BURRN!13年5月号の感想

burrn1304.jpg

表紙はお忍びで日本に長期滞在していたというデイヴィッド・リー・ロス(VAN HALEN)。

6月に延期されたVAN HALENの来日公演にはまだ2ヶ月もあり、何でこのタイミングに? という気もするが、インタビュー自体1月に行なわれたもののようだし、「ネタのない月」のために用意されていた記事と写真なのかもしれない。

BURRN!という雑誌の立ち位置や日本のマーケット状況として、(クロス・レビューの)AMORPHISやFAIR WARNING、LORDIなんかを表紙にすることは難しいということなのでしょうが、こうなると本当にこの雑誌が表紙にできるアーティストというのは限られているんでしょうねえ…。

80年代にデイヴィッド・リー・ロスが東京に滞在していたら、「お忍び」と言えど忍びきれなかったと思われますが、今のこの風貌であれば、サングラスをして帽子を被られたら、30年来のファンといえど(あるいは古くからのファンだからこそ?)なかなか「ダイアモンド・デイヴ」だとは気付かないでしょうねえ…。

巻頭インタビューの内容も、意味の有るような無いようなおしゃべりが延々と続き、個人的にはデイヴがEXILEの存在を認知し、『るろうに剣心』の映画を2回観た、ということ以外、別段何も残らなかったというのが正直な所。

あとは、「キミの質問はグレイトだ」「将来いいジャーナリストになれる」「感銘を受けたよ。参った。感動的!」と褒め殺しにされた幅氏がその後デイヴと個人的に親密になる機会を得ることになったのかどうかという点にちょっぴり下世話な関心があります(笑)。

そしてデイヴのインタビューの後に来る記事が現KISSのドラマーであるエリック・シンガーの「独占インタビュー」というこれまた「何故に今?」という記事ですから、今月号のネタ不足感は相当にあからさま。

そりゃ他にニーズもないでしょうし、「独占」インタビューになるでしょうよ。

特集も先日DVDが発売されたIRON MAIDENの「MAIDEN ENGLAND ‘88」の宣伝みたいな記事と、「お友達」であるOUTRAGEの丹下氏との対談形式による、先日病死したクライヴ・バーの追悼記事、そしてしぶとく続く「LAメタルの真実」。

しかし「LAメタルの真実」、これホントにリアルタイムのファンは楽しんでるんですかね? 私なら若い頃好きだったミュージシャンがこんな落ち目感満載のうら寂しいインタビュー受けてるのを見たらちょっとヤだな(苦笑)。

DAFF McKAGAN’S LOADEDやらBFMVやらTHRASH DOMINATION 2013やらJOURNEYやらVOICE OF RAINBOWやらALL THAT REMAINSやらのライヴ・レポートは基本的に「行った人・行きたかった人」向けの記事なので楽しめる人は楽しめると思いますが、個人的には流し読みする程度。

いや、マジこの号で読む所って新作に期待が持てるAMORPHISのインタビューと、P133のドリス・イエの写真が魅力的なCHTHONICのライヴ・レポート&インタビューくらいだ。

秀作だが似通った作風のアルバムばかりをリリースしていたAMORPHISが、自ら「ルーティン・ワークに陥っていた」と言っているのは立派だなと思いましたね。別に落ち目になっていたわけでもないのに、自発的に「成功のルーティン」から脱するというのはなかなかできないことですよ。

CHTHONICに関しては、個人的な見所はまあドリスなわけですが、来日こぼれ話で「伝説のすた丼」とかラーメン屋とか、妙にジャンクなものばっかり食べている様子が報じられている。

親しみが持てるといえばそうですが、レコード会社ももっと良いモノ食わせてやれよ、という気も(笑)。

ドリスが大好きというラーメン屋は、写真の雰囲気とドンブリのデザインからするに「一蘭」でしょうね。私も博多ラーメンのチェーン店の中では一番好きかも。

で、例によってディスク・レビューによって今月買うものを物色するわけですが、とりあえずAMORPHISの新譜はだいぶ前から予約済み。

あと個人的なマスト・バイはオーストラリアのLORDとオーストリアのSERENITY。両者ともサンプルが良かったので結構期待してます。

GAMMA RAYのEPも、ちょっと高けーな、と思いつつまあ買ってしまうのでしょう。

FAIR WARNINGとLORDIももちろん検討していますが、どちらも全盛期からのパワーダウン感が否めないのがちょっと躊躇してしまうところ。

どちらも過去のアルバムや楽曲は本当に好きですが、それだけに「だったら良かった時期の作品だけ聴いてればいいんじゃないの?」という「心のツッコミ」が自分に対して入ってしまうのは否めない。

