2014年4月19日付のビルボード・チャートがアツい

4月9日に発表されたビルボード・チャートが、久々にHR/HM系作品で賑わっています。

【27位】LACUNA COIL 'Broken Crown Halo'

イタリアのLACUNA COILのニュー・アルバムが27位に初登場。

前作「Dark Adrenaline」が初登場15位と、イタリアの、いや欧州のメタル系バンドとしては最高レベルのチャート成績を記録していたため、TOP10入りの期待がかかっていましたが、残念ながらちょっと後退。

メンバー・チェンジなどもありましたが、単純にちょっと旬が過ぎた感じかなーという印象です。

出自がゴシック・メタルのため、今でも彼(女)らのことを「ゴシック・メタル」と形容する例をよく目にしますが、現在の彼らの音楽は極めてアメリカ的なモダン・ヘヴィ・ロックで、欧州のバンドの中で最もうまくアメリカ人受けするスタイルに合わせることができたことがこのバンドの成功の要因だと思います。

◆「Broken Crown Hale」のティザー映像





【24位】STEEL PANTHER 'ALL YOU CAN EAT'

80S'ヘア・メタルのオマージュ(パロディ?)・バンド、STEEL PANTHERのサード・アルバムが23位に初登場。

前作が40位ですから、かなりのランクアップですね。

このバンド、私の感覚では「普通に良質なヘア・メタル・バンド」なのですが、やはりアメリカ人にとってはその下品でコミカルなイメージが受けているのでしょうか?

◆「Party Like Tomorrow Is The End Of The World」のPV

注.おっぱいが多数登場するので18歳未満の方は視聴をご遠慮ください(笑)




【20位】RONNIE JAMES DIO Tribute Album 'This Is Your Life'

ロニー・ジェイムズ・ディオのトリビュート・アルバム、「THIS IS YOUR LIFE」が20位にランクイン。

追悼ムードもすっかり薄れたタイミングではありますが、クラシック・ロックに強い「RHINO」ならではのセンスのいいラインナップと、そして何よりMETALLICAの未発表音源が収録されていることがこのチャート成績に反映されていると思われます。私も買いました(笑)。

◆本アルバムのスポットCM映像





【3位】CHEVELLE 'La Gárgola'

1995年に結成され、1999年にデビューした、イリノイ州シカゴ出身のポスト・グランジ/オルタナティヴ・メタル・バンドによる7作目のアルバム。

正直な所、専門外な音楽なのであまり語ることはないのですが、アメリカではこういう音楽が「王道のハード・ロック」と見做されているんだろうな、という感じですかね。

とりあえずバンド名は「シェヴェル」と読むようです。全米3位のメジャー・バンドに対して申し訳ないですが、個人的にはそんなレベルの認識です。

◆「Take Out The Gunman」のリリック・ビデオ





※ニュースソース
http://www.billboard.com/charts/2014-04-19/billboard-200
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ラクーナコイルってアメリカ人気ありますねーエヴァネッセンスが受けてるからかしら
そういえばin flamesのニューアルバムが9月に決まったようですね
タイトルはSIREN CHARMSだとか

METALLICA目当てで自分も買いました(笑)。
聴く前は、「Stargazer選んでるの?無謀だな~(苦笑)」と思っていましたが、杞憂だったようですね。
やっぱりMETALLICAのカバーはカッコいいですね。

なんだか最近メロスピ系の曲が心に響かなくなってきた私ですが(笑)、このCHEVELLE ってバンドいいですね。
やっぱり米の人気バンドはリフ作りが上手いです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まとめてお返事

>人さん
LACUNA COILがアメリカで注目され始めたのはEVANESSENCEがブレイクする前ですが、EVANESSENCEがブレイクした後、「もっとこういう音楽ないかな」と思ったファンたちのニーズにマッチした部分はあると思います。

IN FLAMES、何気に結構久しぶりですよね。
前作も結構気に入っているので、楽しみです。


>名も無きメタラーさん
METALLICAはカヴァーで個性を打ち出すことができるあたりが凄味ですね。
RAINBOWマニアがどう感じているかはわかりませんが…(笑)。


>Mark.Nさん
メロスピは周期的に飽きるもの、とはよく言われますね(笑)。
正直な所CHEVELLEの音楽は私の琴線には触れないのですが、アメリカで売れているバンドはロック・バンドとして基本的な部分で実力の確かなバンドが多いと思いますね。


>常連さん
さっき帰宅してPCを開いて気付きました(苦笑)。
お気遣いいただきありがとうございます。
私は気にしていないので、常連さんも気にせず買い続けて下さい(笑)。
私もきっと買い続けます(笑)。

初コメントです

いつも楽しく拝見しております

DIOトリビュートは評判が良いので思わず購入してしまいました。
Metallicaは曲を良い意味でMetallica色に染めましたね。Killswitch Engageも素晴らしかったですしScorpionsもアツいです。

>ザ・ロックさん

はじめまして。
DIOトリビュートは、久々に買いたいと思えるトリビュート・アルバムでしたね。

「歌声の魅力」でオリジナルに迫れていたのはSCORPIONSのクラウス・マイネくらいだと思いますが、それ以外のテイクもなかなか楽しめる充実した内容でした。