NIVA / GRAVITATION

niva03.jpg

かつてSWEDISH EROTICA、TRACY GOES CRAZY、LION’S SHARE、AXIAといったバンドで活動したことがあるヴォーカリスト、トニー・ニヴァを中心としたバンドのサード・アルバム。

このバンド自体は1992年に、かつて彼が在籍していたAXIAのメンバーと結成されており、1994年にリリースされたデビュー作「NO CAPITULATION」は、今はなきゼロ・コーポレーションから日本盤もリリースされていた。

デビュー作発表後、実質解散状態になっていたNIVAだが、その後T’BELLやGRAND ILLUAIONなどの活動で知られるロジャー・ラングレン(G)、マーカス・パーソン(Key, B, Vo)をパートナーに迎えて再結成、2011年に17年ぶりのセカンドとなる「GOLD FROM THE FUTURE」をリリースし、メロディアス・ハード・ファンの間で好評を博した。

2年ぶりの新作となる本作はBURRN!誌のレビューで伊藤政則氏に「TNTの黄金時代に匹敵する力を持っている」と評され、88点という高評価を獲得している。

TNTの黄金時代に匹敵とまで書かれると、北欧メロディアス・ハード・ファンとしてはチェックせずにはいられないが、聴いてみてちょっと肩透かし。極上のメロディアス・ハードであると同時に、北欧随一の個性派でもあったTNTと比べると、いたってオーソドックスなメロディアス・ハードで、むしろそのサウンドはGRAND ILLUSIONに近い。

もちろんGRAND ILLUSIONも優れたバンドであるし、このバンドも北欧らしい哀愁を漂わせつつも、基本的には溌剌としたメロディアス・ハードを展開していて、「泣き」に頼らないあたりはたしかにTNTに近いかもしれない。

中心であるトニー・ニヴァの歌唱については、過不足ない実力ながら、個人的な感覚ではメロディアス・ハードを歌うには少々野暮ったい声質なのが気になると言えば気になる。

とはいえ高品質なメロディアス・ハード作であることは確かなので、その手の音が好きな人にとっては要チェックの一作だろう。【82点】

◆本作のサンプル [YouTube]



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

これは、伊藤氏の煽りが強すぎましたね。期待より、一種の怖いものみたさで聴きました。まぁ、そこそこのメロディアスハードですね。NIVA の声はべたっとしたハイトーンで個人的には苦手なタイプ、途中から疲れてしまいました。曲順が違うと印象も上がるかなと思います。

>大介山さん

伊藤氏は私の好きな音楽についてだいぶ感性が異なるんですよね(苦笑)。わかっていて騙されているわけですが。

トニー・ニヴァの声はもっと正統派寄りのメタルにハマるタイプですね。

サンプル気に入ったのでCD購入。早速聴いてみました。
おお!全編まんま80年代後半。
TNTとかStryper等のメロディアスなHR/HMサウンドも、スラッシュメタルやLAメタル、その他一般的なメタル、80年代前半までのアメリカン・プログレ・ハード系、あるいは70sHR&プログレ同様大好きだったので、今時もうないと思っていたこの手の音楽が聴けて正直嬉しく思いました。
TriviumやLordi、Angra、Hibria、BFMV等、ラウドパーク13以来、割と最近のものを(相当)積極的に聴いているんですが、意外と80年代を強く感じるものが多いので、ちょっと不思議な気分。自分の知っているあの暗黒時代の後かなり揺り戻しがあったんですかね?有名どころのバンドの新譜聴いて”アレ?HR/HMの将来ってこんな方向性ッスかぁ?”・・・みたいな時代が嘘のような・・・、良い曲を持つバンドが多いのに驚かされます。
いろいろなタイプのメタルバンドがいますが、それぞれかなりイケてるんで、残り少ない人生(勿論今のところ健康体(笑)・・・とは言えこの歳になるとホント笑い事じゃなくなるんですが・・・)を10代20代の頃と同じようにずっとワクワクして過ごせそうな気がしてきました。

>Zeppさん

このアルバムにまで手を出していらっしゃるとは、たしかに相当積極的に聴いていらっしゃいますね(笑)。

HR/HMはかつてないほど多様化していますが、そのコアにある魅力はあくまでも70年代~80年代に築かれたものがベースになっていると思います。

たしかに月日の経過に伴う揺り戻しもありましたが、Zeppさんがおっしゃる暗黒時代の最中でも、そのコアとなる魅力を守り続けたバンドが(主に英米以外の地域で)地道に活動してきたことがHR/HMという音楽が復興する上で大きかったと思います。

早速コメ返ありがとうございます。
当時英国はほぼ新陳代謝無し、米国はほぼグランジorグルーブの嵐って感じだったかなぁ・・・。(Dream Theaterの「Images and Words」は理想的なHMだったけど・・・)
Helloween「守護神伝①&②」やPretty Maids「Red,Hot & Heavy」辺りを聴いてときめいた後ドイツ以北の目新しいバンドには注目していて、In Framesの1枚目やBlind Guardianの1~3枚目、その他諸々を聴いておきながら、以降を完全に聞き逃すという失態。
確かにヴォーカルやリズムが弱かったり、プロダクションがあまり良くなかったりといろんな問題があった時代でしたが、もう少し追っておくべきでしたね。(In Flamesなんてすごい成長してるじゃないですか。あの当時は「Come Clarity」のようなアルバムを作るなんて想像もできませんでした。)
それにしてもNiva良いなぁ。演奏の破壊力やほとばしる情動といった部分ではなく、単純に歌メロの良さを聴きたいHMファンにはうってつけの一枚かなと思いました。

>Zeppさん

あー、たしかに90年代半ばまでの欧州勢はヴォーカルや演奏、プロダクションに難ありでB級でしたね。
70~80年代の成熟したバンドに慣れた方がついていけずに見限ってしまったとしてもそれは理解できます。

私はその頃若かったのでそういうB級っぽさも魅力として受け止められましたが、今だったらやっぱり厳しいですね(笑)。

もっとも最近はテクノロジーの発達によって、結構デビュー時点でほとんど一丁上がりってくらい優等生なバンドが増えたので、安心して新人バンドのアルバムに手を出せますけどね。

その分伸びしろはどうなの、って印象を00年代以降に登場したバンドについては感じなくもありませんが…。

IN FLAMESの「COME CLARITY」における成長は私も驚きました。こういうことができるバンドだったのかって。

メロディアス・ハード系の音楽も近年はかなり復調していますので、NIVAがお気に召したようであればまだまだ楽しめる作品がたくさんあると思いますよ!