MAGNUS KARLSSON’S FREE FALL / MAGNUS KARLSSON’S FREE FALL

magnuskarlsson01.jpg

元MIDNIGHT SUN~LAST TRIBEのギタリストにして、「Frontiers Records」からリリースされた数多くのプロジェクト、そして近年ではPRIMAL FEARのギタリストとしても知られるマグナス・カールソンのソロ・プロジェクト作。

ギターはもちろん、ベースやキーボードもマグナスが一人で担当し、ドラムのみMIND’S EYEのダニエル・フローレスが担当している(本作のミキシングとマスタリングもダニエルが担当している)。

ヴォーカルはそれぞれの楽曲ごとに替えており、そのあたりが「ソロ・アルバム」っぽい。

以下、楽曲とシンガーの一覧。

01. Free Fall (ラッセル・アレン:SYMPHONY X, ALLEN / LANDE)
02. Higher (ラルフ・シーパース:PRIMAL FEAR)
03. Heading Out (マグナス・カールソン)
04. Stronger (トニー・ハーネル:元TNT, STARBREAKER)
05. Not My Savior (リック・アルツィ:AT VANCE, MASTERPLAN)
06. Us Against The World (デヴィッド・リードマン:PINK CREAM 69)
07. Our Time Has Come (マーク・ボールズ:THE CODEX他)
08. Ready Or Not (マグナス・カールソン)
09. Last Tribe (リカルド・ベンソン:LAST TRIBE)
10. Fighting (ヘルマン・サミング:A.C.T)
11. Dreamers And Hunters(マイク・アンダーソン:CLOUDSCAPE, PLANET ALLIANCE)
12. On Fire (マグナス・カールソン)

マグナスのファンであればおわかりになると思うが、多くはこれまでマグナスと仕事をしたことがあるシンガーたちである。

中でもリカルド・ベンソンの歌う楽曲のタイトルがそのまま「Last Tribe」ってのが、往年のファンとしてはグッと来るねぇ。できればこの曲にはディック・ロウグレン(B)とハイメ・サラザール(Dr)を呼んで「プチ再結成」をしてほしかった(笑)。

デヴィッド・リードマン、リック・アルツィ、ヘルマン・サミングといった辺りは意外な線だが、何かしら関わりがあったのだろう。

むしろ、これまで彼と一緒に仕事をしたのに参加していないヨルン・ランデ、ボブ・カトレイ、トニー・オホーラ、マイケル・キスク、アマンダ・ソマーヴィルあたりにも参加してもらいたかった所だ(笑)。

さらに徹底するならMIDNIGHT SUN時代のピート・サンドベリやジェイク・サミュエルズなんかも参加してもらいたかったですね。後者はTHE POODLESで本国ではかなり活躍していますが、ピート・サンドベリは最近あまりお見かけしない気がするし。

#3、#8、#12の3曲ではマグナス自らがヴォーカルをとっているが、これがまたギタリストの副業としてはかなりの歌唱力。専任シンガーでもこんなに歌えない人はたくさんいるのでは(笑)。個性は強くないが、声質自体も好きなタイプです。

楽曲は基本的には近年の「マグナス節」というか、叙情性とモダンさ、哀愁とキャッチーさを高い次元で共存させたメロディック・メタル・サウンドで、PRIMAL FEARを思わせるパワー・メタリックな楽曲から、美しいバラードまでバラエティ、クオリティ共に申し分ない楽曲が揃っている。

全体的には「Frontiers Records」からリリースしてきたアルバム群に近い雰囲気も強いが、ソロ名義である分、ギター・ソロのフィーチュア度が高い(と言っても「弾きまくり」というほどではないが)のもポイント高い。

いや、でもマジで今回良いんじゃないかな。ここまで楽曲が充実しているのってALLEN / LANDEのファースト以来かも。やや画一的になりがちな所を各シンガーの個性によっていい具合に各楽曲のキャラが立っていて飽きさせられることがない。

本作の発売機会に、マグナス・カールソンの知名度・評価が日本でも上昇することを願いたいですね。【88点】

◆本作のサンプル音源 [YouTube]



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いいですね♪

お久しぶりです♪

聴きましたマグナス♪
ホント本人の声は甘く爽やかで、あまりメタリックではありませんが、私も「あり」です♪
7日はSHIBUYA-AX参戦します♪

ANVIのコラム見ました

ブログでけっこうな数のアクセスがある所って
必ずと言っても良い程2chで晒されるんですよね~
以前私もブログやっていたのですが、
2ちゃんねらー達の攻撃にあって、精神的に
もうブログを書く気が失せてしまいましたよ、私は。
このサイト、結構CD購入の参考にさせて貰って
ますので、2ちゃんねらーの卑劣な「晒し」に
なんて負けないで続けてください。
応援してる人は結構いる筈です。Serenityの
レヴュー見て購入に至った、私みたいな人間も
いるので。ああ、そうそう、このバンド。
とても気にいtっちゃいましたよ。
KAMEROT+DARKMOORって言い得て
妙ですなー。

