RECKLESS LOVE / SPIRIT

recklesslove03.jpg

前作が本国フィンランドでゴールド・ディスクに輝き、2012年にはイギリスのDownload Festivalに出演するなど、着々と活動を軌道に乗せつつある彼らのサード・アルバム。

近年北欧からはこの手の80年代ヘア・メタル・リバイバル的なバンドが数多く登場しているが、個人的には彼らが最もポテンシャルが高いと感じており、その印象を裏付けるかのような充実作である。

前作はどちらかというと彼らの作曲能力の高さを見せ付けるかのような作風だったが、本作ではワイルドでハイエナジーなロック・バンドとしての魅力が光る一枚になっており、EUROPEの「Rock The Night」を思わせるファースト・シングルの#1、MOTLEY CRUEの「Kickstart My Heart」を思わせるセカンド・シングルの#10などは本作を象徴するアンセムと呼べるだろう。

全体的にメタリックなエッジを増しており、#8「Metal Ass」などはまるでパワー・メタルだし、80年代メタル名曲のタイトルばかりで歌詞を構成した#3「I Love Heavy Metal」などは彼らのスタンスを明確にするステートメントに違いない。

一方で#5や#7、#9のような北欧のバンドならではの哀愁センスがほんのりと滲む楽曲もあったりして、それもMy琴線に触れてきて良い。

#6「Sex, Drugs & Reckless Love」のようにバンド名を冠した楽曲を擁しているあたりにも本作にかける意気込みが伝わってくる。

ボーナス・トラックの#12も80年代好きの人間をキュンキュンさせてくれる佳曲。

とにかく、過去のヒーローたちへのオマージュを満載しつつも、ノスタルジーやパロディには陥っていない所がこのバンドの素晴らしいところで、これはやっぱり業界のしがらみやら過去の栄光やら、諸々の手垢にまみれていない「本場」ではない北欧だからこそ出てくることができたバンドなのだろう。

この10月には9公演におよぶ英国でのヘッドライナー・ツアーが行なわれるとのことで、今後ますます飛躍を期待したい華のあるバンドだ。こういうバンドが売れてくれるとメタルにも大衆性が戻ってくるような気がするんだけどなあ…。【84点】

◆本作収録「So Happy I Could Die」のPV [YouTube]


◆本作収録「NIGHT ON FIRE」のPV [YouTube]



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いいですねぇ RECKLESS LOVE。
この手の80s Backなバンドは食傷気味になっていたんですが、やっぱり私はこういう音が好きです(笑)

一つ目の動画はモロ「Kickstart My Heart」なんですね。個人的にこれくらいのスピード感とキャッチーさのバランスがHR/HMの黄金比です。
二つ目の動画はデイブ・リー・ロスですか?(笑)ギタリストはジョージ・リンチのようですね。大好きですこういう曲。

80sメタルリバイバルブームも数年で終わってしまうのかと思いきや、ひとつのジャンルとして定着しつつありますね。
イメージ的に遊びでやってる風にみられがちですが、すごく真面目に音楽やってる憎めない人たちです。

僕の中でKissin' DynamiteとH.E.A.Tと並んで若手の御三家フェイバリットバンドの1組です。
今まで出した中でもこのアルバムが一番第一印象良いです。特にリズミカルなサビがクセになる#2、叙情的な#7、バラード#11、ボートラ#12辺りが良いですね。

華も実力もあるいいバンドなので人気上げるために往年のLAメタルの前座で来日して欲しいです。ただ、D〇KKENとかだと「前座の方が声出てたしイケメンだった」みたいな意見が出そうですが(笑)

#8「Metal Ass」元ネタが有る気がするんですが、思い出せなくてモヤモヤしてます…リフと、ラストの「メトゥ!メトゥ!アァァァ!」の部分とか…もし分かるならお力を貸してください。

>>B!13さん
DOKKENのTooth and Nailかと

まとめてお返事

>Mark.Nさん
80年代型のHR/HMが好きな人間にとってはなかなか魅力的な音ですよね。
北欧以外で定着するかどうか、微妙な所ですが…。


>B!13さん
この手の若いバンドには頑張ってもらいたいですよね。良い作品作っていますし。

LAメタルの前座だと、実際に今後を支えてくれるような若い人たちに観てもらえないと思いますし、バンドによってはとても残酷なことになってしまいかねないので(笑)、もっと若い人に見てもらえる機会を与えたいですね。

「Metal Ass」はnandさんのおっしゃる通りだと思います。


>nandさん
私に代わってのご回答ありがとうございました(笑)。

このギタリスト、かなりジョージ・リンチの影響を受けていますね。