STRYPER / SECOND COMING

stryper09.jpg

LOUD PARK 11における好演の記憶も新しい、クリスチャン・メタルの元祖として知られるSTRYPERの初期楽曲のリ・レコーディング・アルバム。

オビなどのには「リ・レコーディング・ベスト・アルバム」と謳われているが、収録曲がデビュー作「YELLOW AND BLACK ATTACK」からサード・アルバム「TO HELL WITH THE DEVIL」までの3作に限定されており、彼らのディスコグラフィーを網羅するものになっていないため、個人的に「ベスト」という表現には抵抗がある。

これまでの経験からするとリ・レコーディング音源がオリジナルを超えていたことなどほとんど記憶にないので購入は見送ろうかと思っていたが、Web上で聴いた「Soldiers Under Command」が存外良かったので買ってみた。

全体としてはかなりオリジナルに忠実なリ・レコーディングで、当時より録音技術が進歩した分、少なくとも若いリスナーにとってはオリジナルよりサウンド・プロダクションが良くなったと感じられるだろうし、初期においてはかなりドタバタしていたロバート・スウィートのドラムに安定感が増しているため、「初期楽曲をより良い状態で聴かせる」という目的は達成されているのではないかと思われる。

とはいえ、オリジナル音源に慣れてしまっているオールド・ファンにとっては、ややギターが前に出てヘヴィさを増したアレンジに、「あのちょっと線の細い所が良かったのに…」と感じる人も少なくないのではないか(てか、それは私なのですが)。

いずれにせよ、LOUD PARK 11でも依然衰えぬ美声を披露したマイケル・スウィートの歌唱もあり、これだけオールド・ファンの「美しい思い出」を汚さない作品に仕上げているのはやはり立派というべきで、オールド・ファンが買って失望するようなアイテムではない。

個人的には「TO HELL WITH THE DEVIL」収録の名バラード「Honestly」が外されていること(恐らくあまりに80年代的でポップな甘口バラードだからだろう)、そして個人的にはアルバム単位では一番好きかもしれない「IN GOD WE TRUST」、歌詞テーマがキリスト教を離れ、音楽的にも多様性を増した異色作「AGAINST THE LAW」(でも「Caught In The Middle」など従来路線の佳曲もあった)の楽曲が収められていないことは不満ではあるが、実際ライヴでプレイされているクラシックがこの辺の楽曲だけなのだとしたら、新たな入門者にとっての「予習アイテム」としては充分意味があるのかも。

「クリスチャン・メタル」というのはあくまで歌詞テーマやバンドの姿勢の話であって音楽性を規定するものではない(何しろ今はキリスト教について歌うブラック・メタルさえ存在しているというのだから!)。

しかし、STRYPERのメロディアスでスウィートでありながら、決して単なる「メロディアス・ハード」や「ハード・ポップ」にはならない(楽曲単位ではそういう曲もないではないが…)独自の清潔なメロディック・メタル・サウンドは今聴くと「ありそうでない」音であり、やはり黄色と黒の縞々の衣装や、ステージから聖書を投げるパフォーマンスといった色物めいた部分を除いてもメタル史に何らかのインパクトを残す存在だったのだな、と再確認させられます。

なお、本作に収められた新曲のうち#15「Bleeding From The Inside Out」は正直メロディ派のリスナーにとってはつまらない曲ですが、#16「Blackend」はブリッジからサビにかけての流れとコーラス・ワークはそこそこメロディアスなのでまあまあ聴けます。

◆メロディ派のメタル・ファンで未聴の方にはぜひ聴いてもらいたい名曲「Soldiers Under Command」[YouTube]



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

今年で50才になるマイケル・スウィートの声は、いまだに艶とハリがありますねー
再結成後のアルバムはどれも良くもなく悪くもない微妙な作品だったので、次のアルバムこそは初期の路線を踏襲したメロディック・メタルの王道で仕上げてもらいたいなと思います

速攻買いに行きました!

スルー予定でしたが、この記事みて買いましたよ。
意味のある再録アルバムですね。音楽は通勤中車の中で聴くことが多いので音圧が高いと嬉しいです。ストライパーのアルバムは「soldiers~」だけ持っていましたが音が悪いので聴きにくかったですから。

>独自の清潔なメロディック・メタル・サウンド
これは僕も前から思ってました。
基本リフがNWOBHM的な鋭さがあるのに、甘いメロディを乗せちゃうというのは他のバンドで無いですね。ハロウィンなどのメロパワはリフがもっと薄味ですし。

でもなんといっても一番すごいのは元キーでプレイしてることに尽きます。
これは彼らが(クリスチャンではない)普通のメタルバンドだったら出来なかったでしょう。

>高見沢さん

マイケル・スウィートはよく声を維持していますね。
ただ、本作に収められた新曲を聴いても、新作についてはあまり期待が持てないような…(苦笑)。

このアルバムを作ったことで、往年の勘を取り戻してくれるといいんですけどね。

>Mark.Nさん

特に本作に収められている初期の曲はかなりエッジのあるメタル・サウンドだったりするのに、メロディだけに関して言えば非常に甘いという、オリジナルな音ですね。

メロディックなメタル、という点では同じでも、HELLOWEENなどのような欧州のバンドとは明らかにアプローチが違いますね(あえて言うなら初期のDOKKENなどは方向性としては近いのかもしれませんが)。

おっしゃる通り、酒もタバコもドラッグもやらない、クリスチャンだからこその真面目さが他のLAメタル・バンドとの衰え方の差として現れていますね。

http://www.slayer.net/us/news/our-brother-jeff-hanneman-may-he-rest-peace-1964-2013
スレイヤーのギタリスト、ジェフ・ハンネマンが亡くなられたそうです。R.I.P.

http://ro69.jp/blog/miyazaki/81788
日本語のソースです。

>人さん

情報ありがとうございます。TwitterのTLもこの件でいっぱいでした。
SLAYERの熱心なファンではありませんでしたが、LOUD PARK 06と09で観ているだけに、やはりショックですね。
あの太り方は健康的ではないと思いましたが…。R.I.P.