アメトーーク:GEININ OF HARD ROCK 感想

9月26日(木)、テレビ朝日の人気深夜バラエティ番組「アメトーーク!」でハード・ロック、ヘヴィ・メタルを扱うということで、「これは観なければ」と思っていました。

しかし、悲しいかな、日付が変わる前に仕事が終わることが少ない社畜人生を歩む身には23時に始まる番組をリアルタイムで視聴することはかなわず、それを見越してBD/HDDレコーダーに録画しておき、それを本日観ました。

この番組の名物である、共通の趣味を持った芸人による「くくりトーク」のテーマとして「ハード・ロック/ヘヴィ・メタル」が選ばれたわけである。誰かスタッフに好きな人がいたんでしょうかね。

ゲストとして出演した芸人はビビる大木、富澤たけし(サンドウィッチマン)、椿鬼奴、レイザーラモンRG、大地洋輔(ダイノジ)、大谷ノブ彦(ダイノジ)、藤井ペイジ(飛石連休)、さがね正裕(X-GUN)。

オープニングはDEEP PUEPLEの「BURN」に合わせて全員がエアバンドをやる、というこの番組には珍しいフォーマット。日本におけるDEEP PURPLE人気の根強さを感じさせる幕開けです。

ついでに言うと、「ハードロック芸人」ではなく「GEININ OF HARD ROCK」だと言い張るあたり、日本におけるHR/HMファンの洋楽偏重な姿勢を端的に表していますね(LOUDNESSについては多少触れましたが)。

ゲストとして登場した芸人たちは皆HR/HM界の有名人のコスプレをしており、その配役は以下の通り。

ビビる大木→イングヴェイ・マルムスティーン
富澤たけし→ジェイムズ・ヘットフィールド(METALLICA)
椿鬼奴→スティーヴン・タイラー(AEROSMITH)
レイザーラモンRG→アクセル・ローズ(GUNS N' ROSES)
大地洋輔→スラッシュ(元GUNS N' ROSES)
大谷ノブ彦→アンガス・ヤング(AC/DC)
藤井ペイジ→ジミー・ペイジ(LED ZEPPELIN)
さがね正裕→リッチー・ブラックモア(元DEEP PURPLE/RAINBOW)

スティーヴン・タイラーに対して「リヴ・タイラーのお父さん」と表現されていたが、さすがにリヴ・タイラーよりはスティーヴン本人の方が有名なのでは…。

ロブ・ハルフォードがいなかったのはやっぱりちょっと変態っぽくなってしまうからですかね(笑)。JUDAS PRIESTがほとんど触れられなかったのも、一般人にとってエッジの立ったネタというとどうしてもロブの同性愛ネタになってしまいそうだから自粛したのでしょうか。

とりあえず番組の構成としては以下の通り。

◆基本情報オブHARD ROCK
◆衝撃映像オブHARD ROCK
◆あるあるオブHARD ROCK
◆思い出オブHARD ROCK
◆伝説オブHARD ROCK

しかし、やはり一般人(雨上がり決死隊の二人が一般人と言えるかかどうかはわかりませんが)はオジー・オズボーンを知らないのはともかくとして、VAN HALENと聞いて映画「ヴァン・ヘルシング」と間違うレベルなのかと思うと愕然としますね。

MOTLEY CRUEさえ知らない風だったので、「80年代に売れていたバンドであれば、30代半ば以上の人であれば名前くらいは知っているだろう」という私の思い込みさえ完全否定された気分です。

エディ・ヴァン・ヘイレンのライトハンド奏法やら、イングヴェイ・マルムスティーンの速弾きといった派手なギター演奏はHR/HMの華なので取り上げられて不思議はないとしても(とはいえクリス・インペリテリまで登場したのは少々意外でしたが)、まさかCINDERELLAのエリック・ブリッティンガムのベース回しなんて微妙な技(?)なんてのまで出てくるとは予想外でした(トミー・リーの回転ドラムは想定の範囲内でしたが)。

AC/DCの「BACK IN BLACK」が世界で2番目に売れたアルバムであるとか、NAPALM DEATHの「You Suffer」やアンジェラ・ゴソウ(ARCH ENEMY)のデス声など、一般人にとってインパクトのありそうなネタを中心に構成されているのは、HR/HMファンではない人を対象にしているメディアの常。

ただ、「あるある」や「思い出」など、トーク中心のパートは正直HR/HMファンとしても、単純なお笑いトークとしても微妙だったような…。

椿鬼奴の「ジミー・ペイジにインタビューをしたことがある」という話はまだしも、ビビる大木のCOVERDALE PAGEのコンサートで警備員のバイトしたことがある、なんてオチも何もない話、そこらの一般人の話かっての(笑)。