まあ、それは別に彼らに限ったことではないのですが…。とはいえ曲単位では今なおホームランを打つポテンシャルは持っていると思うだけに、そのかすかな期待感のために買ってしまうのがマニアの悲しい性ですね(笑)。

あとはHIMとVICIOUS RUMORSの新譜もちょっと気になります。
今月はそんなところかな。

◆発行元であるシンコー・ミュージックのWebサイト
http://www.shinko-music.co.jp/main/ProductDetail.do?pid=2175011305
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

GAMMA RAYのEP・・・

国内盤には「SEND ME A SIGN」のドイツ語Ver.入った全11曲…

わたくしはドイツ語Ver.は要らなかったので、国内盤の約半値という、たいへんお得な輸入盤をすでに購入…

トピックスとしては、やはり新曲ですね♪

「EMPIRE OF THE UNEDEAD」はBURRN!のレビューでもあったとおり、HELLOWEEN期の「WALLS OF JERICHO」あたりの雰囲気で懐かしく感じる♪

「MASTER OF CONFUSION」はカイお得意の「I WANT OUT」路線…

「REAL WORLD」とか♪

どこかで聴いたことあるようなフレーズは、もはやカイ・ハンセンに許された?専売特許ですから、いいんです!(笑)

エリック・シンガーの「独占インタビュー」に対する管理人さんの手厳しいツッコミに爆笑です(笑)。まあニーズは他にないでしょうね(笑)。

SERENITYってオーストラリアのバンドだったんですね。てっきりスウェーデンかフィンランドのバンドだと思ってました。

「MAIDEN ENGLAND ‘88」は素晴らしいですよね。自分の持っている「サムホエア・イン・タイム」と「第七の予言」のCDはリマスターされてない物なのでこれを機会に買い直そうか検討中です。
管理人さんは好きなバンドの所有しているCDがリマスター再発された場合に買い直されたりしますか?

Baz

私、今月号買わなかったです。
理由は全て書いていただきました(笑)
いやぁ、相変わらずの過去の遺産ぶり満載。
いや、VHもKissも好きですよ。
でもタイミング悪っ!

私は今月は
Cyntia
KsE
Stone Sour
Device
を聴いてま~す。

読者の年齢層は...

最近はadoreさんのこちらの記事で満足し、立ち読みするかしないかをしている、ワルイ読者です(笑)。

表紙になる人や記事では、懐メロに心をよせる中年ファンには大喜びの内容ですが、そもそもBURRN!の読者の年齢層
比率は、中年が多いってことなんですかねえ...

先細りにならないよう、老若男女ファンが共有できる内容になるといいですね(若い層から見て、古いのってこういういいのがあるんだ~とか、若いファンが好きなバンドをおじさんが聴いてみようかなと思うようにさせていくとか)

まあ、ワタシも買って応援していかないといけないんですが(笑)。

HIMの新譜出るんですか!

楽しみですね~。
来日してくれないですよね。

まだライブを見た事がないんで、是非参戦してみたいものです。


ドリスは魅力的ですね。ステージメイクもいいけど普通メイクの方がお姉さん感出てて好みです。ベーシストなのでCDでは目立たないでしょうがChthonicのCD集めてみようと思います。そしてライブで生ドリスを見ようと(笑)

後は、だいぶ前からですが読者プレゼントがショボイんですよね…(苦笑)サイン色紙なんて元は200円位ですし。マメに応募するので気になりました。

AMORPHIS

AMORPHISの新作は期待が持てそうですね。
FREEDOM CALLのベストアルバムがリリースされるようだけど、
売り上げを考える限り恐らく国内盤はリリースされないでしょうね。

今月号、一番残ったのがシャーリー女史のコラムのアクセルのエピソード。基本的には、すごくいい人なんでしょうね。バンドにとらわれず自分のやりたいことをやって欲しいなと思います。個人的には、エルトンジョンのカバーをして曲作りのツボを思い出してほしいな。

立ち読みにしようかな

正直恒例行事の如くBURRN!はここ数年欠かさず購入してますが、今月号の自分の流し読み具合を考えると本当にもう立ち読みで済ませようかと検討してしまいます。
今月号に限らず、ここ数か月は本当に読み応えがなく、ディスクレビューが一番の目的になってしまってる時点で自分自身飽きてるのかなと思います。

20代後半の自分ですらこの反応なので10代の人なんて本当に買ってないんじゃないかと思います。。。

Master Of Confusion

Gamma Rayの新曲、I Want Outの系譜ですが今までのどの曲とも似通っていない感じで、個人的にはかなり好印象でした。

まぁ、Powerplant以降のアルバムを殆ど聴いてないから何とも言えないんですが(苦笑)

ただ、あえて一つ言うとするなら、前作To The Metal収録の同路線の曲であるTime To Liveは「I Want OutをセルフカバーしてギターソロをBurnにしました」みたいな感じでこっぱずかしくて聴いてられませんでした・・・。

それだけにこの新曲の出来はとても嬉しいです。

カイ!アルバム早く出してくれ!

