AMARANTHE / THE NEXUS

amaranthe02.jpg

デビュー作が好評を博した彼らのセカンド・アルバム。

基本的には前作の流れを順当に受け継ぐ作風であるが、前作発表後、数多くのライヴをこなしたことが影響しているのか、よりタイトで強靭なサウンドを聴かせてくれる。

伝統的なセンスとモダンなセンスがハイブリッドされたメタル・サウンドをベースに、エレクトロなKeyアレンジが彼らの個性を主張し、そこにメインストリームのポップスをさえ思わせるエリゼの歌唱と、ジェイクのイマドキなイケメンヴォイス(なんだそりゃ)と、アンディのスクリームが織りなすそのサウンドは、若者にとっては適度な刺激とわかりやすいキャッチーさが共存した「新しい音楽」として響くことだろう。

メタル・サウンドとダンス・サウンドのミックスに挑んだかのようなそのサウンドは自称「センスのいい人」にとっては悪趣味の極みかもしれないが、ここまでの完成度に達していれば自称音楽通の批判などがその人気を妨げることは難しいはず。

即効性のあるキャッチーさという点では前作の方がやや優れているかもしれないが、フューチャリスティックな世界観を含め、より細部の完成度を上げてきた至極真っ当な「衝撃のデビュー作に続くアルバム」だ。近未来的なサウンドでありつつ、エリゼのエモーショナルな歌声によって、変に人工的な印象を与えないのもいい。

このままメタル・ファンの境界線を超えるポテンシャルを秘めたこのサウンドで突っ走って全世界でブレイクしてもらいたいですね。

この出来なら来日公演もぜひ観たいのですが、その後強烈な来日ラッシュだしなあ…。しかもハコがクアトロだし…(あんまり好きな会場ではないのです)。【85点】

◆本作のタイトル曲「The Nexus」のPV [YouTube]



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

クアトロ、私も好きではないです。
なんか、ね…

アルバムは相変わらず、なんと言うか『適度』さが絶妙だなと。
トリプルボーカルのバランスだったり、メタルとダンスの融合だったり、ギターソロだったりと、特に日本人だからかは分かりませんが、スポッとハマる『適度』さだなぁ、と。

うぅん、分かりにくい説明になりましたが、良いアルバムでした。(笑)

AMARANTHE

このままいけばブレイクもそう遠くないかと思います。
そのメタル・サウンドとダンス・サウンドのミックスに挑んだかのようなサウンドが新しいタイプのメタルとして広く受け入れられそうですね。
オロフ・モルク(G)はこういうタイプのジャンルの音楽の方がセンスありそうですね。
ある意味、このバンドを始めたきっかけでDRAGONLANDの音楽がレベルアップしたとも言えると思いますけどね。

1stの内容があまりにも衝撃的すぎて次回作どうなるんだろと不安になってましたけど、2ndも素晴らしい出来で、安心しました。ラウドパークでの再来日も密かに期待してます。

先日、DELAIN見に初めてクアトロ行きました。ライブは盛り上がっていて最高だったのですが、両サイドの柱、あれ明らかに邪魔ですよね?

意外といいかも

今まで名前だけしか知らなかったのですが、視聴した限りではまさに新世代のメタル/ヘヴィ・ロックって感じですね。個人的にはこういうモダンな音は苦手なのですが、キャッチーさもサウンドにしてもセンスが冴えているなと思います。

まとめてお返事

>blueさん
クアトロ、なんかアレですよね…(苦笑)。
たしかにこのバンドは様々な要素のミクスチャー具合が秀逸ですね。


>ストラディキャスターさん
欧州と日本ではブレイクしてもおかしくないですね。英米の壁は厚いと思いますが…。
ブレイクしたらこういうバンドがいっぱい出てきそうな予感もしますね。

オロフは見事に才能を開花させましたね。
DRAGONLAND初期の煮え切らない楽曲を思うと、飛躍的に成長していると思います。


>ぴーぽんさん
クオリティの安定感を感じるアルバムですね。
メンバーの数が多いだけに、クアトロみたいな小さいハコより、LOUD PARKみたいなフェスのステージの方が似合いそうですね。