最後は「シャウト IN アメトーク」と題してレイザーラモンRGと椿鬼奴がGUNS N' ROSESの「Welcome To The Jungle」をカラオケで歌う(短縮編集バージョン)。

「ヘビメタと言われるとイラっとする」とか、ライトハンド奏法を見た宮迫が「夜の営みに使えそう」的な下ネタを口にすると「そういう風に扱って欲しくない」とか「茶化さないでください」と抗議するなど、メタル・ファンにありがちな妙な潔癖さを露わにするなど、そういう良く言えば真面目、悪く言えば偏狭なメンタリティは、HR/HMを聴かない人にとっては不気味なんじゃないかなあと思っています。

あと、一番残念だったのはやはり90年代以降のHR/HMについてはRAGE AGAINST THE MACHINE、MARILYN MANSON、SLIPKNOTの3バンドが挙げられているのみにとどまったことかな。

それらのバンドも「一般人には知られていない」という点では、いわゆるBURRN!読者がイメージする「正統的な」HR/HMとなんら変わらないわけですがメロデスでもメロスピでもメタルコアでもいいから、もうちょっと自分の好きなバンドに触れてほしかったというのが正直な所です。

まあ、番組トータルとしてはさすが人気番組、それなりにバランス良くまとめてきたなという印象ではありますが、番組のファンにとってはどちらかというと「外れ回」だったのではないかという気が…。

週明け出社したら視聴率を調べてみようかな…(昨日はロケがあったので会社には行きませんでした)。



※9/30追記

関東地区の視聴率を調べてみましたが、平均11.0%で、同時間帯ナンバーワン、過去の放送と比べても、前4週平均が10.4%なので決して悪くない数字です。

瞬間最高視聴率は23:44に記録した13.5%で、番組半ばの時間帯。
毎分視聴率を見てもどんどん人が離れていったという感じはなく、大半の視聴者がちゃんと最後まで見てくれた感じなので、ひと安心です(笑)。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

「ヘビメタと言われるとイラっとする」ってのには今更いいじゃねーかと思いつつ、何で「ハードロック芸人でメタルが出てくるんだよ?」という自分の中のくだらない怒りポイントが確認できた回でした。番組としては微妙かもしれませんがHMシンジケートで酒井さんに気を使い続けた藤井さんが少し報われたみたいで良かったです。

自分の大好きなものを小馬鹿にしつつも、知らない人に興味を持ってもらうという事が出来ていないような気がしました。

自分はプロレスには興味はありませんでしたが、この番組の「今、プロレスが熱い芸人」という回を観て「プロレスって面白そうだな」と思いましたから。

おっしゃる通り真面目すぎるような感じがしましたね。多少メタルに知識のある自分にも少し彼らが不気味にみえました(笑)。

ただ、サンドウィッチマン富澤のジェイムズ・ヘットフィールドのコスプレは「おっカッコいいじゃん」と思いました(笑)。

あぁ~、そう言えばネットでやるって見たな。
もう、放映されたんですね。
すっかり忘れてました(苦笑)
レミーのコスプレしてる人はいなかったんですね。
ナチスの帽子とかヤバいか(笑)
レミーがドイツでかぶって問題になってましたからね。

僕は放送されると発表されてから楽しみに待ってました。感想は「楽しめたけど普通の人にはどうだろ?」って感じです(苦笑)

宮迫さんが序盤の方で「日本で言うハードロックって誰なの?」って質問は「X JAPAN」って答えを待ってたのかな?と僕は思いました。Van Halenは「Jump」は100パー知られてるでしょうが、バンド名が知られてないのは驚きました。コージーパウエルの件で連続してリッチー、イングヴェイのすぐ人をクビにするエピソードを喋って欲しかったなと。

フリートークが微妙だったのは同意です(笑)続編はないでしょうが、もっと喋れる人を呼んで欲しいですね。

まとめてお返事

>igaさん
HR/HMファンの中でも、きっとイラッとするポイントは人によって違いますよね。
藤井さんはギターで存在感も出していたし、良かったのではないでしょうか。


>名も無きメタラーさん
この番組をきっかけに、少しでも興味を持ってくれる人がいるといいんですけどね…。
サンドウィッチマン富澤のコスプレはたしかに意外とハマっていましたね。


>通行人R
普段観る習慣のない番組は、よほど意識していないとつい忘れてしまいますね。
レミーのコスプレがいなかったのは日本における知名度やセールスの問題かと思いますが、レミーのネタは取り上げられていましたよ。


>B!13さん
ここでX JAPANの名前を出すと、色々な方面で余計な波紋を呼びそうだし、じゃあV系がメタルなのか、みたいな議論が発生しそうなので無難にLOUDNESSにしたんじゃないでしょうか。