デイヴィッド・リー・ロスを表紙にするのだったらCHTHONIC(ドリス)を表紙にしてくれれば、購入したのですが。新譜も出る事ですし。
その辺りをBURRN!の編集部の方達は分かってほしいものです。

>RED OCTOBERさん

個人的にはあんまり輸入盤を買う習慣はないのですが、たしかにこの手の企画EPであれば輸入盤で済ませるという手もありますね。

相変わらずのカイ・ハンセン節が楽しめるのであれば何よりです。

>名も無きメタラーさん

SERENITYはオースト「ラ」リアではなくオーストリアの出身です。音楽の都・ウィーンのある国ですのでお間違えなきよう(笑)。

リマスター盤の買い直しをしたことはあります。
やはり相当思い入れのあるバンドや作品だけですけどね。

ボーナス・トラックが豪華だったりすると、欲しくなりますね。

>blueさん

今月号はまあ、正直つまらなかったですね。

新しいバンドを多めに聴いてらっしゃいますね。
KsEは評判良いし、DIVICEもちょっと興味あるので、聴いてみたいですね。

約20年前のHEAVEN'S GATEの表紙 もうあんなサプライズはないんでしょうかね 確かにジャーマンメタル全盛期でしだがまさかのHEAVEN'S GATEでした Livin in Hysteriaは名盤

>KYさん

これは、BURRN!誌の存続のために大至急このブログで感想を書くことをやめないといけませんね(笑)。

BURRN!誌のメイン購買層は恐らく30代後半以上の人たちだと思われます…。

おっしゃる通り、老若男女のファンが共有できる雑誌になってくれるのが理想ではありますが、こうもジャンルが細分化してしまうと難しいのでしょうね。

HIMは日本と欧米での人気の温度差が大きいので、単独公演は厳しいと思いますが、METALLICAの出る日のサマソニに出てくれないかな、などと思っています。

>B!13さん

ノーメイクのドリスは「ふつうのきれいなおねいさん」でしかないような気が…(笑)。

元々あまりベースが存在感を持つ音楽性ではないですし、彼女もプレイヤーとしてはさほど傑出しているわけではないので、とりあえずライヴDVD「醒靈寺大決戦」で動く彼女を観ることがオススメです(笑)。

読者プレゼントは…そこに回せる費用があまりなくなっているのでしょう、残念ながら。

>ストラディキャスターさん

AMORPHISはまあ、大きく外すことはないでしょうね。

FREEDOM CALLは…微妙な所ですねえ。
クオリティだけ考えたらもうちょっと人気出てもおかしくない存在なのですが。

>大介山さん

正直読み飛ばしてましたのであらためて読んでみました>シャリー女史のコラム

まあ、アクセルは普通の人が付き合いやすいタイプではないでしょうが、良くも悪しくもピュアでナイーヴな精神の持ち主なんだろうな、とは思います。

>Metal Warriorさん

こんなHNの持ち主までがBURRN!に愛想を尽かし始めているとは、見通し暗いですね(苦笑)。

ぶっちゃけディスク・レビュー以外はいらない、という人が結構な人数いるんじゃないですかね。
少なくとも「ディスクレビューのないBURRN!」だったら私も買わないですね(笑)。

>Shuさん

そういう「オマージュ」を恥ずかしがっていたらメタルは聴けませんよ(笑)。

でも、そんな方でも納得する新曲ということであれば、アルバムも期待が持てますね。

>サイコベアさん

ドリスを表紙に!という考えは理解できますが、とりあえずアルバムが5万枚くらいは売れないと難しいでしょうね(苦笑)。
あとは日本盤発売元のハウリング・ブルさんがもっとBURRN!に広告費を突っ込むことも必要かもしれません(笑)。

そして、デイヴ・リー・ロスの表紙で買う、この雑誌の購買層のかなりを占める「LAメタル世代」の人にとって、ドリス・イエは「誰だよこの女」という程度の認知しかないであろうと思われます…。

