ARMORY / EMPYREAN REALMS

armory02.jpg

2007年に発表されたファースト・アルバム「THE DAWN OF ENLIGHTENMENT」が、アメリカのバンドらしからぬピュアなメロディック・パワー・メタル・サウンドだったことで一部マニアの注目を集めたマサチューセッツ州出身の6人組のセカンド・アルバムにして日本デビュー作。

前作から7年という決して短くない年月が経過しており、私の中ではとっくに解散したと思っていただけに、ここに来て新作が発表されるというのは嬉しい驚きだった。

基本的な音楽性は大きく変わっておらず、アメリカのバンドには珍しい欧州型のメロディックなヘヴィ・メタル・サウンドが展開されていて、その変わらぬ姿に安堵する。

とはいえよく聴くと、前作に比べてプログレッシヴな要素がフィーチュアされた楽曲が増えており、メジャー調の明るいメロディ(といってもそれは決して「アメリカ的」なものではない)が顔を見せるケースも心なしか増えたように感じる。

個々の楽曲はある意味前作より複雑に練り込まれているし、グッと来るパートやメロディも随所に登場するのだが、全体として前作において私の琴線に触れてきたエピカルで勇壮な雰囲気がやや減少しているのが個人的にはちょっと残念。

このバンドは自主レーベルからアルバムを発表するインディー・バンドで、アメリカにおいてはこの手のサウンドがマイナーであるがゆえに恐らくメンバーはこのバンド以外の仕事で生計を立てていると思われ(このバンドは副業というか、半ば趣味?)、そのためにアルバムの制作に7年もの歳月を要してしまったことについては、もったいないと思わずにいられない。

このバンドが欧州のバンドで、「AFM」とか「LMP」とか、それなりのレーベルに所属して、資金や制作環境面でのサポートを得られていればもっと短いスパンで、さらに質の高い作品を送り出せたのではないかと思われるのですが、どうなんでしょうね。

日本盤ボーナス・トラックはRIOTの「Thundersteel」、HELLOWEENの「Where The Rain Grows」、そしてVIRGIN STEELEの「Love Is Pain」のカヴァーで、(VIRGIN STEELは正直それほどでもないが)実に私のツボを押さえた選曲。

このバンドもRIOTやVIRGIN STEELEのように、本国アメリカではさっぱりでも、欧州や日本で人気を博してメタル史に歴史を刻むバンドになってくれるといいのですが…【79点】

◆本作のサンプラー映像



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

SPIRITUAL-BEASTいいですね。
このレーベルがなかったら国内盤が発売されるバンドが激減しそうです(苦笑)。
長く続いてほしいです。

>名も無きメタラーさん

当初はAVALONやキングレコードのおこぼれを拾っているかのような印象もありましたが、何気になかなかいいバンドが揃ってきていますね。

帯のデザインがちょっとダサいのが気になりますが(笑)。

このアルバムで初めてこのバンドの存在を知りました。

ティーザーを聴いた時点ではかなり良さそうでしたが、まずまずな内容でしたね苦笑)

あと、動画の一番右の人は、普段は引っ越し屋で働いてるんじゃないでしょうか?(笑)

>Mark.Nさん

まずまずというかそこそこというか…(苦笑)。
前作の方が好きであることは確かですね。

左から二番目の人も引っ越し屋っぽいですね(笑)。