DEAD BY APRIL / LET THE WORLD KNOW

deadbyapril03.jpg

前作のラインナップから、スクリーム・ヴォーカルを担当していたジミー・ストリメル(元NIGHTRAGE)が脱退し、新たに元WHAT TOMORROW BRINGSのクリストファー・アンダーソンを迎えて発表したサード・アルバム。

本作よりリリース元が「UNIVERSAL」から、その傘下レーベルである「Spinefarm」に変わっている。

音楽的な基本線は変わらず、エレクトロ・サウンドをふんだんに使用したアレンジと、ONE DIRECTIONばりのボーイズ・アイドル風の耳ざわりの良い人工的なヴォーカルをフィーチュアした、モダンでキャッチーなヘヴィ・サウンド。

相変わらずソングライティングの水準は高く、どの曲もきちんとフックがあって、「プロの仕事だな」と思わせられるあたりはさすがなのだが、「ヘヴィな要素」というのが骨格というよりはスパイスとしてしか機能していないあたりが微妙に気になる。

ありていに言えば、メタルとしてのカタルシスがないんですよね。極端に言えば、このバンドの音楽が好き、って人はIRON MAIDENやMETALLICAみたいな「典型的なメタル」には全く興味を示さないんじゃないか、という気がするというか。

ついでにもうひと難癖をつけると、デス・メタル上がりだったジミー・ストリメルと違って、新加入したクリストファー・アンダーソン(なんて平凡な名前!)のスクリームは明らかにスクリーモというか、ハードコア畑上がりな感じで、その甲高いスクリームは個人的には気に食わないんですよね。

ひと昔前は「ポップ・メタル」といえばPOISONだのWARRANTだのWHITE LIONだのといった「ヘア・メタル」のことを指したと思いますが、きっと現代において「ポップ・メタル」というと、このバンドやAMARANTHEのようなバンドのサウンドこそがその呼称に相応しいのではないかと思います(まだ世界的にはそれほど売れていませんが…)。

メロディアスで聴きやすく、クオリティの高い音楽だとは思いますが、個人的にはもう少しガツンと来る何かがほしかったな、というのが率直な感想です。【81点】

◆本作収録「As A Butterfly」のPV[YouTube]



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

話題?のポップメタルを聴いてみました。このバンドが好きな人がメイデンやメタリカを好きになれるのか?というのとは逆に正統的なメタルを好きな方がこのバンドを好きになれるか?と問うとそれも微妙かもしれませんね。一昔ではこういうポップでハードでメジャー感のある音楽は世界でセンセーショナルを起こすこと間違いなし!の雰囲気がありましたがそうでもないですね・・・・(笑)逆にクサクサコテコテの音楽だったりブルータルな音楽でも国によってはチャート上位に食い込めるあたりもう今の時代売れる指標はポップでキャッチーなことではなくいかに自分の世界を強烈に表現できるかなのかもしれませんね。

話は変わりますがソナタの新譜を購入しました。やはり初期のようなバンドマジックはありませんがここ数年では最高の出来ではないかと思います。雰囲気としては初期ヴァレンタインに近いかなという印象を受けました。
もしかすると離れていたファンも幾分か帰ってくるかもしれません。まあ聞けばの話ですが・・・・(笑)
ウインターハーツやウニアの次に出していればあるべき姿として好意的に受け止められたでしょうがずいぶん遠回りをしてしまいましたね。
何にせよ久々にソナタの新譜で次も買おう!という気持ちにさせてもらったこと。これは大きいと思います。

>ノムさん

本国スウェーデンではチャートの上位に入っているようですが、世界的にブレイクするには何かが足りない感じですね。
個人的には嫌いじゃないし、クオリティは高いと思うのですが。

SONATA ARCTICAの新作は私も買いました。
個人的には「RECONING NIGHT」と「UNIA」の間にこれがあれば、もう少し「UNIA」の変化を好意的に受け止められたような気がします。

名前だけは知っていましたが、なるほど、こういうバンドだったんですね。

たしかにヘヴィなギター以外は全くメタルっぽさはないですが、かなり好きな音楽性です。LINKIN PARKのラップをスクリームに置き換えたって感じですかね。
私の感覚だとヘア・メタルは「ふた昔前」ですね(笑)
ヘヴィロックとかラップメタルが一昔前に感じます。

別件ですが、DYNAZTYが新譜で大化けしましたよ!
NOCTURNAL RITESが近作でやっていたモダン・メロディクメタル路線に近いです。早くも年間ベストの真打になりました。

>Mark.Nさん

まあ、私にとってもヘア・メタルは「ふた昔前」なのですが、ひと昔前に「ポップなメタル」というのが思いつかなかっただけです(笑)。

セールスとかでいうとLIMP BIZKITなどのNU METAL系がポップ・メタルだったのでしょうけど、その音楽が必ずしも(歌謡曲的という意味で)ポップではありませんでしたからね。

DYNAZTY、買ってはいたもののGAMMA RAYやSONATA ARCTICA、ロニー・トリビュートなどを優先していて積みCDになっていましたが、Mark.Nさんのコメントを読んで今聴いています(笑)。

たしかに格段にソリッドなメロディック・メタルになってますね。今5曲目ですがかなりいい感じです。


ニューメタルのlinkin parkと似たようなもんですかね?
今では完全に踊れるような音でヘヴィなギターはなくなってしまったようですが
電子音楽が隆盛の今仕方ないのかもしれません…新しいメタルブームはこないのか

>人さん

LINKIN PARKにもインスピレーションを受けているかもしれませんが、基本的なルーツはメタルコアにあって、そのメロディックなパートを極端な解釈て展開したバンドでしょうね。

このバンド自体は本国スウェーデンではそこそこ売れているようですが、必ずしもこういうスタイルが世界的に広がる様子はありません。

もはやここまで音楽の細分化が進むと、特定のアーティストのブームはあっても、特定の音楽ジャンルそのものがブームになることはないのかもしれません。