>名も無きメタラーさん

きっとあのHEAVEN'S GATEが表紙の号が売れなかったので、「冒険」や「挑戦」をしなくなってしまったんじゃないですかね(苦笑)。

「LIVIN' IN HYSTERIA」は確かに傑作でしたが、マイナーなバンドを抜擢してみるにあたってあのバンドをチョイスしてしまうあたり、昔からBURRN!編集部は時代を読むセンスがなかったんだなあ…と思ってしまいます(笑)。

>adoreさん

あー、あんなこと書いてて誤解されてしまったみたいですけどこれでもオマージュに対して否定的ではないんですよ(笑)

むしろ好きなくらいで・・・。

オマージュ自体は嫌いでは無いですし、実際HelloweenやGamma Rayの旧譜でのオマージュにニヤッとさせられた人間でもあるんですが、それは総合的な曲の出来が良かった場合に限るんです。

前述の曲は展開も歌メロもモロにI Want Outで(しかもそこまで良くもない・・・)、聴いたときは思わず「使い回しかよ・・・」と頭を抱え、ギターソロでは「せめてそこはオマージュではない手法でなんとかならなかったのかなぁ」と、マイ・ギターヒーローのカイ・ハンセンに対して嘆きの思いを出してしまったんです(苦笑)。

でも新曲は昨日ずっとニコニコでリピートして聴いてましたね(笑)

カイはやっぱり良い曲を書けるギタリストなんだと安心しました。

そういえば

今月号買ってなかったなぁ~(苦笑)
職場近くの本屋で軽く立ち読みして、後で買おうと思って忘れてました。
確かにドリスの写真は見どころでしたね。立ち読みしてて「おっ!」となりました。
個人的にLordiのインタビューを期待してました。来月号に載るのかな?新曲が良かったのでGamma Rayと一緒に買おうと思います。
Metallionも出てたんですよね。
だんだんB!誌に対する興味が薄くなってるなぁ~。
マジでリニューアルされてたから、ディスクレビューくらいですもんね。World's Words(でしたっけ?既にうろ覚え)とか面白かったのに。

あんたのレビューはつまらん
文章書く才能ないよ?

今月号は読みどころがAMORPHISのインタビューぐらいしかなかった・・・(苦笑)。近々リリース予定のKALMAHやDARK TRANQUILLITYの新作が楽しみです。

>Shuさん

横から失礼。
Time To Liveって確かカイじゃなくてヘニユが作った曲じゃなかったですか?

今月号に関しては内容よりも表紙に唖然としましたよ。
小じゃれた服装の中年白人男性が一人・・・。ぱっと見もはや何の雑誌かもわからない地味さ(笑)

そういえばオズフェスにももクロ出演とのことです。
あまりチケットが売れてないので急遽ブッキングしたのでしょうか。

こんばんは。 

メタラーならBURRN読むだろ! と思い、ここ2,3ヶ月前から購読し始めましたが、巻頭インタビューや、特集に出て来るバンドは正直言ってあまり馴染みの無いバンドが多く、ついついお目当てのバンドまで飛ばしてしまいます。(笑)

10代で初心者メタラーなので旧譜集めに忙しいですが、それも90年代位までで、80年代位になるとなんだか共感しにくいんです。(80年代の音楽をdisる気はありません)

自分がもう少し年を重ねるとまた違って来るのかもしれませんが…

>通行人Rさん

BURRN!に限らず、雑誌は「後で買おう」と思うとだいたい買い忘れてますね(苦笑)。
ネットが発達してからはバックナンバーを入手するのも容易にはなりましたが。

皆ディスクレビューだけが目的になりつつありますね…。
だからと言って何があれば読むのか、というと難しいところですが。

>sげrgさん

もし才能があったらそういう仕事をしていたかもしれませんね。

>ハルディンさん

まあ、今月は谷間の月だったということで…。

>Mark.Nさん

まあ、ルックスのことを言ったら今のジョン・ボン・ジョヴィだってとてもHR/HMミュージシャンには見えませんけどね(苦笑)。

ももクロですか…。
大多数のももクロのファンにとって他に楽しめそうなアーティストが見当たらないだけに、ももクロファンにとって気の毒なお話ですね。

まあでも現場ではそれなりに盛り上がるんじゃないですかね。

>Tommyさん

「メタラーなら」という考えでBURRN!を読み始めたとは今どき珍しい(?)殊勝な心がけですね(笑)。
私が初心者だった頃は、知らないアーティストの記事やレビューを読むことで興味が広がったものでしたが、ここまでジャンルが細分化されてくるとなかなかそれも難しいのかもしれませんね。

