ALCHEMY CRYSTAL / 志鋼の扉

alchemycrystal01.jpg

都内を中心に活動する、コーラス専任メンバーを含む5人組のデビュー・ミニアルバム。

中心人物であるHAL(G)は沢田泰司(B:元X, LOUDNESS, DIRTY TRASH ROAD他)の晩年の活動のひとつだったTAIJI with HEAVEN'Sのメンバーでもあった人物。

それ以外のメンバーも高度な音楽的訓練を受けた、インディーズでの活動実績のあるメンバーばかりで、演奏力は高い水準で安定していて安心して聴くことができる。

DrのKeisuke Tsuboiは、VOMIT REMNANTSというデス・メタル・バンドで、欧米を中心に活動していた(日本人のバンドなのにウィキペディアは英語版とドイツ語版のみ存在している)実績もあるようだ。

音楽的にはメロディック・パワー・メタルという形容が一番近いと思われ、そのKeyサウンドをフィーチュアし、クラシカルなエッセンスを漂わせつつもギター・オリエンテッドなサウンドは、歌詞がオール日本語であることもあいまって、日本語詞で歌っているときのGALNERYUSを彷彿させることもある。

メタル然とした楽曲からバラードまで、どの曲においても、起承転結の明確な練られたギター・ソロは聴き応えがある。

ただ、このバンドを凡百のメタル・バンドと一番差別化しているのは、ヴォーカルのスタイルで、声楽科を卒業していると聞くとさもありなん、というクラシックっぽい(テノールとかバリトンとかそういう感じのアレ)朗々とした、シャウトやスクリームをしない歌唱は、このバンドの大きな個性と言えるだろう。

もちろん個性というのは往々にして諸刃の剣なので、このヴォーカル・スタイルが受け付けない、というリスナーもいるかもしれないが、日本のインディー・メタル・バンドでは貴重な歌唱力の持ち主であることは確かだろう。

このクラシカルなメタル・サウンドとヴォーカル・スタイルが、日本語であることもあって時折VERSAILLESのようなV系メタル・バンドを連想させることもあり、そういうバンドを好むリスナーには受け入れやすいかもしれない。

本作のラストを飾る#6「不滅花」という曲を聴いていて、その曲名もあって、ふとRaphaelがメロディック・パワー・メタル・スタイルのまま成熟したらこんなサウンドになっていたかも…などと思ったり。

自主制作盤としては音質も良好な部類だが、Drのトリガー・サウンドがやや人工的なのが個人的にはちょっと気になる。

なお、蛇足ですが、中心人物であるHALさんは当サイトの記事を多分全てご覧いただいている読者様とのことで、本作の制作にあたって当サイトの記事内容なども参考にしていただいたとのことです。

◆ALCHEMY CRYSTAL公式サイト
http://xththys.wix.com/alchemy-crystal

◆本作収録「誇り高くあれ」PV

ギター・ソロの美味しい所で終わってしまうので、続きは音源で(笑)。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

>日本人のバンドなのにウィキペディアは英語版とドイツ語版のみ存在している
最近調べて知ったのですがこういうバンド「かなり」(少ないのではなくJ-POP系のバンドでもなく)いるみたいですね
大きなブームではないけれどプチ位の盛り上がりで、大きな実績はないけどキャリアの長さと小さな影響力ながらも、バンドの数で日本のバンドの人気の下地を築いていただいてほしいなーと
切なる希望です

いつも見させて頂いてますが書き込みは初めてです
視聴で気に入って昨日AMAZONで注文したところでしたw
私もVERSAILLES、Raphaelに近いという印象を受けました
GAUNTLETもそうですが、最近カッコイイバンドが出てきて嬉しいです

カッコイイ!

私もちょうどこのアルバムを買ったばかりで、毎日の様に愛聴してます!
このレビューにあるように、すごくクオリティが高く個性的であります!
J-METALファン必聴です!

まとめてお返事

>人さん
近年は海外での活動の壁が低くなっていますから、日本では支持を得にくい音楽でも、海外で評価されるケースがありますね。
逆輸入のような形で日本でも人気が出るケースが増えてくれば、日本の音楽シーンもさらに多様化していくと思います。


>ktynさん
やはりどちらかというとV系メタルに近い印象を受ける方が多いみたいですね。
いずれにせよ、最近は日本のメタル・シーンもクオリティが上がってきているのは確かだと思います。


>METAGONさん
このブログを読んでいただいている方だけでも結構購入されている方がいるんですね。
今後が期待できそうです。

自分も購入しました!
ラファエルタイプのメロスピが好きな自分にとってはツボでした。
自分がヴィジュアル系メロスピを愛聴する理由の一つに日本語詞があります。日本特有のクサメロはやはり日本語が一番マッチすると思うのです。
一時期は英語詞が主流だったジャパメタシーンですが大分日本語詞が増えてきた感があります。このバンドもそうですがどんどん日本語で押してほしい!…異端でしょうか?

聴き込んでしまう

CD購入させていただきました!
初め聴いたときは、ヴィジュアル色の強いメロスピのような印象を受けました。
しかしこれはこれでなかなかイイ!!!
聴いているとつい聴き入ってしまい、また聴きたくなるようなメロディや、ヴィジュアルっぽいヴォーカルで、中毒性があります。

音質もかなりイイし、メジャーなメロディには聴き惚れてしまいます。これからさらに期待できる。。。

メタルに興味が無いような友人にも聴かせましたが、すごく気に入っていたようです。演奏もこだわりが強く感じられ、一般ウケもいいので、全くメタルを知らない人にもオススメです。自分も、毎日のように聴いております。

メンバーもかなりレベルの高いような方が多く、日本に革命を起こせるのでは?と思っています。

このような作品が増えたらジャパニーズメタルのレベルも他国に近づけるような気がしました。

2作目も期待しています。

>ノムさん

HR/HMファン全体で見ると、英語派の方がまだまだ主流だと思いますが、日本のメタル・バンドを好んでいる人たちはやはり日本語に対する抵抗は少ないと思いますし、日本語の方がいい、という人も少なくないと思います。

しかし、やはりRaphaelっぽいと感じる人は私以外にもいるのですね。

>通りすがりのオヤジさん

歌メロからギター・ソロまで、なかなか耳に残るメロディが多いですよね。演奏のレベルが高いので安心して聴けます。

私がここに書いてしまっていいのかわかりませんが、年内にフルアルバムを制作する予定もあるとのことなので、期待できますね。