AVANGED SEVENFOLD 「HAIL TO THE KING」のチャート成績

AVENGED SEVENFOLDの新作「HAIL TO THE KING」の各国におけるチャート・アクションは以下の通り。

アメリカ:1位
イギリス:1位
カナダ:1位
アイルランド:1位
メキシコ:1位
ブラジル:1位
オーストラリア:2位
フィンランド:2位
ニュージーランド:3位
ドイツ:5位
オランダ:6位
イタリア:8位
日本:15位

英米両方で1位というのはかなりの快挙ですね。
南半球から欧州まで、汎世界的に好調なセールスを記録しています。

日本ではBURRN!でのレビューが冴えなかったせいか、前作、前々作(ともに12位)に比べてやや下降していますが…。

もともと新世代メタルの旗手として注目されていましたが、もはや新世代などという枠を超えて、HR/HMシーンのトップを走るバンドと言ってしまっていいでしょう。
同じく新世代メタルの代表格とされるBULLET FOR MY VALENTINEやTRIVIUMがこのポジションに来ることは恐らく難しいのではないかと思います。

「王に挨拶せよ」というタイトルの「王」とは、やはり彼ら自身のことなのでしょうか。
そう思わせるだけの存在になりつつありますね。

◆ニュースソース
http://www.blabbermouth.net/news/avenged-sevenfold-more-hail-to-the-king-first-week-chart-positions-revealed/



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こういう正統派のメタルがアメリカで一番になるということが驚きであり嬉しいです。タイトルトラックなんてヨーロッパのメタルバンドの曲かと思いました(笑)。
もちろん音楽の内容だけで一番になれているわけではないのは分かっていますが、それでも「あれ?まだメタルってイケるんじゃないか?」と思ってしまいます(笑)。

このチャート成績だけみると全盛期のBON JOVIかと思うほど立派ですね。
本作はメタル界にとっては、売り上げや曲のデキ以上に意味あるものだと思います。

個人的にも、今作はA7Xのバンドカラーに一番合ってると思います。
クサメタル路線も良いのですが、本場欧州のバンドのような「ムード」が希薄でハマれなかったので・・・
今作は長く聴けそうな正統派アルバムでした。

Revが抜けた穴は大きい

3rd, 4thみたいな派手さが無くなってヘヴィなロックンロールになってますね・・・
少々Paradise Lostの影響もありそうかな
Afterlife、Unbound (The Wild Ride)、A Little Piece of Heaven
みたいな曲はもうやれないのでしょうか・・・

This Means Warのイントロ、Requiem、Coming Home、Acid Rain、
(アルバムに入ってないけどCarry OnとNot Ready to Die)
みたいな曲主体でやって欲しかったです、、、

まとめてお返事

>名も無きメタラーさん
前作の1位獲得には、やや音楽そのもの以外の要素が関わっていた気がしますが、本作が1位を獲得したのは、少なくとも前作を聴いて失望した人は少なかったことを意味していますね。

彼らの場合、やっている音楽はかなりド真ん中のメタルであるにもかかわらず、そういうイメージを与えていない所が上手いと思います。


>Mark.Nさん
欧州メタルに近いスタイルでやられると、かえって欧州メタルとの「違い」が気になってしまいましたが、この路線であれば納得感がありますね。

個人的な好き嫌いはともかく、このバンドはこれでいいんじゃないか、という気がするアルバムです。


>ヘロウィンさん
レビューでもチラッと書いたように、かつてのような音楽性を「できない」のか「やらない」のかは気になる所ですが、いずれにせよこの路線の方が間口は広そうですね。

メロディック・メタル的な路線を期待していた向きにはやや厳しい作風かもしれませんが、これはこれでひとつのやり方として認めてあげるべきではないでしょうか。

東風平隆志です。

東風平隆志です。
今回は、ブログを読んで感動しました。
突然のコメントすいません。
また、読みに来ます。
私は、法学者に憧れています。
学生時代に法学者の林田学さんのセミナーを見て凄いと思いました。
是非、お時間が空いたときに林田学さんのセミナーを見て下さい。
林田学さんのセミナーも勉強になりますよ。
東風平隆志でした。

広瀬理基です。

広瀬理基です。
今回は、ブログを読んで感動しました。
突然のコメントすいません。
また、読みに来ます。
広瀬理基でした。

A7Xてメタルとしては割とよくありそうなタイプのバンドなのに
なんでこれだけこんなに売れるのか正直不思議

>ヘヴィメタルスライムさん

やっぱりバンドの売れる/売れないには、音楽そのものだけではなくイメージみたいなものも重要だということがよくわかる例ですね。

BURRN!やAmazonのレビューでも結構評価が分かれてますね。個人的にはかなり気に入ってます。このシンプルでいて「らしさ」も感じる方向性は好きです。

チャート順位を見れば「21世紀のブラックアルバム」って呼べそうですね。個人的にメタリカのよりもA7Xの「ブラックアルバム」の方が好きです。

>B!13さん

私も決して嫌いではないし、メジャー感があっていいアルバムだと思ってます。
「21世紀のブラック・アルバム」になるにはあと1000万枚くらい売らないといけないと思いますが…(苦笑)。