お、DELAIN行かれたんですか。セーラー服は萌えましたか?(笑)
クアトロの柱、邪魔ですね(苦笑)。会場動線も微妙だし、正直積極的に行きたい会場ではないですね…。


>ハルディンさん
サウンドとしてはモダンなタッチですが、コード進行や楽曲のストラクチャーは意外とオーソドックスだし、ギターソロもちゃんとあるので、メタラーにとってもなじみやすいサウンドだと思います。

この人たちを見てると、男子校の中学でオタク仲間だった友人が共学の高校に行ったとたんおしゃれに目覚め、女子と楽しそうにやってる所を見てしまった時のようなやるせない感情を抱いてしまうので、なかなか素直に応援できません(笑)

>名も無きメタラーさん

それは嫉妬ですね(笑)。
たしかにあのDRAGONLANDのメンバーがこういうバンドをやるとは10年前は予想もつきませんでしたね(笑)。

前作は文字通り「デビュー」アルバムだったということで(笑)。

意外とコメントが伸びませんね。

私にとってはジャストなバンドではないのですが、華があって裾野を拡げてくれそうなバンドなので期待しています。

タイプの違う3人Voが他のバンドとの差別化になっていると思うのでPVでも横並びで演奏するシーンをもっと作った方がいいと思います。

あと、JAKE がメインになるような軽めのポップがあればなと、アルバムは詰め込んでるんで疲れるんですよね。彼はいい北欧声です。このバンドに興味を持ったのもDREAMLANDのJakeがいるからでしたし。

アマランスの新作、期待以上で感激しました!
親しみやすいメロディが満載で、これは幅広いリスナーにアピールするんじゃ?
でも、バーン誌では白黒2ページ記事というおざなりな扱い・・・。
やっぱり今のバーンにはこういう音楽の良さを理解できる
スタッフがいないんですかね。

DELAINは私も見に行ったんですが、
セーラー服はずいぶん古いタイプのものでしたねw
ミニスカートにルーズソックスみたいなのにするように
アドバイスする人がいなかったんでしょうか。
でも、曲は良いし、歌は上手いしで、
大いに楽しめたライブでした。

>大介山さん

フロントマン横並びは華がありますよね。
それもあってクアトロみたいな小さなハコではなく、もっと大きいハコでプレイするときに観たいという気持ちもあります。

ジェイクメインのポップ・チューンは、今後音楽性の幅を広げていく中での可能性としてありそうですね。

>ぶーさん

AMARANTHE、扱い悪いですよね。
個人的にはダンスっぽいチャラさがあの雑誌の肌に合わないのかなあ、などと思っていたり。

DELAINのセーラー服、「スケ番みたいだった」という声をWeb上で見て、イマっぽいデザインのものではないのだろうと想像していました(笑)。

AMARANTHE大好評ですね。
ノーマークでしたが話題だったので聴いてみました。自分には合わないバンドですねぇ。
エレクトロなアレンジはストラトの新譜でも気に入ったし、 Skrillexのようなアーティストも聴くので好みなのですが。
メロディもカッコいいし演奏もメタリックでテクニカルですが、女性Voであることや男Voがシャウト系&エモ声というのがピンと来ないメタラーもいるかもしれませんね。
でもこういう新しいバンドはシーンを活性化させてくれるので素直に売れて欲しいと思います。

>Mark.Nさん

彼らの持つモダンでポップな要素を受け付けない、という硬派なメタル・ファンの方も結構多いのかもしれませんね。

とはいえそういうバンドが裾野を広げていくものだと思うので、叩いたり無視したりせずに、Mark.Nさんのように大目に見てあげてもらいたいですね。

アルバムの内容自体は素晴らしいのですが、日本盤のライナーノーツの中に有島博志さんの名前を見かけてちょっと気分が悪くなりました(苦笑)。ほんのちょっとだけですけどね(笑)。

>名も無きメタラーさん

まあ、ピュア・メタラーからしたら有島氏は「背教者」かもしれませんが、彼がしゃしゃり出てくるということは「トレンディなイケてるヘヴィ・ロック(笑)」であると見做されているということでもあるので、それはそれでいいんじゃないですか?(笑)