VAN HALENの名前を知らないのは、雨上がりの二人が洋楽に興味がないということだと思いますが、今の日本人の大半はそうなんでしょうね。

もっと喋れる人でHR/HMファンがいればよかったのでしょうが、HR/HM好きな人、で括るとこういうメンツになってしまうんでしょうね…(苦笑)。

まあ、ぶっちゃけHR/HMとお笑いは相性悪いと思ってます。個人的には。

みました~。

真剣にHR/HMを愛するゆえなのか?
いまひとつ笑える話に持って行けてない所に、第2弾はどうなのかなと(あればいいけど)。

あの番組を見た翌日に地元で「AC/DC」と「LOUDNESS」のTシャツを来た人を見かけたので(普段まずみかけない)
「昨日みました?」と聞きたい衝動にかられました(笑)。

自分はシンデレラのベース回しに歓声をあげていました。
遠い昔の来日公演ではギターも一緒にまわしてたと思います。

ともあれ楽しめました!

なにはともあれ、これで1000人に1人か、10000人に1人でも
「ちょっとメタル聴いてみるか」って思う人がいてくれたら嬉しいですね。
自分は地上波でモーターヘッド、レミー・キルミスターの名前が出ただけで満足ですw

というかヴィジュアル系はメタルじゃないって考え自体がもう古いものな感じがしますね。
確かに一言で言っても千差万別ですし中にはポップバンドにしか聞こえないようなバンドも多いですが逆にVersaillesやX JAPANまたDIR EN GREYといったバンドは逆にメタルに分類せずにどこに入れるのかとも思います。
メタラーの方々は一種ヴィジュアル系に関してアレルギー的な嫌い方をしている雰囲気がありますが偏見を捨てれば優れたメタルバンドが多いということをもっと知っていただきたいです。

そして、わずかでもメタルがもう一度市民権を得られるとしたらこのヴィジュアル系メタルバンドの奮起に賭けるしかないのでは?とも思いますね。長文失礼しました。

この企画、かなり反響あったみたいですね。年一で定期的に放送して欲しいです。
アーエネのネメシスでモッシュしてるのをみて思わずニヤリとしました(笑)

まとめてお返事2

>KYさん
まあ、正直HR/HMとお笑いはあまり相性は良くないと思います。

CINDERELLAはなかなか渋いチョイスでしたね。
私は彼らのアルバムは聴いたことがありますが、ライヴは観たことがなかったので驚きました。


>zkさん
この番組の視聴率を考えると、結構な数の人間が観ていると思われるだけに、その1%でも2%でも、HR/HMに興味を持ってくれるといいのですが。

地上波に○○が出た、流れた、ってのがこの番組の最大の意義だったというファンは多いのではないでしょうか。


>ノムさん
V系とメタルの確執(?)は歴史が長いだけに難しいですねぇ…。
個人的には一種の同族嫌悪みたいなものだと思っているのですが、V系にもメタルっぽいバンドがある、とは言えても、V系はメタル、とは言えないですから微妙な所です。


>ぴーぽんさん
年一とはまた欲張りですね(笑)。
ARCH ENEMYのライヴ映像は確かに今のライヴを伝えている感じがあって良かったですね。
逆にあれを見て引いた人もいるかもしれませんが…(苦笑)。

感想

録画してなかったのですが、とある方法で観ました。ネットって便利ですね(笑)

トーク部分は確かにバラエティ的に微妙でしたが、PV、ライブ映像が多かった前半は結構興奮しました。やはりHR/HMは「語るより実際に聴かせてみる」というアピール方法が一番魅力が伝わりますね。残念ながらロック語りって一般人にとってはイタいと紙一重ですから、楽曲やパフォーマンスを見てもらうのが最善です。

HR/HMとお笑いについては同感です。
ヘビメタさんやROCK FUJIYAMAのような完全にロックファン向けの番組であれば内輪で楽しめるのですが、アメトークのような一般向け番組だと「HR/HMをヘンな目で見られたくない」というプライドもあって結局中途半端な笑いになってしまいがちですね。
芸人さんたちも、そういうファンの気持ちを汲んでなのか、やや真面目すぎるトークでした。

いろいろ思うところはありましたが、コスプレのクオリティも高かったし、こんな人気番組でHR/HMが取り上げられること自体嬉しかったですね。

>Mark.Nさん

HR/HMのイロモノっぽい部分は飾りでしかなくて、本質的な部分は伝統や様式を重視し、演奏技術に代表されるようにコツコツとした練習が必要とされる真面目な世界ですからね。
そういう部分を見せても全くおもしろくないわけですが。

まあ、いずれにせよ視聴率10%を超えるような番組であれだけHR/HMが取り上げられたということを素直に喜ぶべきなのかもしれません。