくダネ』で観たよ~」なんて思えるあたり、眺めていて楽しめたのは間違いなくこの下世話なチャート。

アルバム200枚を追っていくと、CREEDやNICKELBACK、3 DOORS DOWNのようなポスト・グランジ、LINKIN PARKやLIMP BIZKIT、STAINED、KID ROCK、SYSTEM OF A DOWN、P.O.D.、KORNといったNU METAL勢などはボチボチランクインしているものの、やはりというか正統的なHR/HMはほぼ皆無(GUNS N' ROSESのベストくらい)。

近年人気の(そして私も嫌いではない)メタルコアすら皆目見当たらないのだから、こりゃやっぱアメリカじゃメタルはダメか、と思ったところ、意外な所で意外なアルバムが。

「Catalog Album」チャート(いわゆる旧譜チャート)にはMETALLICAのブラック・アルバムや、AC/DCの「BACK IN BLACK」といったアルバムがTOP10に名を連ねているのですが、なんと11位に冒頭にジャケット画像を掲げたTRANS-SIBERIAN ORCHESTRRAの「CHRISTMAS EVE AND OTHER STORIES」が。

日本盤がリリースされていないのでご存知ない方も多いかもしれませんが、このTRANS-SIBERIAN ORCHESTRAというのはSAVATAGEのメンバーによる、クリスマスをテーマにした音楽をプレイするプロジェクト。

クリスマスにちなんだ音楽ということで、クラシカルなストリングスなどをふんだんに配した音楽ではあるのですが、何気に結構メタリックで、言ってみればSAVATAGEの無骨な部分を削ぎ落とし、クラシカルでドラマティックな部分だけを強調したようなサウンド。

調べてみるとこのプロジェクトは本当に人気があるようで、ここで選出されている「CHRISTMAS EVE AND OTHER STORIES」はチャートの最高位こそ53位ながら、96年のリリースからこれまででアメリカだけで200万枚以上を売り上げている(そしてクリスマスシーズンには毎年ランクインしているようで、この時点でも65位にランクインしている!)。

その後リリースされたアルバムもみなゴールドやプラチナムに輝いているようで、ツアーも1万人規模の会場で全米を回っているらしく、そりゃSAVATAGEの新作も出ないわな、という感じ(メンバー皆このプロジェクトに関わっている)。

どうやら最新作はつい先日(10月)出たばかりのようで、なんとビルボード初登場5位を記録したとのことで、思わずAmazonでポチしてしまいました。

その最新作「NIGHT CASTLE」の感想もいずれここで書きたいと思いますが、とりあえず今日はこんな所で。

明日、大晦日のエントリーは私の2000年代ベストで締めたいと思います。
全くもっておセンスのないセレクトになることと思いますが、ご興味を持っていただける方はご覧いただけると幸いです。


◆TRANS-SIBERIAN ORCHESTRAの最新プロモ映像



一見してすごくお金のかかったスケール感のあるショウをやっていることがおわかりいただけるかと思います。
SAVATAGEのファンの方であればここで使われているメロディに聴き覚えもあるとのではないでしょうか(ヒント:「DEAD WINTER DEAD」アルバム)。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント