DREAM THEATERの新作が全米6位に

DREAM THEATERのニュー・アルバム「BLACK CLOUDS & SILVER LININGS」がアメリカで初週40,000枚を売り上げ、全米チャート6位にランクインしたそうです。

先日のHEAVEN & HELLの全米8位もビックリでしたが、半分以上の曲が10分以上などというコテコテのプログレが全米TOP10に入ったなんてほとんど全盛期のYES以来なのではないでしょうか?(PINK FLOYDやRUSHはコテコテのプログレとは言い難い)

なんせCDが売れない時代なので、ゴールド・ディスクを獲得した(=50万枚以上売り上げた)「IMAGES & WORDS」に最終的なセールス枚数では及ばないかもしれませんが、相対的な意味でのバンドの人気はここにきて頂点に達しようとしています。

ちなみに、過去の彼らのアルバムの全米チャートの成績は以下の通り。

1989 「WHEN DREAM AND DAY UNITE」・・・チャートインせず
1992 「IMAGES AND WORDS」・・・61位
1994 「AWAKE」・・・32位
1997 「FALLING INTO INFINITY」・・・52位
1999 「METROPOLIS Pt.2: SCENES FROM A MEMORY」・・・73位
2002 「SIX DEGREES OF INNER TURBULENCE」・・・46位
2003 「TRAIN OF THOUGHT」・・・53位
2005 「OCTAVARIUM」・・・36位
2007 「SYSTEMATIC CHAOS」・・・19位

そしてメジャー・デビューから20年目に発表されたこの最新作は6位。
こうしてまとめて見るとアルバムの出来とチャート・アクションの間には何の関係もないことがわかりますね(笑)。

いずれにせよ、デビュー以来20年間コンスタントに、それぞれに特徴のある質の高い作品を生み出し続けている彼らの企画力とミュージシャンシップには本当に頭が下がります。

HR/HMにとってチャート成績などどうでもいいことですが、せっかくここまで来たら彼らにはぜひ全米No.1を目指して頑張ってもらいたいですね。

ちなみに日本のオリコン・チャートでは初登場8位でした。


◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=122886
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント