TIMO TOLKKI’S AVALON / THE LAND OF NEW HOPE

timotolkkisavalon01.jpg

元STRATOVARIUSのギタリスト、ティモ・トルキによるメタル・オペラ・プロジェクト。

プロジェクト名は有名な「アーサー王物語」に登場する、楽園とされる聖なる島の名前で、トビアス・サメットのAVANTASIAもこの「AVALON」と「FANTASIA」をミックスして名づけられたことが知られているだけに、随分とあざといネーミングである。

STRATOVARIUS脱退後は、REVOLUTION RENAISSANCE、SYMFONIAで計4作のアルバムをリリースしてきたが、そのいずれも少なくとも商業的には成功したとは言い難く、スランプに陥っているかのような観があった。

そこに手を差し伸べたのが「Frontiers Records」のオーナー、セラフィノ・ペルジーノで、「映画のように壮大なロック・オペラ的コンセプト・アルバム」の制作を、新たなティモのポテンシャル開発のために提案したのだという。

最近のセラフィノ・ペルジーノ氏は、かつて80~90年代にジョン・カロドナー氏がそうであったような「再生屋」を目指しているのでしょうか…。

ギター、ベースをティモ・トルキ本人が手掛け、ドラムにはRHAPSODY OF FIREのアレックス・ホルツヴァースを迎えている。

キーボードはイェンス・ヨハンソン(STRATOVARIUS)、デレク・シェリニアン(元DREAM THEATER)、ミッコ・ハルキン(元SONATA ARCTICA)の3名を迎え、ティモ自身がプレイした箇所も一部あるようだ。

この手のメタル・オペラ・プロジェクトの目玉であるゲスト・シンガーは、先行公開された「Enshirined In My Memory」を歌っているエリーセ(AMARANTHE)と、ロブ・ロック(IMPELLITTERI)がメインで多くの楽曲を歌っており、その他にラッセル・アレン(SYMPHONY X)、シャロン・デン・アデル(WITHIN TEMPTATION)、マイケル・キスク(元HELLOWEEN, UNISONIC)、トニー・カッコ(SONATA ARCTICA)などが参加、アレンジの一環としてのオペラ・ヴォイスはフィンランドのゴシック・メタル・バンド、TEARS OF MAGDALENAのマグダレーナ・リーが担当している。

本プロジェクトの持つストーリーは「西暦2055年、地球上の大半の国、地域は大地震に伴う津波や火災によって壊滅状態となり、人類は滅亡寸前になった。生き残った少数の人類は新たな生活の場として、聖なる島と呼ばれ、純粋で正直な心の持ち主しか受け入れないという伝説の地「The Land Of New Hope」を探し求める旅に出発する…というもの。

大地震に伴う津波、というのはもしかすると東日本大震災がインスピレーションを与えたのかもしれませんね。

内容に耳を傾けてみると、オープニングを飾る#1「Avalanche Anthem」こそ、なんとなくメタル・オペラっぽい大仰な雰囲気が漂っているものの、その後はコンパクトなメロディック・メタル・チューンが続き、それほど映画的というか、ドラマティックな雰囲気は強くない。

もっとも、STRATOVARIUS、REVOLUTION RENAISSANCE、SYMFONIAと、ティモ・トルキがクリエイトしてきたメタル・サウンドというのはだいたいこんな感じなので、恐らくティモが意図的にメタルを作ろうとするとこういう音楽性になってしまうのだろう。

それはそれで「ファンの期待に応えている」と解釈できなくもないのだが、ストーリーの演出上の理由からか、あるいは重厚な雰囲気を出そうとしたためか、全体的にミドルテンポの楽曲が多く、STRATOVARIUSのようなスピード・チューンが少ないことは、少なくとも日本のSTRATOVARIUSファンの期待に応えていないかもしれない。

そして、REVOLUTION RENAISSANCE、SYMFONIAでもそうだったが、随所にSTRATOVARIUS時代のフレーズやアレンジの焼き直しが頻出し、引き出しの少なさを感じさせられてしまうのが長年のファンにはややゲンナリ。

メイン・シンガーであるエリーゼとロブ・ロックのうち、エリーセはAMARANTHEよりもクリーンな歌唱によってこの音楽を魅力的に表現することに貢献しているが、ロブ・ロックの強力ながら一本調子な歌唱は、「ドラマ」を描く上ではいささかミスマッチのような気が…。

いや、ティモ・コティペルトよりもロブ・ロックの方が声量や安定感はあると思いますが、やはりその辺は相性というか「ケミストリー」の問題ですかね。

クライマックスを飾る#10「The Land Of New Hope」は「Visions」のイントロで始まり、「Destiny」のアウトロで終わる「Keeper Of The Seven Keys」(いずれもアルバム名ではなく楽曲名)の短縮版のような曲で、この曲をマイケル・キスクに歌わせたのは確信犯でしょうね(苦笑)。

まあ、客観的に見ればそれなりに高品質なメロディック・メタル作品だと思いますが、好調だった時期のティモ・トルキを知るものとしてはやはりちょっと作曲面において煮詰まっている感が否めず、手放しで絶賛するのは憚られる。

本作は「AVALON」プロジェクトの第1章であり、将来的には3部作とすることを視野にいれている、とのことだが「立ち消え」の前科の多いティモのこと、予断は許しません(苦笑)。

幸い本作は久々にそこそこ商業的な成功を収めたようだし、今回はちゃんとしたレーベルがバックアップしているので(実はREVOLUTION RENAISSANCEのファーストも「Frontiers Records」からリリースされているが、当時はまだ弱小レーベルだった)、恐らく大丈夫なのではないかと思いたいですが…。【83点】

◆本作の先行シングル「Enshrined In My Memory」のPV



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自分は結構このアルバム好きです。コンパクトでキャッチ―な曲が多いのも好印象です。特にマイケル・キスクが歌うタイトルトラックにはグッときました。

ところで、ティモ・トルキって痩せたらHIMのヴィレ・ヴァロみたいに結構かっこよくなりそうなんですがどうなんでしょう?

>名も無きメタラーさん

コンパクトでキャッチーなメロディック・メタルを求めているなら本作は悪くない作品でしょうね。
タイトル曲はあざといですが、ファンであればグッとくる瞬間がありますね(笑)。

ティモ・トルキは痩せれば人並み以上にカッコいいと思いますよ。背も高いし。
言われてみればたしかに目元とかヴィレ・ヴァロに通じる雰囲気がありますね(ヴィレのファンが聞いたら怒るかもしれませんが…/笑)。

そこそこ気に入ってます

トルキってメロディーセンスはかなり高いんですけど
アレンジ面は不器用で、ミドルテンポの曲になると露呈するところが
Sami Bomanのオーケストレーションのおかげで、多少ましになってる感じがします

AVANTASIAと比べると(ピー)ですけど。

TIMO TOLKKI

やはりAVANTASIAと比べると完成度が低いですよね。
ティモの引き出しの狭さが露呈してしまって、そろそろ音楽的な才能も限界にきているのでは?と思いました。

「前科が多いので予断は許しません」には笑ってしまいました(笑)。
極度の不安に陥ると気力がなくなるんでしょうが、もうこれは仕方がないと思います。
こういうミュージシャンは多いですから。
メタル界ではマイケル・シェンカー、日本では玉置浩二(先日またライブをボイコットしました)、YOSHIKI(食事に出されたカレーがあまりにも辛いのが理由でリハーサルをボイコットした話は有名)など。

>ヘロウィンさん

アレンジの幅が狭いですよね。
本作もオーケストレーションがなかったらRRやSYMFONIAと何も変わらなかったのではないかと…。

そういう意味で、トビアスはなかなか懐の深いソングライターに育ったと思います。

>ストラディキャスターさん

まあ、人には向き不向きがあるのでAVANTASIAのようなアルバムが作れないからといってダメだとは思いませんが、STRATOVARIUS時代の名曲に及ぶ曲が書けていないという意味ではやはり限界を感じずにいられませんね。

こんにちは、記事に対する感想ではありませんが
サイト自体を読んでいて、いろいろ思い出しましたね。
特に年間ベストを見ていると「ああ、このアルバムはこの年だったかぁ」なんて、その時期の思い出とともに浮かんできました。
懐かしい。としか言いようがない。

>名無しの日本人さん

このサイトでは必ずしもその年を代表するようなHR/HMアルバムを取り上げているわけではありませんが、私のようなメロディック・メタル作品を好む人にとってはノスタルジー含めて共感していただけるかもしれませんね。
このサイト自体もだいぶ長いこと続けてきたので…。

川瀬雅克です。

川瀬雅克です。
今回、ブログを見させてコメントしました。
また、次回も見に来ます。
川瀬雅克でした。

いまさらですが、記事タイトルが...
TOLKKIがTOLLKIです!!

>Loki Holstさん

ご指摘ありがとうございました。修正しておきました。