私も90年代にHR/HMを聴き始めたばかりの頃は、80年代の音楽にはすんなり馴染めましたが、70年代の音楽についてはなんか古臭くてなかなか好きになれませんでした。

時がたつにつれて70年代やそれ以前の音楽さえ普通に楽しめるようになったので、時間が解決してくれる問題かもしれません。

もちろん音楽なんて嗜好品ですから、共感しにくいものを無理して聴く必要もないと思いますが。

はじめまして。
例の幕張方面の件は反応した時点で負けですかねw
adoreさんがどんな記事にするか気になって何度も来てしまいます。

買いました(笑)

たびたび失礼します。

皆さん、今回買われる方が少なそうなので、BURRN!の存続のために、のあと珍しく買いました(笑)。

なんて言って、実はディヴィッド.リー.ロスのインタビューが立ち読みするには長かったので...。しかし、仰る通り何を言ってるのかサッパリ...。(笑)。わかってましたがファンなのでとりあえず購入と(笑)。

HIMの単独は難しいですか~。
いやー、サマソニの初日、Metallicaの時にもし来てくれたらサイコーですね!

オズフェス

オズフェスの話題が出ていたので。
なぜか、アンセムとガルネリウスがアウェイ見えてしょうがないです。
どれだけ、ガルネリのファンの方が行くのか分かりませんが、1日目のメンツを見ると苦行にしか思えてこないです。

ももくろに関しては1日目の方が一晩で完売したんで主催者としては目論見は成功したんでしょうね…。
いつか2回目が開催されるのかは分かりませんが、やるならH.I.Pは関わってほしくないのが本音です。今回に限らず(邦楽の)ブッキングが酷すぎます。

>デスインコさん

はじめまして。
幕張方面の件は、あまりこのブログで扱うのは適切な話題ではないかなと(苦笑)。
Twitterではちょっと触れましたが。
ご期待(?)に沿えずすみませんでした(笑)。

>KYさん

そんな真に受けられても(笑)。

デイヴ・リー・ロスは単純におしゃべり好きな人なんでしょうね。

HIMは、アルバムがバカ売れすれば普通に単独で来れると思うのですが、これまでの実績を考えると難しそうですね。

私もMETALLICAの日だけサマソニに行こうかな、と思っているので、HIMが来てくれたらモチベーション上がりますね。
かつて出演した実績もあるわけですし。

>サイコベアさん

たしかにガルネリやアンセムがアウェーに見えるというご意見はわかりますが、普通に考えたらももクロが一番アウェーですし、ある意味ブラック・サバスの平均年齢が突出していて一番アウェーかもしれません(苦笑)。

>名も無きメタラーさん

オジー・オズボーンの年齢を考えると2度目は無いと思うので、H.I.P.としては「ヤリ逃げ」感覚でしょう。

今月号はPlace Vendomeの新作にマグナスカールソンが1曲提供したというニュースとドリスの写真ぐらいしか目を引く記事は無かったです。
でも初めてドリスの写真を見ましたがどれだけ美人かが分かったので今月号には結構満足しています(笑)

俺は10代でよく読んでますが立ち読みで飛ばし飛ばしですね…
往年のメタラーからしたら「このミーハーの若造が」なんて思うかもしれないですけど(笑)お目当てのバンドが出なきゃ放置って感じです そんな中メタリオンに摩天楼オペラがカラーで載ってたのは嬉しいですね 多分アレ「v系ごときをカラーに使いやがって」なんて苦情が来たかも… 購買層の年齢が高いのは編集部が権威主義なせいでは? あと俺は金もあまりないので浅く広くで最近はv系やジャパメタに傾いてるのでコアな人から見たら多分俺はにわかメタラーって嫌われるかも

>ノバックさん

PLACE VANDOMEの記事って、ずいぶんニッチな所に注目していますね(笑)。
やはり隠れ(?)マグナス・カールソン・ファンというのは結構いるもんですねえ。

たった数点の写真で雑誌一冊を満足させてしまうのですから、やっぱりきれいな女性は偉大ですね(笑)。

>ドジャンさん

購買層の年齢が高いのは、編集者が権威主義というより、既存の読者を逃がさないような誌面作りをしているからだろうと思います。

昔のメタラーはかなり偏狭な人が多かったようですが、最近のメタラー(30代半ば以下)はV系が好きだろうとジャパメタが好きだろうと、気にしないと思いますけどね。

誰だって最初はにわかなんですから、にわかメタラーなどと卑下する必要もないですし、にわかを嫌うようなメタラーなんて、メタラーであるかどうか以前に人としてダメな人ですから無視しておけばいいんです。好きなものを聴いてください。