ヨルン・ランデ、ボブ・カトレイ、マイケル・キスク、アマンダ・ソマーヴィル
いわゆるAVANTASIAファミリーですね。
参加して欲しかったですよね。
かなり良かったので、このプロジェクト続けて欲しいですね。

>RED OCTOBERさん

お久しぶりです。
これイイですよね。マグナスの歌声ももっと聴きたいとさえ思いました。

HELLISH ROCK行かれるんですか。いいですね。
私は5日は接待、7日は仕事で行けなくなってしまいました…(7日のチケットは処分済み)。

>RIOT1970さん

ANVIL、だいぶ前の話ですね(笑)。
まあ別に晒されるのは構わないんですけどね。
晒されて恥ずかしいことは書いてないつもりですし、むしろそれでこのサイトを知ってくれる人がいるならオイシいとさえ思ってます(笑)。

そのときでさえ擁護してくれる人が文句を付けてくる人に負けないくらいいましたし、普段いただくレスポンスの9割以上が好意的なものなので、全然気にしていませんよ。

SERENITY、イイですよね。
KAMELOTやDARK MOORくらい人気が出てもいいのに、と思いますが、どちらもそれほど凄い人気というわけではないかもしれませんね(苦笑)。

>ストラディキャスターさん

たしかに言われてみればその辺はAVANTASIAファミリーですね。
きっと本作が好評なら、次もあるんじゃないでしょうか。

UNIONに行った時にダートラの新譜と同時に買いましたが、LAST TRIBEばりにキャッチーでメロディアスな楽曲が満載なのがたまらないですね。マグナス自身のVoも他のシンガーに負けないくらい上手く、特に3曲目が最高にツボでした。

>ハルディンさん

LAST TRIBEファンは必聴ですね。
マグナスが全曲歌うようなソロ・アルバムが今後あってもいいのではないかとさえ思います。

個人的に参加して欲しかったシンガーは・・・

ピート・サンドベリです。10年近く見てませんし・・・
僕はピートが大好きなのですがもしかしてミュージシャン辞めたのではないかと心配しています。
なのでFrontiers Recordsにはピートに仕事を与えて欲しいです!
恐らくやってくれないでしょうが(苦笑)

でもアルバムは素晴らしいでの満足です!
リック・アルツィのVoをこのアルバムで初めて聴きましたが上手ですね。
Masterplanの新Voとして不満はありません!

今回のアルバムは良かったですね。
ここまで楽曲が充実していると、マイケル・キスクやヨルン・ランデ、ボブ・カトレイにも参加してほしかったですね。
ただ、マグナス自身の歌唱力もアップしているように感じたので、マグナスのヴォーカルももっと聴きたいところです。
もし二作目があるなら、その時は・・・。

やっと聴きました!
すごくいいアルバムですね。

>叙情性とモダンさ、哀愁とキャッチーさを高い次元で共存させたメロディック・メタル・サウンド
これに尽きると思います。このさじ加減は他のバンドにはみられない強みですね。

個人的にはこういうプロジェクトっぽいのじゃなく、パーマネントなバンドとして続けて欲しいです。
次作ではマグナス自身が全ボーカルというのを期待します。

>ノヴァックさん

ピート・サンドベリ、きっとミュージシャンとしては引退状態なのでしょうね。実力はある人だっただけに残念です。

ただまあ、パワーメタルとエクストリーム系ばかりがもてはやされるシーンの中ではAOR寄りな彼のスタイルはしんどかったのかもしれませんね。

リック・アルツィは「ヨルン・ランデに似たシンガー」という意味ではMASTERPLANのVoに相応しい実力を備えていると思います。

>COTSUさん

ヴォーカル・オリエンテッドなプロジェクトでは豪華ゲストを望みつつ、彼のギター・プレイが主役になるような作品であればマグナスのヴォーカルで充分すぎるというか、むしろそういう作品を聴きたいとさえ思いますね。

>Mark.Nさん

いいアルバムですよね~。
これだけの実力がある人だけに、プロジェクトとか、PRIMAL FEARみたいな脇役としてではなく、彼の才能が何の制約もなく発揮できるパーマネントなバンドで活躍してほしいですね。

私もマグナスが全曲歌ってかまわないと思いますが、そう思わせてくれるギタリストというのもなかなかレアな存在ですよね。